« 2019年10月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019.12.31

年末恒例 昭和歌謡大紅白歌合戦!

今年もComplete❗️4部構成、怒涛の正味9時間、体力勝負。

来年も皆さまにとって素晴らしい一年になりますように😊✨

20c2101bbb994eb3a98b8c504e5cd3b7

 

⭐️2019昭和歌謡大紅白歌合戦@まねきねこ中道店⭐️

【第1喉慣らし(ノンテーマ)】

1.薔薇の鎖、秀樹、ます

2.時代、中島みゆき、わか

3.ガラガラヘビがやってくる、とんねるず、さゆ

4.異邦人、久保田早紀、はる

5.難破船、中森明菜、わか

6.ラストダンスは私に、越路吹雪、ます

7.ジュリーがライバル、石野真子、はる

8.仮面舞踏会、少年隊、さゆ、はる、わか

9.危険な二人、沢田研二、ます

10.シェリー、尾崎豊、わか

11.フレア、Superfly 、はる

12.スラバヤ通りの妹へ、松任谷由実、さゆ

13.君は薔薇より美しい、布施明、ます

14.my home town、小田和正、ます

15.馬と鹿、米津玄師、わか

16.君の朝、岸田智史、さゆ

17.ハイティーンブギ、近藤真彦、ます

18.まちがいさがし、菅田正輝、わか

19.DEAR、広瀬香美、さゆ

20.カナリア諸島にて、大瀧詠一、ます

21.悲しきSTAIN BOYthe yerrow monkey、はる

22.ペガサスの朝、五十嵐浩晃、さゆ

23.FUN×4、大瀧詠一、ます

24.春先小紅、矢野顕子、はる

25.LovinYouMinnieRiperton、さゆ

26.恋するカレン、大瀧詠一、ます

27.Cats Eye 、杏里、わか

 

【第2the洋楽❗️

28.We are the world 、ます、USA For Africa

29.You light up my life,Debby Boone,さゆ

30.We will rock youQueen 、みんな

31.Sky high Jigsaw、さゆ、ます

32.We are the champions Queen 、はる

33.Bohoemian rhapsody Queen 、みんな

34.Far from over,Frank Stallone、さゆ

35.Dancing Queen,ABBA,はる

36.Cant stop help Falling in Love,ElvisPresley、ます

37.Cereress whisper,WAM!,さゆ、ます

38.I dont like Mondays,the Boomtown Ratsさゆ、はる

39.Last Christmas.WAM!.わか、はる

40.Girls Just Want to have fun,Cyndy Lauper 、はる

41.Like a vargin,Madonna,はる

42.Hard luck womankiss、ます

43.Shout it out roud kiss、ます

44.honesy,Billy Joel、さゆ

45.Let it go,IndinaKimMentzel,わか

46.Im sexy,Rod Stewart,ます

47.Karma Chameleon,Culture Club、はる

48.Just the way you areBilly Joel、ます

49.You Spin Me Round,Dead or Alive,はる

50.We are all alone,Boz Scaggs,さゆ

60.Endless loveLionel Richie、さゆ

61.IFeel For YouChaka Khan、はる

62.Saturday night,Baycity Rorrers,ます

63.そよ風の誘惑、Olivia Newton John、さゆ

64.Yesterdey Oncemore,Carpenters,ます

65.Super StarCarpenters、さゆ

66.青春の輝き、Carpenters,さゆ

67.Ill be there,Jakson5,はる

68.A Song For You,Carpenters,さゆ、ます

69.Only Yesterday,Carpenters,さゆ

 

【第3まりやさん㊗️紅白出場記念】

70.majikoiする5秒前、末広涼子、さゆ

72.液、竹内まりや、わか

73.Invitation、河合奈保子、さゆ

74.不思議なピーチパイ、竹内まりや,はる

75.恋の嵐、竹内まりや、わか

76.ホワイトブレンド、中山美穂、さゆ

77.人生の扉、竹内まりや、ます

78.リンダ、アンルイス、わか

79.元気を出して、薬師丸ひろ子、さゆ、わか

80.シングルアゲイン、竹内まりや、さゆ

81.けんかをやめて、河合奈保子、わか

82.いのちの歌、竹内まりや、ます(@生ギター)

83.ドリームオブユー〜レモンライムの青い風〜、竹内まりや、さゆ

84.ガラスの部屋、竹内まりや、ます

85.プラスティックラブ、竹内まりや、ます

86.ウイスキーが、お好きでしょ、竹内まりや、わか

87.カムフラージュ、竹内まりや、さゆ

88.もう一度、竹内まりや、ます

89.シンクロニシティ、竹内まりや、はる

90.告白、竹内まりや、さゆ

91.本気でオンリーユー、竹内まりや、さゆ

92.純愛ラプソディ、竹内まりや、わか

93.アンフィシアターの夜、竹内まりや、ます

94.September,竹内まりや、さゆ

95.チャンスの前髪、竹内まりや、さゆ

96.Never Cry Butterfly 、竹内まりや、ます

97.家に帰ろう、竹内まりや、わか

98.Morning Grorry、竹内まりや、さゆ

99.Your Eyes、竹内まりや、ます

 

【第3JuJu特訓コーナー】

100.かわいそうだよね(皆で特訓)@持ち込み生ギター

         メイン&ハモリパート反復練習

 

【第4フリー(クールダウン@ランディングへ)】

101.確かなこと、小田和正(生ギター)、ます

102.for you the end of the dream 、さゆ

103.パプリカ、Floorin、わか

104.君は友達、ダイヤモンドユカイ、はる

105.ヒーロー、麻倉未稀、さゆ

106.蜃気楼、レベッカ、さゆ

107.ダンシングヒーロー、荻野目洋子、はる

108.さらばシベリア鉄道、大瀧詠一、ます

 

encore.

1.血栓は金曜日、ドリカム、わか

2.水色の雨、八神純子、さゆ

3.カモメが翔んだ日、渡辺真知子、ます、わか

4.Hold On Me、小比類巻かおる、さゆ

5.大都会、クリスタルキング、さゆ、ます

6.聖母たちのララバイ、岩崎宏美、さゆ

7.Fantasy Earth Wind&Fire、みんな

終演 1231日 350

| | コメント (0)

2019.12.25

Christmas Presentは「まりやちゃんかるた」

12月25日(水曜日)Christmas Presentは「まりやちゃんかるた」
 昨日、八雲への戻りが遅く郵便受けに不在連絡票はあったものの、宅配便の再配達期限を過ぎていました。
 それで、発送側が「24日必着」と指定してくださっているモノを今日25日の再配達で受取ることができました。宅配屋さん、ご足労おかけしました・・。

 それにしても、待ちに待った「まりやちゃんかるた」。大事なセルフChristmas Presentです。「TurnTable」を買った頃の自分から今日の自分へ。
 かるた絵札のイラストはテルマエ・ロマエで有名なヤマザキマリさん作。今年のTVのまりやさん40周年特番で、カンツォーネ曲
「Che Vuole Questa Musica Stasera~ガラスの部屋」(”ヒロシです・・・”のテーマ曲、「TurnTable」Disc3の24曲目)の歌唱指導をまりやさんにしているシーンがありましたね。お二人は仲良しなんだとか。

 まあ可愛らしい絵柄。
 そして、付属の読み上げCD。まりやさんやスペシャルゲストの肉声で全札を読み上げてくれています。これもまた愛らしい。
 大満足です。抱っこして寝ます。

Img_9017
Img_9014
Img_9013
Img_9012
Img_e8972
Img_e8971

| | コメント (0)

2019.12.24

StarWars/スカイウォーカーの夜明け

12月24日(火曜日)StarWars/スカイウォーカーの夜明け
 昨日のレイトショーで観てまいりました。@函館シネマ太陽
 中身、てんこ盛りで見所いっぱい。スターウォーズ通にはあまり評判が良くないとネットで見ましたが、痛快宇宙活劇を楽しもうとだけ、そういう気持ちで観れば単純に面白かった。てんこ盛り過ぎて1回見ただけだと見落としているところなど結構ありそうな気もします。
 あの、オープニングとエンディングのお約束の壮大なオーケストラと映像イメージ、それだけで案外満足してる者からするとこれで全部終わるのは寂しくもあり、嬉しくもある。ディズニー社が続編を作るという噂もありますが、そんなの潔くないしやめていただきたい。そんな気がします。
 毎年、年末の劇場が恒例になっていましたが、それも今年で終わり。
 ここに関連記事を記すのは2016.12.26にNさんとシネマ太陽で観た「ローグ・ワン」の感想以来ですが、ここにスターウォーズ関連記事を書くのもこれが最後かも知れません。ローグワン記事へリンク↓
http://tadon-jurio01.cocolog-nifty.com/donan/2016/12/rouge-onestar-w.html

Img_9011
今朝は6時起きで、イブの「人間ドック」。春の申し込みで初夏ぐらいに、12/24に割り当てられたと事務方から連絡が入ったのだけど、割り当てられたのに、行ってみればエコーが何時からだから1時間待ってとか、おかしいでしょ。こっちでこの日を指定したわけじゃない。会社の担当者と病院担当者が勝手に決めているんだろうけど、一番尊重されるべき当事者の事情などはぜんぜん考慮されていない。当事者に寄り添った対応がなされていない。この時代に、お役所仕事はやめてほしい。いや、自分のことはもちろんだけど、自分以外にもいたるところでこんなことをされていると考えると、いたたまれない。同じ公の仕事をなりわいとする者として。

 今回は春に「この辺で少し丁寧に検査してみるか(費用は結構お高くなるが・・・)」と決心し、いつもはやっていないMRIと頸動脈エコーをオプション追加していたんだった。すっかり忘れていたけど。それで待ち時間含め昼近くまでかかり、自動的に院内喫茶のタリーズでの昼食券までセットされてる。こんなの無くてもいいから安くして、と当日まで希望や交渉できる場面も一切なく窓口でいきなりそんな説明だもの。


 ところで、巷(SNS等)では「聖火ランナー」に当選した!って告白が横行してるが、こっちはスカッと外れました。たまたまLINEで流れてきたTOYOTA枠での応募だったのだが、外れてみて案外失望が大きかったのには自分でも驚きました。結構内心期待していたんだなと、自分のことなのに、今更。とっても残念。

 ところで、今年の漢字はやはり「桜」にはなりませんでしたね。わかっていたとはいえ、これも残念、というか失望感が大きいです。令和の「令」、あまりにも普通で。。。

| | コメント (0)

2019.12.20

『my home town』

12月20日(金)
 久々に弾き語り動画のアップ。小田和正氏の「my home town」 のカバーです。
 アルバム「あの日 あの時」(2016年)のバージョンが一番シンプルで好きなのでこれをベースにしました。
 小樽以来、独りカラオケでの最初、喉慣らしでオフコースから始めるのがルーティーンですが、最近では小田和正のソロ曲も少しずつレパートリーに入れてます。そんな中、アルバムを色々聞いていてまたま聴いたこの曲のこのバージョン。
 アコースティックアレンジとなっていて、ギター1本でできそうだなと思い立ち、挑戦。

Img_2433

 原曲をガイドトラックとし、Guiter1、Guiter2の2トラックを録音したあとにVocal、Corus1、Corus2のトラックを被せました。
 Corusは毎度おおなじみ耳コピです。Guiter2は「あの頃ここは僕らの~丘の上僕らがそこにいる」の部分で、ここだけ「Deley」をかけています。

 ミキシングしながら、各トラックでリバーブやコンプレッサーをかけつつバランス調整。
 コンプレッサーは今回初めてボーカルトラックに使いました(ネットで調べながら音圧を上げる方法を試行錯誤してみました)。

 最後、全体のバランス調整した上で全体に少しリバーブをかけてミックスダウン。

 ミックスダウン前、間奏などでピアノやベースの音が若干聴こえた方が色気が出ると思いガイドトラックの原曲を完全に消さず
 今回は原曲トラックのメロディーを薄く残すことにしました。イコライザーで小田さんのボーカルをできるだけ低くなるよう
 調整しましたが、よく聞くと自分のボーカルの裏で少し残っています;

 take1はこれで完成。take2では冒頭に、独りカラオケでの練習風景音源を入れ、ちょっと味わいを出してみました。


【使用機材】
録音:iPad
interface:TASCAM i-XR
Guiter:Gibson J-160E
録画:iPhone
DTMアプリ:CubasisLE
動画編集:Windows Movie Maker

 

(^^)v

| | コメント (0)

2019.12.08

the BUCKET LIST

amazon Prime Video 夕方から一人、寒い部屋で鑑賞。

Carter Morgan Freeman )の書いたジャコウネコのメモをEdward Jack Nicholson )が音読する下りで、本当に腹を抱えて暫く大笑い、そして同時に大泣きしました。まいった。


午前中は蕎麦打ち稽古、お昼には東雲町内会のお楽しみ餅つき会に参加。岩内神社のお祭りでついて以来、久々に。お雑煮とお汁粉を3杯もいただき、甘酒をいただき。地域の皆さんとお近づきになれたありがたい時間でした。


もりちゃんがAEONで営業してたので、お蕎麦を少しいただいてもらい、そのあとのビデオ鑑賞。


そとは少し風がついて雪、しばれてるなあ。そんな中、NHKさんがインターホン鳴らして丁寧な感じで受信料金徴収のことで…っていらしたけど、ほんまに、こっちきてからわたくしTV設置してませんから、残念‼️


そして。

そう、あの日も、積もった雪の中。寒くて暗い道を家庭教師のバイト先から寮に帰った、高専3年の12月8日。部屋でJohnのニュース聞いて体が固まったのを鮮明に覚えています。

ジョン、元気でやってるか?

| | コメント (0)

2019.12.05

2019年 今年の漢字

12月5日(木曜日)2019年 今年の漢字
 やはり「」に一票。思いついたらいてもたっても居られず、twitterでそう呟いてしまいました。
 だってそうでしょう、初の日本開催でベスト8入りを果たし、あんなに盛り上がったラグビーワールドカップ。流行語大賞だって「ONE TEAM」がとったし、どう考えても今年の漢字は「桜」じゃないかな、とは思いたいところ。

 しかし、流行語大賞と同じで、ある対象への皮肉や批判、disりめいたことがその意味に含まれると賞を取れないどころか、ノミネートさえできなくなっている(本当はものすごく流行ってたとしてもよ!)昨今、「桜」が今年の漢字になれないことはほぼ確定的ってこともみんな知ってる。まったくもって残念なことではありますが。
 発表は来週の木曜日、12月12日、京都は清水寺にて。

 (”シュレッダー”が流行語大賞取ると思ってたひと、手を挙げて!)

| | コメント (0)

2019.12.04

夕方から猛吹雪

12月4日(水曜日)夕方から猛吹雪
 そうこうしているうちに、もう師走。

 だけどね、自分では気が付いているとは思うんですが。
 
 この国は、それでもまだ本当に自由が守られているなあと実感する今日このごろ。
 だって、こんな極悪なことを大っぴらにやっていても、日々安全に暮らしていけてるではないですか。
 この国の道徳や矜持といった大切な概念をこれほどないがしろにし、ボロボロにし、破壊し尽しても。
 (本当はちょっと違うんだと思うけど)〇〇の自由というのが、守られているんだなあ、この国は・・と。

 だけど。
 一方でその自由を謳歌しながら彼が今やっていることは、逆にその「自由」というヤツをガッチリしっかり奪う方向を向いているというこのパラドックス。 
 「自由を奪う」しくみに、これでもか、これでもか、と次々にお墨付きを与え続けているというその矛盾。
 
 今はたまたま「奪う側」にいるけど、明日は「奪われる側」にいるかも知れない。
 自分では気づいていないはずがないと思いたいのだけど、その作業を着々と進めている。
 最後まで盛者でいるなんて、100%あり得ない。
 その仕組みが完成するころ、奪われる側にいる彼はどんな顔をしてそれを受け入れ、蹂躙されるんだろうか。
 それをしっかり想像できているんだろうか。自分なりに。

 ここで書くのは何度目かな。

 祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり
 沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらはす
 奢れる人も久しからず ただ春の夜の夢のごとし
 猛き者もつひにはほろびぬ ひとへに風の前の塵に同じ

| | コメント (0)

« 2019年10月 | トップページ | 2020年1月 »