« 新型コロナ | トップページ | 「電車男」twitter版 »

2020.03.03

危機管理

fbでも投稿した件。

新型コロナ対応に関して、首相発言もあり、政府としては各業界の活動持続のため、各省を通じ膨大な事務連絡を発出しています。

国土交通省も。

発注者組織にも、受注者組織にも、万が一感染者が発生した場合、会社の存続に関わるレベルのダメージが。これは社会的に非常に由々しき事態なわけです。

新型コロナ感染と確定されるに至るまでも、咳が出ている、熱っぽい、熱が出た、報告、検査…各段階で本人と本人が所属する組織としてやらなければならないことを想定しておく必要があります。本人や周りの動きをあとで追跡できるよう、行動履歴を時系列で整理する必要も出てきます。

気象や地理的現象に基く災害対応と違うところは、一人やられると健全な周りの職員も使い物にならなくなり、バックアップ体制が極めて脆弱になる可能性が大きいということ。

事務所閉鎖せよ、となったら、事業継続をどうするのかという大問題に直面します。工事の代金支払いが停滞し、工事受注の会社がいきなり経営危機に直面、、そんなことにならないようにシミュレーションし、対応できる見通しをたてておくのがいわゆる危機管理です。

個人的にも相当な危機意識を持って行動することか求められるわけです。個人事業主と違い、例えば客が全然来なくて売上・所得が落ちるということはない代わりに、やっちまったときの社会的影響が大きすぎます。

そんなわけで、近隣の情報をリアルタイムで細かく得るにはやはりtwitterが一番。情報の取捨選択を誤らなければ、これほど良い情報ツールはありません。個人的危機管理ツールとして、集中的に使うようにしています。住民票をfbからtwitterに移したと表現したのはそういう経緯です。

fbは仲良し同士の近況連絡や情報連絡ツール。仲良し同士だから、基本的にズバッと反対意見を表明する場面もなく、議論が多様性に欠ける弱点を持つのも否めないし、即効的な危機管理にはあまり適しません。

コロナ騒動がひと段落するまで、暫くはtwitter住人となる予定です。居心地よければ、案外こっちに永住してしまうかも知れません。(๑˃̵ᴗ˂̵)

Bf42633ba1204167bbb4538b1c420631

|

« 新型コロナ | トップページ | 「電車男」twitter版 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新型コロナ | トップページ | 「電車男」twitter版 »