2019.08.30

8月のこと~その5~「天気の子」

8月30日  8月のこと~その5~「天気の子」Img_e8634
 函館シネマ太陽、レイトショーにて「新海誠マジック」を堪能。テレビ版で見直してやっと理解できた「君の名は」に比較して
スッキリと分かりやすいシナリオ。子どもでも容易に理解できそう。映像は、それはそれは美しかった。
 amazonprimeで新海監督の過去の作品を見ると、背景描写は昔から「本物より美しい」のですが、人物の描き方は初期から最近にかけてだんだん手が込んできている(丁寧に書き込まれている)ことがよくわかります。Img_e8548 Img_8536 Img_e8547 Img_e8542 Img_e8546
 
 全く個人的な想いですが、以前ここでも書いたことがある、川上健一の「雨鱒の川」、自分の頭の中に広がる自然描写はこの小説に勝てるものはないと今でも思っています。新海監督なら、自分の頭の中の「雨鱒の川」をそのまま忠実に再現してくれる気がします。新海監督の生い立ちなんかをTVで見ると、やはり自分と同じような感性が育まれる環境で育っているようですし。・・・なんて偉そうなことを言っていますが、素直に、あの小説を新海版でアニメ化してほしいと願うのです。(実写版は既にあり、悪くはなかったですが、新海マジックでの再現を見てみたい!)


こうして、まだまだ暑い8月が過ぎていきました。

あまりにも暑いので、大好きなロコのみなさんのお気に入り写真、アップしときます。お涼みください。(問題あったら即削除します)  

Img_8330
Img_8343
Img_8328
Img_8329
Img_8344
Img_8345
Img_8346

    

Img_8357
Img_8356
Img_8355
Img_8358
Img_8354

| | コメント (0)

2017.11.14

小学校で出前講座

11月14日(火曜日)
 事務所の若手育成も兼ね、管内小学校へ出向いて(小学生4~6年生対象として)授業をするための準備を始めたのが8月頃。5名の有志でプロジェクトチーム「たるどうファイブ」を結成した。
 講師は入社1年目、2年目の最若手2名。教材やシナリオも全てこの2名が作成、自分含め他の3名は黒子に徹する。
 テーマは、「倶知安余市道路」。NEXCOの高速道路は札幌~小樽の営業区間からさらに余市町まで伸ばす工事をしていて、これに接続する余市~倶知安間は無料区間として弊社が事業を進めている。しかし今一知名度は低く、特に沿線の住民にはこれができるとどんなに便利になるかなどを知っていただきたいという思いがある。それで、まず子供たちに理解を深めてもらおう!ということから企画したものだ。

Img_5906
 週一回の打ち合わせ会議を重ね、10月にはターゲットの余市町O小学校にNAOMIがまずチラシを携えて営業へ出向いた。小学校は前向きな雰囲気が各所に感じられ、児童もみんな明るく、挨拶がきちんとできる。校長先生・教頭先生ともとても乗り気で、すぐに11月開校後の実施に向け、5年生の両担任と話し合ってくれることとなった。実際、間もなくOKの連絡があり、日程調整の結果11月14日の実施が決まった。
      ハナちゃん↓

Img_5941_2
      ユキちゃん↓

Img_5973_2
 講師のハナちゃん、ユキちゃんは練習や所内リハーサルなどで練習を積んできたが、それでも本番は緊張するだろうと思いきや、先生の効果的な盛り上げバックアップや児童のレスポンスの良さに乗せられた形で、本番が最も調子よくできていた。娘の年齢ほどの若者が一生懸命講師を務めるのを見ているのはもう親の心境でしかない。

Img_5912
Img_5946
 一講目の「道路って何?高速道路とは?」の座学が終わり、二講目、4班に分かれてトンネル模型実験が終わり、最後に児童の何人かから「社会の時間で習っている道路のことより、今日の授業が分かりやすくて色々知ることができてよかった」と感想をいただいたときはマジで泣きそうになった。

Img_5914
 いくつかの反省すべき点を修正しながら、これからも管内小学校へフレッシュな出前を届けたいと思っているところ。
 
 余談:お昼には余市町内「ガーデンハウス」の名物「満腹ちらし」と「あら汁」をいただいた。岩内町単身赴任の3年間は結構行っていたがそれ以来(3~4年ぶり?)で、相変わらずのボリュームと美味しさでHappy感も増幅。

Img_5909

Img_5910

==
 前日には小樽市内某所で壮行会が行われた。講師のハナちゃんの誕生会も兼ね、とても盛り上がったことであった。

Img_5898

Img_5947

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.31

誕生日。

10月31日(月曜日)

Birthdaycake
 Juriの。
 「おめでとう!」とメールで送ると
 「あーりーがーとうーーー」と返ってきた。

 うん、それでいい。
 かけがえのない青春をおくる君。
 悔いのない、充実した日々をまた一年過ごせることを願って。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.10

もはや盛夏・・・

7月10日(日曜日)
 あぢぃ~・・・。
 暑い暑い参院選挙投票日。18歳まで投票年齢が下げられた歴史的な国政選挙、丁度18歳で迎えた我が末っ子はどういう思いで投票に行ったのか行かなかったのか。夏休みに帰省したときにでもじっくり聞いてみたいと思っています。

 早朝にrunした以外は暑いので家の中で扇風機にあたりながら、きっしーから借りた「ONE PIECE」第82巻を読んだり、ギターの弦を交換したり、昼寝をしたり。インドア大王になっていました。

One_piece82

 夜になって、洗車すればよかった・・と気付いた時にはもうあとの祭り。。。

  ***

 今日のチャレンジソングは「足寄より」/松山千春

 朝runのとき、iPhoneのmusicをシャッフル再生で聴いていたときに流れてきた曲。
 ギターを始めて間もない16~17歳の頃、超未熟ながら松山千春をよくコピーして練習していました。その頃の曲で改めて何気に聴くと懐かしさがこみあげてきます。

 薬が効き、喉の状態が良くなっている時間が長くなっていることで、高いAの音がファルセットなしで出るようになってきている(完全ではないですが)のが気持ちよく、そしてありがたく、高い音程を含む曲をあえて選んでいるようなところもあります。

    

 (^-^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.07

竹に短冊・・・

7月7日(木曜日)
 昔から、この日は何となく情緒的な気分になり、しっとりとした記事を書くことが多いかも知れません。

160707_10
 もう10年も前の7月7日の記事は函館の七夕の風習についての歴史を少し書いています。なぜ8月実施が多い北海道で函館では7月に七夕が行われているのか。

 10年前といえば、今より自分も10歳若い(あたりまえ)。子ども達も下の子が8歳。・・・ あぁ、、と、ついつい遠い目になってしまいます。

2007.7.7 七夕はリンゴの誕生日↓
http://tadon-jurio01.cocolog-nifty.com/donan/2007/07/post_9f55.html

2006.7.7 道南では七夕↓
http://tadon-jurio01.cocolog-nifty.com/donan/2006/07/post_4a6b.html

160707_09
 上の写真はいずれも今のものではなく、当時の記事からもってきたもの。とても懐かしいです。

 そして、今日のGoogle検索画面。もはや文字なのか何なのか判らないデフォルメ;;(笑)
       ↓

Google
 そしてそして、ネットで見つけた今日の 「陸奥新報」ニュースから

「七夕の夜 五所川原でバル街」

 七夕の夜、バル街で出会ってみる? 五所川原市で7月7日、3回目となる五所川原バル街が開催される。これまでで最多となる45店舗が参加するほか、七夕にちなんで男女の出会いを後押ししようと、男女が気軽に会話できるブースを初めて設ける。前売り券(3500円)は市内で発売中。
 前売り券は五所川原商工会議所(電話0173―35―2121)、ホテルサンルート五所川原(電話0173―34―8811)、太宰治「思ひ出」の蔵(電話0173―33―6338)、参加各店で発売中。当日券(4000円)はホテルサンルート五所川原で販売。券の購入時に、参加店一覧と地図を掲載したパンフレットが渡される。

それにしても、あの頃に比べると近所で見かける子供たちの姿はめっきりと減っているように感じます。あの日、お菓子を貰いに歩いていた子どもらは成人に近付く頃で、親は定年に近い昨今。新しかった団地全体が高齢化を迎えていることが、七夕の慣習を通じてあらためてはっきりと認識できます。 逆に考えれば、今、子供たちの声が賑やかな界隈は若い団地であるといえます。

===
 天気が良く、帰宅してから遠くに「たけ~にたんざくたなばたまつり・・・」と子供たちの声がきこえました。
 気持ちがいいので、かなり久々に器材を出して一発撮り(結局、録音機器がしょぼいので“器材”の威力が今一わかりませんが・・)。からのYoutubeへアップ。
 先日、強めの薬を処方してもらってから多少 逆流性食道炎は改善のきざしもあり、これくらいの声は出せるようになってきています。毎日ではありませんが。酷いときはファルセットが全然出なかったから、まあ、ありがたいことです。

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.02

連休中日、今日のイベント

5月2日(月曜日)
 有給日、午後は息子と過ごす。
(1) 朝から25km。新函館北斗駅往復run。
 おとといと打って変わって今日はrunには暖かい日。ばてないように休み休みゆっくりと。
 駅前でイベントがあり、舞台では♂二人のギター弾き語り。ちょっと見たが止まってると汗が冷えて寒いためすぐに引き返す。

Img_3507_2

Img_3508

(2)昼。TADONとラーメン。七重浜の「響」でイカ塩ワンタン。最後は黙って勘定を払ってくれた。息子の稼ぎで食い物をいただく人生初の体験に親父は目を細める。
 あ、今朝のrunで彼の買ってきた饅頭を食ったなそういえば。

Img_3509

(3)そのあと二人でばあちゃんちへ。おりしも父の月命日。まずは仏壇で手を合わせ。
息子からお土産が手渡された。それから3時間ばかり、ずっとおしゃべり。ばあちゃんはさぞ嬉しかったろう。
 
(4)星野源横浜アリーナ&日本武道館LiveDVDの衝撃が尾を引き、runしながら「くだらないの中に」を延々リピートして聴く。練習曲に入れることを決意。相当、ハードル高いがチャレンジはしがいはある。

Episode

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.21

テロで妻を失ったレリスさんのメッセージ和訳全文

2015年11月20日01時18分

 金曜の夜、君たちは素晴らしい人の命を奪った。私の最愛の人であり、息子の母親だった。でも君たちを憎むつもりはない。君たちが誰かも知らないし、知りたくもない。君たちは死んだ魂だ。君たちは、神の名において無差別な殺戮(さつりく)をした。もし神が自らの姿に似せて我々人間をつくったのだとしたら、妻の体に撃ち込まれた銃弾の一つ一つは神の心の傷となっているだろう。

 だから、決して君たちに憎しみという贈り物はあげない。君たちの望み通りに怒りで応じることは、君たちと同じ無知に屈することになる。君たちは、私が恐れ、隣人を疑いの目で見つめ、安全のために自由を犠牲にすることを望んだ。だが君たちの負けだ。(私という)プレーヤーはまだここにいる。

 今朝、ついに妻と再会した。何日も待ち続けた末に。彼女は金曜の夜に出かけた時のまま、そして私が恋に落ちた12年以上前と同じように美しかった。もちろん悲しみに打ちのめされている。君たちの小さな勝利を認めよう。でもそれはごくわずかな時間だけだ。妻はいつも私たちとともにあり、再び巡り合うだろう。君たちが決してたどり着けない自由な魂たちの天国で。

 私と息子は2人になった。でも世界中の軍隊よりも強い。そして君たちのために割く時間はこれ以上ない。昼寝から目覚めたメルビルのところに行かなければいけない。彼は生後17カ月で、いつものようにおやつを食べ、私たちはいつものように遊ぶ。そして幼い彼の人生が幸せで自由であり続けることが君たちを辱めるだろう。彼の憎しみを勝ち取ることもないのだから。』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.31

おめでとう、Juri~!

10月31日(金曜日)
 もう、こんなに経ったんだ。
 ふう。はやいね~。

 
 高校に入ってまさに劇的に生活パターン、ベクトルが変わったJuri。
 人が変わったように勉強がんばるようになったね。
 “人が変わる”ってヤツを目の当たりにするのは人生でめったにないから、驚きだよ。
 
 いい青春おくってるな、、って見えるよ。
 そのままで、人様に迷惑かけないで、すくすくと成長を続けてください。

 誕生日、おめでとう! (^-^)ノシ 

          * * *

去年の10月24日 目のあんばい
去年の10月22日 砂糖なしナチュレ。
去年の10月21日 「如月ギターサークル」次回活動
去年の10月20日 G練習@亀田公民館
去年の10月19日 恒例植樹会~ニュー・ピック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.01

卒業、おめでとう。

3月1日(土曜日)
 朝から、うららかに晴れたハレの三月初日。
 
 5時起きで衣装と髪結いの店に連れていく。
 7時半にはまた迎えに行きそのまま学校へ。
 まだ駐車場誘導も一般受付もセットされていないが、仕方なく玄関で待ち。
 8時過ぎ、何とか受付が始まりまだほとんど人のいない体育館へ。寒い。

Sotsugyo_kaijo01
 8組の席の最前列に座り、開始の10時までコートを着ながら、がたがた震えつつ、ひたすら待つ。

Sotsugyo_kaijo02_2

 そして8クラス三百数十名の卒業証書授与式は淡々と進み、式が終わると12時。
 各クラスに戻り担任と級友との最後の時間。 これは幼稚園も小学も中学も同じ進行だ。

  親だけでの帰宅後、しばらく待ってiPhoneへ迎えにくるように、のメッセージ。
 テイオー前まで行きピックアップして帰宅。
 まずはばあちゃんちへ行き、じいちゃんの仏壇へ今日の報告。

Sotugyo_02

 そして、やっと帰宅。家前、父娘で記念写真。

Sotsugyo_01

                                      

  Rio、お疲れさま。この三年間もよく頑張りました。
 ここでできた友達もまた一生の宝です。大事に大事にしてください。

 混沌とした複雑でわかりづらい世の中ですが、
 まずは自分というもの、いわゆるアイデンティティをしっかり持ち、自分を理解し、自分を好きになること。

 それを達成すれば、何があっても大丈夫です。
 それを達成するために何をすればいいのか。これからは本気で、がむしゃらに、それを探し、たどり着き、実践してください。

 失敗を恐れず、失敗を糧にし、一歩一歩前進してください。

 父はいつでも君の味方です。安心して、前を向いて進んでください。
 卒業、おめでとう。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.11.18

ゲシュタルト崩壊

11月18日 (月曜日)
  自分の顔を鏡に映し、真正面から対峙する。
 鏡の中の自分と、穴が空くほど強く見つめ合う。
 段々変な気分になり、他人と見つめ合っている錯覚に陥る。
 さらに見つめ合っていると、目だけが浮き出て、浮遊する目がこちらを睨んでいる状況となり、その余りのおぞましさに ハッと我に返る。

 そんな経験、良くあるよね・・・。

 平仮名の「み」。
 じっと見つめていると、間も無く、何の意味も持たないただの記号に見えてくる。

 良くあるよね。。   えっ? ない?

 こういう現象があるということ、漠然と幼い頃から体験的に認知していたのだが、最近、こいつが「ゲシュタルト崩壊」という名前を持ち、自分一人だけに発生する現象ではなく、世間的に知られたものであることを知った。

以下、Wikipediaからの抜粋===================

ゲシュタルト崩壊(ゲシュタルトほうかい、独: Gestaltzerfall)とは、知覚における現象のひとつ。 全体性を持ったまとまりのある構造(Gestalt, 形態)から全体性が失われ、個々の構成部分にバラバラに切り離して認識し直されてしまう現象をいう。幾何学図形、文字、顔など、視覚的なものがよく知られるが、聴覚や皮膚感覚においても生じうる。
===================以上、Wikipediaより抜粋

 長距離運転車の交通事故や長いトンネル内での原因がよく分からない交通事故には、これが原因になってるものがあるのではないか。

 そう考える根拠は、自分の週末毎の道南〜岩内 片道約3時間の運転で何と無くそれらしい危機があったりした経験だ。

 周囲の景色が多少変化しても運転に集中するドライバーは、基本的に道路上への視点が継続する。道路の先々をにらみ次に来る危険や安全性を予見しながら前へ進む…という極めて単純で短調な作業が継続する。
 その状態が一定程度続くと、イメージがパターン化してしまい、自分の見ているものが何なのか、何のために見ているのかさえ、意識の中で曖昧になってくるのではないだろうか。

 その状態が一瞬のことであったにせよ、事故を誘発する原因となるには充分だ。
 2キロ以上にもなる長い延長のトンネル内であれば、狭い空間で、一層画一的な景色の連続となり、この傾向がより顕著に現れ易くなっている。

 安全のための運転への集中が、逆に意識の低下を招いているというジレンマから発生する悲劇。

 ないかな。交通事故に関する世界の論文に こんな切り口の分析をしているもの。
 ネット検索で『ゲシュタルト崩壊と交通事故に関する一考察』とかいうタイトルがヒットしてもいいような気もするが。もし万が一なければ、まったく新しいアプローチとして大発見に繋がるかも!

 ・・・・などと考えてると必ずあるんだよな。
 今回は時間もないので検索まではしていないけど。

          * * *

 今日は息子RYOTAの誕生日。
 21。御祝いの言葉をかけてあげる年齢でもないが、そこは、あえて丁寧な御祝いのメールを送ってみた。
 「自分の信じる道を、ブレることなく真直ぐに進め」 の言葉を添えて。

 たとえ彼には届かなくても、僕らの子孫には、親の気持ちというものが確実に届くことを信じて。

ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 (゚ー゚*)。oO(なんかのパクリだけど、今いいこと言った〜!)

          * * *

去年の11月18日 Ryota の誕生日 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧