« 3.11 | トップページ | 「ゴールは、死亡率を減らすこと」 »

2020.03.12

壮大な社会実験?シミュレーションか

3月12日(木曜日)壮大な社会実験?シミュレーションか。
Softbankの孫正義氏が、100万人分の簡易PCR検査が即可能となるよう検討中という趣旨のtweetしたことを受け、議論が噴出。賛成・反対派があるが、個人的に自分のtwitterタイムライン上では7-3で反対派が多いイメージ。

◆反対派の指摘(医療現場従事者の声が多い)
・医療現場に混乱をきたす。
・疑似陽性の出現率が40%以上(検査を受けた10人に4人は陽性と言われても実は陰性の可能性) といわれる中、陽性とされた患者みんなが病院に駆け込むと現場はキャパオーバーで医療破綻。
・韓国等で爆発的に患者数が増え、医療が追いつかず死者数も増えている。イタリアでは60代以上の罹患者に人工呼吸器を使用しないという判断。これぞ医療崩壊。検査をむやみに実施した結果である。
・そもそも病院は新型コロナ患者だけを診ているわけではない。
・重篤な新型コロナ患者から優先的に、という医療トリアージの思想が必要なのにそもそも本来陰性の方が来られては重篤患者が助からず致死率を上げてしまう。
・影響力のある方が、専門家や国に相談せず勝手なことを進めるな。
・同じ費用で、医療現場への消毒液やマスクの増産提供や罹患防止のためのツールの提供、或いはワクチン開発現場への支援等を行った方が数段現実的で効果的。
・Softbank店でマスクを置き格安販売すれば本来業務としての売り上げ増にも繋がるだろうに。
・なんなら携帯料金を下げる方向に予算を振り向けた方が喜ぶ人も多い。

◆賛成派の指摘
・検査を制限して、知らぬが仏でいいのか。見えないところで増えていく患者数を把握できていないで患者数を少なく見積もっている現状が正しいと言えるのか。
・初期の段階で罹患か非罹患かわからなければ、国民の不安は増幅するばかりで、結局、無駄に感染を広げることに繋がる。まずは徹底的に検査を受けられることが重要。
・その上で、症状の軽重によって患者を振り分ける対応をとるべき。
・WHOはむしろ徹底的に検査をしている韓国の方向性を支持している。

◆不足している情報
(自分が思うところ。正確な情報がきちんと丁寧に分り易く国民に提供されれば、議論がここまで割れることはないのではないか)

我が国は「検査不足」である、指摘に関して、

・政府が意図的に検査数を抑えているのか(裏で指示を出しているのか)、意図的な指示はなくとも地方が、誰かが、忖度しているのか

・抑えているとしたら、なぜその理由をしっかりと説明しないのか、そもそも理由などないのか
・抑えていないとしたら、なぜ検査が不足と指摘される状態になっているのか、そもそも不足という指摘が当たらないのか
・医療現場従事者が悲鳴を上げているように見えるが、なぜそれが政府から公式に説明されないのか。
・YouTube上で内閣府発信で中山教授の対談形式の動画があるが、それを分かり易くかいつまんで民放やNHKTV・ラジオで解説するとかがあってもいいのではないか。(明日の記事で紹介します。)

こういった情報が得られないと自分の意見も整理できないなあ、と。みんなはどれくらいの情報を持った上で議論しているのかわかりませんが。

Covit19

|

« 3.11 | トップページ | 「ゴールは、死亡率を減らすこと」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3.11 | トップページ | 「ゴールは、死亡率を減らすこと」 »