« 目をつぶって | トップページ | 『武漢ウイルス』と呼ぶな。 »

2020.04.07

「長距離走」を救うものの使命

Fb3994037dc344439a6d382dee3c0b7d

長距離runをしているようなものだ。ゆっくり走っているのに、もはやだんだん疲れてきた。いわゆるコロナ疲れ。先はまだまだ長そうだが。


我々のような立場でさえそうだ。日々の稼ぎが生活の組み立てに直結する職業の方々は推して知るべし。

我々は、社会的な影響の大きさから、とにかく組織から一人として発症者を出すことが出来ないという意味では、日々、瞬間瞬間、その積み重ねの連続であり、精神的な緊張感は決して小さくない。自らに厳しい制約を課しているため、日頃懇意にしていただいている取引相手に対しても或いは同じ組織内の者にさえ、そういうことを強いる空気を醸し出してしまい、あるいは直接的に指摘したりもする。それは「俺がやっているのに」というねたみやそねみではない。少なくとも関係者みんなが等しく使命を果たすべきという思いからである。もちろん同時に、その都度、反省や自戒の念によるストレスも感じている。

とはいえ、これを守ってさえいれば明日の食べ物に困ったり光熱費を払えなかったりする状態になるわけではない。自粛による自分の命への脅威は小さい世界なわけで。

一方、いわゆるフリーランスや個人事業主やそこに雇われて生計を立てている方々。これは、我々含め国民の自粛行動が命取りに直結する。

従って、政治が果たすべき「国民の命」の維持は、
・感染拡大防止目的の公衆衛生上の観点から徹底的な活動の自粛
・活動の自粛が生計に直結する方々への経済的補償
これがセットで成立してこそ果たされるものであることは、最初からわかりきっていた。

この国の政治或いは行政は、今の今まで前者の励行しか打ち出さないから、ここまでこじれてしまったと断言できる。「補償するから動くな」。これだけでうまくいくのに。

という理屈も、ここまでこじれてからさかのぼって考えるからはっきり言える・・と考えられなくもない。初期の段階で確実な補償を約束された国民は今ほど真摯に、まじめに、補償申請をする者が多くなったであろうか、という思いも無くはない。初期はなんとなくまだ余裕がある分(差し迫った危機感がない分)、へなまずれー ことを考える輩もおそらくは多くいただろう(コロナ詐欺の発生を見れば、今でさえ悪いことを考える奴はいるらしい)


そして、一昨日くらいから国会でも議論となっていた、いわゆる風俗産業への補償。タレントの松本なにがしの発言の一部が切り取られて報道され、「ホステスに僕らの税金から補償するのはいかがなものか」がネット上で大きくたたかれていたり。
発言の全てを聞いたわけではないが、風俗産業の納税率は数%という政府の数字を基に、「脱税している風俗」限定で話したというところが本当らしい。確かに、あこぎなことをして得た大きな儲けでとても良い暮らしをしている人がいて、その人が収入減ったから補償を、と言ってもそれはどうか・・という考え方もわからなくはない。

しかし。
風俗産業をあこぎな儲けを前提に成立させているのもまた、多くは善良な市民である。もっと言えば、脱税者がいると知っていてそれを一定程度許容してきたのは日本の社会そのものである。それでもいいから、彼ら彼女らにはそこにいて欲しいと皆んなが思っていたではないか!という前提を忘れてはいけない。

生きとし生けるもの、誰にだって闇の部分はある。希に聖人君子はいるかも知れないが。
その意味で、「生きる」ということに関しては「みんなが平等」なのだ。緊急時にだけ、少し目立つ闇の部分をそれこそ「切り取って」あげつらい「いかがなものか」と論じるのはやはりお門違いなのだ。 


だから、活動を制約する対価としての補償は、全ての業種に対し一定の収入減少となる者全てを対象とすべき。というのが自分の考えである。
そして、もれなくとにかく迅速に現金で配布されなくてはならない。
国民の一人も、殺してはならない。それが政治の使命だ。

ただし、はっきり言っておくが、この騒動を利用して儲けを企み実行する犯罪者は別だ。外道以外の何者でもない。お願いだから君たちほど一番最初にコロナに罹患し、重症化してくれ。いくらなんでも、そこまで平等に気を使っている場合ではないのだ。

 

|

« 目をつぶって | トップページ | 『武漢ウイルス』と呼ぶな。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 目をつぶって | トップページ | 『武漢ウイルス』と呼ぶな。 »