« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019.07.31

八雲、7月のこと

7月30日
ちょっと更新が滞っていたため、写真を見ながら振り返るシリーズ7月編。
 (1)7月2日 
 自分の部屋を、所員有志に開放し、料理が得意なメンバーが腕を振るう。部屋のみ会。5月16日以来の2回目。

Img_8181
Img_8180
Img_8182

 今回もまたお洒落な最高に美味しい料理と、若者が9万円のMy窯で炊いたご飯。極楽である。前回より1名増えたかな。こうやって少しづつ、シンパを取り込んでいこう(笑)。

 (2)7月7日 七夕
 振り返りたくもない、世にも悲惨なフルマラソンワースト記録をたたき出した「函館マラソン2019」。

Img_8189
Img_8190
Img_8192
Img_8193
一昨年、28キロで熱中症を自覚し、自らリタイアしたときに比較して、一昨年は終わったときの悔しさはあったものの早い切り替えができたが、今回は、完走したとはいえ36キロ以降はほぼ歩きとおしで、情けなく、思い出したくないレースナンバーワンとなった。こんなに素晴らしい、涼しいコンディションでこのていたらく。リタイヤより悪しき想い出となるとは。
 いやしかし、あえてあれを、あの嫌なイメージを思い起こさなければ進歩はない。漠然と、もうフルマラソン出場は終わりかな・・・と思いかけたが、8月の北海道マラソン後にそれを判断しても遅くはない。
 体が過度な苦しさを自動的に避けるようになった。楽を求めるようになった。頑張りたい気持ちが楽したい誘惑に歯止めをかけること、それさえやめてしまった。リミッターのラインが急激に下がった。理不尽に(?)頑張るのが嫌になってしまった。走ること自体は決して嫌ではないどころか、唯一無二のアイデンティティーであり続けてはいる。しかし4時間40分。ありえない。
Img_8194
Img_8196

 (3)7月12日~
 「第1回SENTO おばんざい屋」参戦。通常は昼のみ和風レストランとして営業している八雲町SENTO(銭湯)。

Img_8197
Img_8199_20190731215801
Img_8201
Img_8198
584617341390289
584617942825864
 その名の通り、古い銭湯を改装してお店にしているというユニークな発想。この日はあえて18時からの開店とし、お酒ありの「飲み屋」として営業。お酒の種類は多く、一品料理も各種取り揃えていてついつい飲みすぎ。日本酒が効いて翌日は案の定一日一杯使い物にならなかった。企画はとてもいい。またあったら是非仲間と行きたい。

Img_8203
Img_8211
Img_8212_20190731215801

 職場の仲間が、空き地に咲いているという「野生の」紫陽花を持ってきてくれた。この美しさよ!ネットで拾った富良野のラベンダーも美しいが、目の前にある実物の紫陽花にはその可憐さにため息が出る。

 (4)7月20日~21日
 どうでもいい話題っちゃあそうなのだが、twitterでローソンをフォローしてPR商品をリツイートしたら抽選でその商品をプレゼントという企画がある。以前、悪魔のおにぎりで一度まさかの当選!があった(おにぎりは全然美味しくなかった)のだが、何と、今回は20日と21日、2日連続で「どらもっち プリン&ホイップ」が当たってしまった!!函館マラソンでふがいない走りしかできなかったマイナス運は、この2日のプラス運のための舞台装置だったのだ。これでチャラだ。・・・と思わずにいられないことであった。

Img_8221_20190731215801
Img_8224

 (5)7月23日
 八雲のことを知りたく、色々と勉強している中で、観光資源・ネタの宝庫という事実がわかってきた。今後何とかして発信していきたい。作戦練らねば。。

Img_8225

 写真は、木彫りの熊。八雲はその昔 北海道の土産物として一世を風靡した木彫り熊の発祥の地。町内には木彫り熊資料館も。

Img_8229

 道央~旭川エリアが八雲の木彫り熊の技術を取り入れ、アイヌ文化と融合しながら独自の路線で発展させてもいたのだが、何しろ八雲が発祥の地。そのエピソードがまた奥深い。いずれ、きちんと紹介せざるを得ない思いが沸々。
 昔、実家に木彫り熊があったのを思い出し、母親に聞くと「まだある」。早速借りてきて職場に飾ってみた。カッコいい。買うと今ならウン万円だからね。

 (6)7月28日
 蕎麦打ち4回目。今回は、南の国から八雲町を訪れ、町からレンタル住宅を借りて2週間だけ八雲の住人になり道南~道央生活を満喫するご夫婦が、飛び入りでそば打ち体験(旦那様のみが実際の体験をされていた)。
 そのこともあって、自分はかなり今回は放置プレイ時間が長く、相当の工程を自力で作った。しかし時間ばかり経過しても蕎麦の四角が大きくなっていかず、乾燥で蕎麦の縁がボロボロになりかけていた。なかば強引に「畳み」工程に入り、そば切り包丁で「切り」工程にも突入。自分でやった時間が長かった分、品質は落ちるが達成感は大きいものがあった。南国のご夫婦は師匠夫妻の直接指導をとても喜んで帰られた。
 写真を撮影し、メール交換して送って差し上げた。そこに、いい出会いがある。

Img_8242
Img_8238

 これはサービスショット。(*´ω`*)
 
 さあ、やっとリアル時間に追い付いてきた。28日の日曜日からいきなり真夏が訪れ気温が上がりっぱなしの八雲町。ベランダのプランター、トマトの苗も大きくなり、やっと実も赤く色づいて。野生の熊もあちこちで出没情報が!

 そんなこんなで、8月からはあまりさぼらず、八雲の魅力について語っていきたいと思います。

Img_8245
Img_8232
Img_8208
Img_8221
Img_8237
Img_8249

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »