« 東北台風災害復旧支援派遣 | トップページ | 道南に謎の爆音・振動 »

2019.10.20

戸井駅伝大会

20日(日)
 夏の飲み会でお話のあった件。八雲走遊会のチームからは2チームエントリし、そのうちの一つに入れていただき、戸井駅伝に初参加しました。
 自分が第4走者をつとめた八雲走遊会Aチームはこのカテゴリへの参加34チーム中21位。とてもよく晴れたいい秋の函館市戸井町、国道278号~旧国道を使ってのコース設定です。

Img_8679
Img_8676
Img_8677


 自分はアンカー、3.02キロ、前半に強い上りありの4区。キロ4分30秒ペースでの走りなど滅多にしないですが、心臓飛び出しそうなバクバク状態で走り最後はトラック一周の間に抜かれそうになるのを何とか回避。最終コーナー手前、後ろから足音が近づくのをぎりぎりまで待って体力を温存し、そこから一気にスーパースパートをかけて突き放すという、MGCの中村選手をイメージした戦法が成功し気持ちがよいゴールとなりました。個人区間順位はチーム順位と同じ21位でした。やっぱ駅伝は萌えます。冬の札幌尾ドームランのときもそうでしたが、仲間でタスキをつなぐこと、自分のためというよりチームに役立ちたいというモチベーション、これらは通常のマラソンでは体験できず、それゆえ、また走りたくなるのが駅伝です。
 今回は参加料の中にお昼ごはんの「カレーライス」も含まれ、run後にはボリュームたっぷりの「タコカレー」を堪能させていただきました。

Img_8687
Img_8689
Img_8691
Img_8741

 夜には八雲「つぼ八」で打ち上げ。run仲間は本当に違和感なく溶け込めるのがいいです。今回はチームで作っているLINEグループに入れてもらい、写真の交換なども。
 またこの夜、お店のTVでラグビー日本チームの決勝トーナメント第1戦、南アフリカ戦を観戦。強力なフィジカル、日本を徹底的に研究しつくした攻めと守りの戦略で全く攻め込ませてもらえず、今大会初めて、モールで押し込まれる場面などもあり、南アフリカの強烈な戦いを目の当たりにしながら、日本は惜しくも負けてしまいました。しかし本当によくやりました。個人的にはラグビーのテレビ観戦を通じ今回はルールも概ねわかってきたし、なんといってもノーサイドの精神に日本武道に繋がる精神性を見出し、このスポーツのファンになってしまいました。こうした球技の団体戦(否、球技ではなくても)『規律』ということばが頻繁に出るスポーツは他にないのではないでしょうか。ゴツイ外観と規律重視のミスマッチがなんともいえない気持ち良さ・爽やかさを醸し出しています。そして、日本中に夢と希望をもたらしました。

|

« 東北台風災害復旧支援派遣 | トップページ | 道南に謎の爆音・振動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東北台風災害復旧支援派遣 | トップページ | 道南に謎の爆音・振動 »