« frun北海道大忘年会で初三角山 | トップページ | 大晦日@小樽 »

2018.12.16

秘密

12月16日(日曜日)

 東野圭吾の「秘密」に初めて出会った日、確か感動のあまりこのblogにその思いを書いたことがあったなぁ。
 その記憶で検索してみるとなんと、2008年5月5日、10年前G.W.の真っ只中でした。あの頃、東野圭吾にはまって色々読み漁り出した頃。あれからもう10年経つなんて、末っ子が成人してしまうわけです。
 で、その日のBlogをあらためて読むと、まあ若い。結構コッパズカシイことをのうのうと書いていらっしゃる。だからといってそんなの削除し始めたらまあ2~3年前以前の投稿はほぼ全部削除しなけりゃならないし。うん、自分の日記帳なんだからそういうものと割り切って放っておくしかないですね。それを世間に公開しているってところが恐ろしいですが;;;

 今日、Gyao!で邦画の「秘密」、28日まで無料ということで観てしまったわけです。初見ではないような気がしたから、たぶん、10年前、あの頃にもDVDレンタルして観てるんだろうと思います。
 小説自体ずっと読んでいないけれど、確か映画のストーリーとは最後の方の持っていき方、結末が微妙に違っていたはず。
 映画は映画で、そりゃもう、当然のように涙そうそうでしたよ。涙腺ゆるゆる。小林薫、岸本加代子、広末涼子がいい味出しています。ほかに大杉漣、伊藤英明、柴田理恵。東野圭吾自身も大学の先生役で。あと中学教師役の石田ゆり子がお色気満開ドキドキ的な使われ方で

 小説の内容を子細に覚えているわけではないけど、自分の中では未だに東野圭吾作品の番付では1位になっている、という記憶だけはあります。「天空の蜂」もかなり競った位置にはいますが。また今週末、小説、読み返してみようかな。
Photo

|

« frun北海道大忘年会で初三角山 | トップページ | 大晦日@小樽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秘密:

« frun北海道大忘年会で初三角山 | トップページ | 大晦日@小樽 »