« fire tv stick amazon | トップページ | 秘密 »

2018.12.15

frun北海道大忘年会で初三角山

12月15日(土曜日)
 朝から晴れ! ゆっくりrunでも汗をかくいい天気です。いつも仕切ってくれる札幌のgenさん、長沼のこうめさんの人徳のなせる業。

Img_7442(写真提供 genさんFBから)

 いつものように11時に桑園の「たまゆらの湯」集合、記念写真のあと「忘年会runの部」開催。「ひたすら三角山を目指す班」と「街中をサンタクロースの格好で走りながら子供たちに夢とプレゼントを渡す班」に別れ、スタート。

Img_7448_2
 自分は班長まるトラさん率いる三角山班。三角山班にもサンタコスチュームメンバーが3名ほど。桑園発で環状通から右折して地下鉄路線沿いに琴似駅を通過したところで琴似栄町通りを一路三角山へ向かいます。

Img_7407

Img_7449
 道行く親子連れ、信号待ちの車内にいる子供などへ向けてサンタが手を振るとニコニコして応えてくれる。そんな様を見ると、やはり子どもというのは基本的には素直でかわいい、ということを再認識させられました。

Img_7412
 札幌メンバーは何度も経験している噂の三角山ですが自分は念願かなって初体験となりました。麓からは大阪から何と日帰りで参加のうずらさんも合流。

Img_7414

Img_7443
 誰でも使えるように置いてあるスキーのポールをお借りし、いざ、山頂へ。雪深い季節ですが、ほかにも登山客がたくさんいるようで、コースはある程度踏み固められていました。かえってつるつる滑るほどで、急坂では手に持ったポールとコース脇に設置してある手すりロープにしがみつきながら登る。しかし、みなさんアスリートだから早い早い。疲れたーしんどいーとは言いながらも概ねスイスイ上っていきます。函館山とそれほど標高が違わないのに函館山の広い登山道とは違いコース設定が急で、観光客が歩いて登るイメージではないです。函館山でいえばお地蔵さんを巡る細くて急な登山道のイメージ。一部はあれよりまだ急かな。15~20分くらいで登れたでしょうか。

Img_7418

Img_7437

Img_7419
 なにしろ汗だくになりながらも登り切った頂上は、天気も良く風もなく景色も最高。
 それでも黙っていると汗が冷えてくるため、写真など撮って早々に下山。復路は半ば滑るように転がるように7分程度で麓まで。

Img_7424

Img_7427
 来た道を戻りながら、たまゆらの湯手前にあるお店に入ってみんなでソフトクリームをいただいていると、こうめさん率いる街中サンタrunチームが程なく合流。しばし全員で写真をとり休憩、まもなくたまゆらの湯へ戻りつきました。

Img_7429

Img_7432

Img_e7446(写真提供 frun仲間 insta より)

 ゆったりと湯につかったあとは、近くの1次会会場「ブライアンブルー」へ。
 ここもfrunとしては常連ですが、自分は初めて。今日は貸し切り。半立食的なお洒落な店内で、ビールやらワインやらいただきながら、お洒落な食事をいただきながら、まるトラさん提供のオリジナルパンやお菓子をいただきながら、(ありつけなかったけど)たにぶっちさん提供のパウンドケーキいただきながら、こうめさんの仕切りで、楽しく楽しく楽しく過ごさせていただきました。

Img_7434
 frunには古くから参加している自分ですが、さかんに開催されてきた道央圏のイベントにはほぼ出席できていないことがあり、今回参加者の多くを占める比較的新しいメンバーはほぼ面識がないという状況。しかしそこはrun仲間。お互いfrun古参の大阪のうずらさんと初めて長く話させていただいたのも、お初の若い方々と色々お話させていただいたのも、とてもホッとできて、落ち着いたよい時間でした。

Img_7444(写真提供 genさんFBから)

 二次会は18時から、札幌駅前付近JRインそばの「天壇」という中華やさんは、genさんの計らいでほぼ貸し切り。料理のボリューム、美味しさは半端ないです。
 相当酔っぱらってきて、自分も含め皆さんのテンションも高く。人数が多くて全員と話せる感じではないのですが、同じテーブルにはAKKUN、黒犬さん、たにぶっちさん、和さん、しぃちゃん、などなど。マスターのサプライズ誕生ケーキで合唱の時間なんかもあり、濃い濃~い時間は過ぎていき、21時頃にお開きとなりました。

Img_7445(写真提供 genさんFB)

 今日はfrunカラオケ部、そうらんさんの呼びかけに積極的に反応するひともおらず、すすき野方面へ急ぐ方々もいて、カラオケはなし。若干の物足りなさは感じつつも平和に小樽へ帰れる安堵感もあり、丁度出発間際の高速バスに走るように乗り込み、爆睡状態で小樽へ戻ってまいりました。 

 frun、最高

//
最後に、上に貼った以外の撮りためた写真を全部並べておきます。
Img_7408

Img_7409

Img_7411

Img_7413

Img_7416

Img_7419_2

Img_7420

Img_7421

Img_7425_2

Img_7428

Img_7430

Img_7433

Img_7435

Img_7436

|

« fire tv stick amazon | トップページ | 秘密 »

コメント

ようやく参加していただけて良かったです。
楽しかったよね。
いつもあんな感じで代わり映えはしませんが、それでいいかなって思っています。
ブライアンブルーのカジュアルさもいいし、天壇のあの密着度と軽とは言えない中華の数々は、やはり定番にしたいものです。
またご参加くださいね。

投稿: こうめ | 2018.12.16 17:17

こうめさん、ほんとこれだけ長くfrunやってて初ですからね〜忘年会も三角山も。(o^-^o)
天気にも恵まれ楽しかったし、何から何までありがたかったです。合流できるタイミングは感動的でさえあり、企画全体を通して時間とコースセット、会場のチョイス、コーディネートが絶妙で。まとめ役、ありがとうございました。長く続くといいですね〜。
正月も参加したいけど当番で小樽離れられず残念…
忘年会も転勤先次第かなあ(*´-`)

投稿: NAOMI | 2018.12.16 22:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: frun北海道大忘年会で初三角山:

« fire tv stick amazon | トップページ | 秘密 »