« 4月なのに9月の歌。 | トップページ | トイレットペーパー騒動と有森騒動 »

2020.04.21

ついに勤務回避シフトへ

4月21日(火曜日)ついに勤務回避シフトへ
専門家によれば日本国内、COVID-19の感染拡大から2週間程度で収束へ向かわせるため、理数モデルでは人と会う機会を8割減らすことが必須とされています。うちの会社では、総理の「最低7割、目標8割」を根拠にしてか、まずは昨日から7割の出勤回避を目標としたシフトで取り組みが始まっています。緊急事態宣言期間の5月6日まで。回避者は有給休暇を取るか、在宅勤務を選ぶことができます。
いずれにせよ、のんきに外出などはできないし、在宅の場合は実施業務内容の報告も求められます。
全国民が、それぞれの事情を押し殺して、早期の日常回復を願い、厳しい生活を自ら選択し実践しています。
一方、ネットには、そんなの関係ないというような方々の大勢での外出動画などが、汚らしい罵りの言葉とともにアップされたりもしています。
「小さな分断を煽るのではなく、大きな協調に向けて協力をしていく、そういう姿勢が我々に今求められているのだと思います」と大越健介キャスターがおっしゃっていました。まったくその通り。敵は「COVIT-19」。罵り合いに前向きな要素は微塵もありません。
とにかく、我々は勝つために、それも出来るだけ早く勝利を得るために、思いやりを持って前を向いて進まなければなりません。

思いやりを形にしたような歌があります。このBLOGのトップに固定している、今、最も好きな曲。自分のテーマにする、と言い切ってます。「You've Got A Friend」 キャロルキングが作り、ジェームステイラーへ送り大ヒットした名曲です。
トップの固定記事にも埋め込んでいるYoutube の矢井田瞳・秦基博のコラボ動画に触発され、同じようなものを作ってみたいと思いました。
歌姫との練習・録音が今はままならないため、まずは試験的に自分だけでやってみました。製作過程でのスキルは本番で活きるはずです。
 

「You've Got A friend」


Keyが上も下もきつい。ちょうどいいとこでやりたかったのですが、原音Keyに忠実にやってみました。結果、完全に色物と化しています。ミキシングは7つのトラックを作成し、重ねました。
うち1つは原曲のガイドトラックでミキシング時はミュートしてますので、実際は6トラック。
カウント、ギター1、ギター2、ギター3、ボーカル1、ボーカル2と極めてシンプルな構成での弾き語り。生一発どりでも
いけそうでしたが音圧や音質を少しでも上げるため重ね録りとしました。

今回、録画はiPhone8で6カットくらい録り、一部はRolandの無料スマホアプリ「4XCAMERA」にて2画面並び仕様としました。
アプリ内で頭合わせ調整ができないため、iPhoneの基本機能の動画編集でトライアル的に頭を合わせて下ごしらえしました。

最後はいつもの手順に戻り、Windowsの「Movie Maker」で動画と音声とキャプションを合成。
お遊びの割になかなか楽しく、気に入ってしまいました!

さ、元気出していきましょう!!

|

« 4月なのに9月の歌。 | トップページ | トイレットペーパー騒動と有森騒動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4月なのに9月の歌。 | トップページ | トイレットペーパー騒動と有森騒動 »