2020.07.25

『東京ラブストーリー』『大恋愛』BGMに鳥肌!?

7月25日(土曜日)夏の連休3日目 『東京ラブストーリー』『大恋愛』BGMに鳥肌!?

001_20200725165801

・・・とは言っても「ラブ・ストーリーは突然に」(小田和正)や「オールド・ファッション」(back number)ではありません。
もちろんこの2曲はそれぞれのドラマを代表するイメージソングであることは論を待ちません。しかし、ここでの話はあくまでドラマの中で使われたB.G.Mです。上記テーマソングに優るとも劣らない、印象的な場面で使われる曲。これらのドラマに限りませんが、名作ドラマや映画に
そんな至極いい曲は付き物ですね。

さて。
巣籠りGWの頃から、昔~最近の恋愛ものドラマをTV再放送やAmazonPrimeVideoで見ています。そんな中でインスピレーションを得、意気消沈打破企画としてまた作ってみました。
あの、名シーンが浮かぶ印象的なBGM。はじめは「大恋愛」だけで考えていたのですが、尺として短いので、丁度アマプラで観た「Tokyo Love Story」(カンチやリカやセキグチなどなど今の俳優さんを使い、スマホやラインなんかも出てくるがストーリー自体はそのままの現代版で復刻したもの)からの連想で、このB.G.Mを頭に付け、二つを波の音で繋いでみました。現代版には実は全く違うお洒落な音楽が使われ(それはそれでカッコいい)、今回作った昔の曲は使われていません。テーマソングも小田さんではありません。

そんなこんなで、ちまちまと週末なんかに製作作業を積み重ね、この4連休の頭3日分を活用して一気に仕上げました。あまりマジメ過ぎると製作過程でシビアになり過ぎ、疲れてくるのは不本意なため、途中であえて「冗談」を入れながらやってみました。今回も出来上がり云々より、製作過程が最高に楽しかった!

両曲とも楽譜などありませんので、原曲をマスタートラックとして録音し、それを聴きながら一個一個音を拾い別のトラックにMIDIデータで打ち込み、ギターのところはコードや音を耳で拾って生演奏でAUDIOトラックに録音。各トラック別にボリュームやエフェクトをこまめに設定しミックスダウン。まあ、いつものやり方です。

ちなみに、Rica's Theme のストロークギターは思い付きで通常のチューニングのものとナッシュビルチューニングのものを重ね録りしています。通常チューニングのギターは今回初デビューとなるGibsonJ-45。念願の名器をやっとこの歳になって手にすることができ感涙しています。(ありがとう、特別給付金。。。)ナッシュビルチューニング器は以前の動画にも出てくるモーリスのギターです。
今回も一部、尺八が入るところではRolandの無料スマホアプリ「4XCAMERA」にて2画面並び仕様としました。(アプリ内で頭合わせ調整ができないため、iPhoneの基本機能の動画編集でトライアル的に頭を合わせて下ごしらえ)

最後はいつもの手順、Windowsの「Movie Maker」で動画と音声とキャプションを合成。

COVID-19の勢いは止まりませんが、人類の愛は、必ず勝ちます。ますます元気出していきましょう!!

 

(o^―^o)

| | コメント (0)

2020.07.02

「逃げ恥」再放送記念。

相変わらず、巷にフレッシュなトキメキを提供しているという話しをうかがいました。7月4日5日の土日で第8話〜最終話、放送予定!を6月30日にTBSの番組公式Twitterで発表したそうで。

自分的には今は半周遅れの「大恋愛」、尚とシンジの物語り。テレビ再放送録画を家人に頼んで ステイホーム中に集中的に観てハマってしまい、小説読み、ディレクターズカット版のDVDを借りて観(2、5話は副音声で観返し、家族と一緒に全部をもう一巡観返し) しみじみしているところですが、確かにあの頃、源さんガッキーに毎週キュンキュンして恋ダンスも練習したりしていました。今ではすっかり忘れてしまいましたが。。

ステイホーム連休明けくらいからは、実は、amazon primeの「criminal minds」にドップリハマり、無料公開されているシーズン12までを一昨日観終わったところで すっかり「ガルシアロス」に陥っているところです。

ということで、2017年1月7日にアップロードした、源さん「恋」のアコースティックバージョンを再放送記念で再掲させていただきます。誠におめでとうございます㊗️

 



 
 

(^。^)

| | コメント (0)

2020.05.03

「Endless Love」Cover

「うちで踊るかわりに、こんなんやってみた」#StayHome シリーズ4作品目は「Endless Love」。1981年、 Lionel RichieとDiana Rossリリースのあまりにも有名な曲です。いつかは一度コピーしたいと思っていましたが、こんな形で実現するとは。。

もちろん、アコギでの弾き語りが似合う曲ではないため、Youtubeからカラオケ探してガイドトラックにし、それを頼りに歌うことにしました。リッチーパートは家でやるとうるさ過ぎるため、渡島中山峠のふもとにある国道227号沿いの駐車帯に車を停め、その中で汗だくになりながら録音。そうそう、曲のイメージを身体にインプットするため、八雲~北斗往復車内でも、run中でも、とにかくヘビロテでまずは原曲を聴き倒しました。GWに入る前から構想はあったので、早い時期から。

問題は動画で。普通に歌ったり、背景に写真なども考えましたが、あまりにも退屈。それなら少し動きを入れようと。。。
メイクは適当に即興で考えましたが(家族のひんしゅくを買いながら・・・)、もはや誰を模しているとかのレベルではなく、正体不明。
出来上がりをみると、左のひと、週刊ゲスニックマガジンの西条記者かと思った。。

さて、音楽的には。
低いところと高いところの差が大きいため、エフェクターでコンプレッサーとリバーブを組み合わせ、ミキシング時のボリュームコントロールを駆使して何度もトライアルして完成させました。それでもまだ音割れが除去しきれていないです。
もうひと手間、イコライザーで細かく調整しようかと思いましたが、まあそこまで凝らなくても・・と妥協しました。
いや、でき上ってみると想像以上だし、ホントに楽しく活動できました。

リッチーとダイアナのファンの方、ごめんなさい。シャレと思ってご勘弁ください。

いつかは、「We Are The World」にも挑戦したいので、その布石としても色々とスキル習得の上でいい勉強になりました。


ライオネル・リッチー、Lionel Richie、ダイアナ・ロス、Diana Ross、エンドレス・ラブ、Endless Love

 

| | コメント (0)

2020.05.01

September Valentine 増量

5月1日(金曜日)September Valentine 増量
#StayHome 企画第3弾。
4/12投稿のあこぎ&ボーカル編、これにベースギターと間奏・アウトロのハーモニカを追加。
やっぱり、せーの!でみんなで演奏するのと違い、後付けで演奏を足すのは阿吽の呼吸で合わす技が使えず難しい。

セプテンバー・バレンタイン(佐々木幸男 Cover)

 

 

 

今回のため、人生で初めてクロマチックハーモニカをAmazonで購入。演奏技術は相当ハイレベルなものが求められますが、なんか、やってみてすごく幸せになれる。「Off Course」なんかにも使えそう!

 

| | コメント (0)

2020.04.21

ついに勤務回避シフトへ

4月21日(火曜日)ついに勤務回避シフトへ
専門家によれば日本国内、COVID-19の感染拡大から2週間程度で収束へ向かわせるため、理数モデルでは人と会う機会を8割減らすことが必須とされています。うちの会社では、総理の「最低7割、目標8割」を根拠にしてか、まずは昨日から7割の出勤回避を目標としたシフトで取り組みが始まっています。緊急事態宣言期間の5月6日まで。回避者は有給休暇を取るか、在宅勤務を選ぶことができます。
いずれにせよ、のんきに外出などはできないし、在宅の場合は実施業務内容の報告も求められます。
全国民が、それぞれの事情を押し殺して、早期の日常回復を願い、厳しい生活を自ら選択し実践しています。
一方、ネットには、そんなの関係ないというような方々の大勢での外出動画などが、汚らしい罵りの言葉とともにアップされたりもしています。
「小さな分断を煽るのではなく、大きな協調に向けて協力をしていく、そういう姿勢が我々に今求められているのだと思います」と大越健介キャスターがおっしゃっていました。まったくその通り。敵は「COVIT-19」。罵り合いに前向きな要素は微塵もありません。
とにかく、我々は勝つために、それも出来るだけ早く勝利を得るために、思いやりを持って前を向いて進まなければなりません。

思いやりを形にしたような歌があります。このBLOGのトップに固定している、今、最も好きな曲。自分のテーマにする、と言い切ってます。「You've Got A Friend」 キャロルキングが作り、ジェームステイラーへ送り大ヒットした名曲です。
トップの固定記事にも埋め込んでいるYoutube の矢井田瞳・秦基博のコラボ動画に触発され、同じようなものを作ってみたいと思いました。
歌姫との練習・録音が今はままならないため、まずは試験的に自分だけでやってみました。製作過程でのスキルは本番で活きるはずです。
 

「You've Got A friend」


Keyが上も下もきつい。ちょうどいいとこでやりたかったのですが、原音Keyに忠実にやってみました。結果、完全に色物と化しています。ミキシングは7つのトラックを作成し、重ねました。
うち1つは原曲のガイドトラックでミキシング時はミュートしてますので、実際は6トラック。
カウント、ギター1、ギター2、ギター3、ボーカル1、ボーカル2と極めてシンプルな構成での弾き語り。生一発どりでも
いけそうでしたが音圧や音質を少しでも上げるため重ね録りとしました。

今回、録画はiPhone8で6カットくらい録り、一部はRolandの無料スマホアプリ「4XCAMERA」にて2画面並び仕様としました。
アプリ内で頭合わせ調整ができないため、iPhoneの基本機能の動画編集でトライアル的に頭を合わせて下ごしらえしました。

最後はいつもの手順に戻り、Windowsの「Movie Maker」で動画と音声とキャプションを合成。
お遊びの割になかなか楽しく、気に入ってしまいました!

さ、元気出していきましょう!!

| | コメント (0)

2020.04.12

4月なのに9月の歌。

、4月12日(日曜日)

95fddc8ea71a46829587d4f552e4b7cd


佐々木幸男。北海道を代表するフォークシンガーのひとり。
というのに、昔々、ニッポン放送のラジオ番組「コッキーポップ」で「君は風」(だったかな・・)を聞いて いいなあ と
思ったくらいで自分で弾き語りコピーすることはありませんでした。。

今回、何故これを選んで今動画録りしたかというと、まあ色々な条件が複合的に作用したから、というところです。

・暫くYoutube投稿していなかったからそろそろ。
・歌が歌いたい。コロナでずっと塞いでるからフラストレーション溜まりまくり。
・職場で、この曲がいいと紹介があった。
・しかもNAOMIの声に合ってるのではないか、との指摘つきだった。

金曜日の午後にそんな話を聞き、じゃ、週末やってみようかなと早速AppleMusicで検索し、家に帰る車の中で何度も
繰り返しきいて、家ではコード譜を書き起こして。

てな感じですので、まだまだ自分の物にできてないですが、試作品としてアップしました。
3拍子は難しい。しっかりとリズムに乗らないとずぐにずれてしまいます。最後の終わり方もまだ形になってない。
今度は、歌もきちんと歌えるようになりたいし、リズムセクション(ドラム・ベース)とハーモニカくらいの編成で多重録音してみたい!


 

| | コメント (0)

2020.03.13

「ゴールは、死亡率を減らすこと」

3月13日(金曜日)「ゴールは、死亡率を減らすこと」
 

200312_

日本の社会が、変な方向に加熱している。
それは、とりもなおさず、国の情報の出し方がへたくそ・雑だからではないか。というのは昨日の記事にも書いた思い。

そんな中でも、冷静にならなくてはならない。冷静に、信頼できる識者の言葉をじっくり聞きたい。
そこで必見の動画がある。中山伸弥氏(京都大学iPS細胞研究所長)と、尾身茂先生(新型コロナウイルス感染症対策専門家会議副座長)の対談形式で進める56分の動画。56分、じっくり聴ける落ち着いた気持ちを、今こそ持ちたい。それだけ価値のある内容でもある。

まず、混とんとした国民個々の意見・議論を秩序をもって整理すべきと自分は考えるが、それへの回答的なコメントがある。
『公衆衛生学的に判断基準を決め、示し、国民に説明する必要がある』(尾身先生)
例えば、新規感染者が○○人になったらこの緊急事態宣言は解除する、というようなはっきりした示し方が必要、ということだ。実に明快。
それを公衆衛生学的な根拠を示しながら、やるということ。

「公衆衛生学的」というのが味噌。
それは、やみくもに希望者全数のPCR検査をやって全ての人々の不安要素を排除する、というようなエモーショナルな要素はナンセンスという意味合いを含む。
先生の表現を借りれば、PCR検査のキャバシティをもう少しアップし(人的・機器的リソースを強化、迅速検査キットの導入等も含め)早めに陽性・陰性の判断ができるようにすること。
昨日の孫正義氏の計画が「もう少し」の範疇なのかどうかは、これまた素人では判断しかねるところなのでこのポイントに絞ったコメントもあればなあ、と思うところだ。

実は、シンガポールでは死亡率が徹底的に抑えられていて、世界的には成功例とされているらしい。
日本が学ぶべきことは?と中山教授が問うたとき、尾身氏は「日本もシンガポールと同じことをしていてそん色はない。しかしシンガポールは人的リソースの強化が充実している。日本はまだそこの努力は必要。」との回答だった。

動画解説では、その他にも、新型インフルエンザと今回のCOVIT19の性質の違いなども分かりやすく紹介され だから今回は(学校の休校含め)これこれこういう対策が効果的。北海道での早期の宣言は知事の英断であり、間もなくその効果が見えてくるだろう。といった見解等、実に見ごたえのある内容となっている。

きちんと学んで、冷静になろう。

もう一つ必要不可欠と考えていることがある。こういった公衆衛生学的に最適な取り組みを進める一方で必ず発生する、アーティストや商店主等々のいわゆる「個人事業主」の経済的な危機。そこへの救済策をどう考えるのか。避けて通ることはできない。その切り口でこの動画と同様の、信頼できる識者による対談形式のコメント等に触れる機会を持ちたい。そういったことを通してもう一段深く、この社会的大問題の解決へ向けての方策を深慮できるようにならねばと考えている。

| | コメント (0)

2020.01.15

“You've Got A Friend”


1月15日(水曜日)

“You've Got A Friend”

2020年1月。今日からこれが自分のテーマ曲となる。

 
矢井田 瞳&秦 基博 版

 
本家、Carole King&James Taylor 版

暗唱できるよう、譜面見ずに演奏できるよう、今日から特訓。

| | コメント (0)

2019.12.20

『my home town』

12月20日(金)
 久々に弾き語り動画のアップ。小田和正氏の「my home town」 のカバーです。
 アルバム「あの日 あの時」(2016年)のバージョンが一番シンプルで好きなのでこれをベースにしました。
 小樽以来、独りカラオケでの最初、喉慣らしでオフコースから始めるのがルーティーンですが、最近では小田和正のソロ曲も少しずつレパートリーに入れてます。そんな中、アルバムを色々聞いていてまたま聴いたこの曲のこのバージョン。
 アコースティックアレンジとなっていて、ギター1本でできそうだなと思い立ち、挑戦。

Img_2433

 原曲をガイドトラックとし、Guiter1、Guiter2の2トラックを録音したあとにVocal、Corus1、Corus2のトラックを被せました。
 Corusは毎度おおなじみ耳コピです。Guiter2は「あの頃ここは僕らの~丘の上僕らがそこにいる」の部分で、ここだけ「Deley」をかけています。

 ミキシングしながら、各トラックでリバーブやコンプレッサーをかけつつバランス調整。
 コンプレッサーは今回初めてボーカルトラックに使いました(ネットで調べながら音圧を上げる方法を試行錯誤してみました)。

 最後、全体のバランス調整した上で全体に少しリバーブをかけてミックスダウン。

 ミックスダウン前、間奏などでピアノやベースの音が若干聴こえた方が色気が出ると思いガイドトラックの原曲を完全に消さず
 今回は原曲トラックのメロディーを薄く残すことにしました。イコライザーで小田さんのボーカルをできるだけ低くなるよう
 調整しましたが、よく聞くと自分のボーカルの裏で少し残っています;

 take1はこれで完成。take2では冒頭に、独りカラオケでの練習風景音源を入れ、ちょっと味わいを出してみました。


【使用機材】
録音:iPad
interface:TASCAM i-XR
Guiter:Gibson J-160E
録画:iPhone
DTMアプリ:CubasisLE
動画編集:Windows Movie Maker

 

(^^)v

| | コメント (0)

2019.09.16

八雲、9月のこと~遅い夏休み、台風15号、『太陽のメロディ』

9月16日 八雲、9月のこと~遅い夏休み~台風15号
ちょっと更新が滞っていたため、写真を見ながら振り返るシリーズ9月編。

~遅い夏休み、台風15号~ 
 9日~13日で休暇をとり、7、8日が当番だったため、9日(月)~16日(敬老の日)まで長い夏休みという計画を立てていました。
 ところが、あの台風15号が前週後半から千葉県エリアを直撃。ちょうど週末に向けて北海道へ接近ということで9日は出勤。北海道は結果的に大きな被害もなく、しかし千葉の被災状況は生半可なものではなく、大変なことになっていました。
 そんな状況で自分はセットしていた夏休みに突入。11日(水)、トピックとしては内閣改造。
 12日(木)暇を持て余し、かねてから実行機会をうかがっていた Youtubeアップ用の演奏録音を始めました。iXRというTASCAMのインターフェースをかませギターマイクをiPadに繋ぎ、まずはアコギトラックの録音をしました。Img_82721
 曲は『太陽のメロディー』。今井美樹とコブクロがきれいなハーモニーを聴かせ、間に布袋寅泰のギターが入るという、2010年の曲。
 13日(金)は少し用事ができて一日だけ八雲に戻り出勤。
 14日(土)中秋の名月。午前2時、八雲の維持業者、給水車と共に2名のオペレーターが青函フェリーで千葉へ向けて出発。災害復旧支援部隊です。埠頭に行き、その雄姿を見送りました。結果的には現地での支援活動は20日までの一週間、車両だけ残してオペ2名は帰還しました。本州の作業員の方が引き続き車両を操作し給水支援は続けるという前提でした。

 16日(月)にかけて『太陽のメロディー』を完成。メインボーカル、ハモリパート(これは女性パートで将来的には女性にお願いしたいところを暫定的に自分で担当)、それにエレキギターパートを被せ、エフェクターアプリとミキサーアプリで音色・ヴォリュームバランス調整しながらミックスダウン。

 「Youtubeリンク」
 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧