« 今年も潮ねりこみ 小樽潮まつり | トップページ | 友の訃報 »

2018.07.31

これで最後!・・・札幌の耳鼻科

7月31日(火曜日)
 今日もさらに輪をかけて暑い日。
 午後から札幌に向かうための高速バス、バス停での待ち時間、流れる汗で全身濡れネズミだ。物陰がなく直射日光にさらされて。そして札幌も同様に暑い。いつもの大通りの耳鼻咽喉科へは3週間ぶりだ。

 端的に言えば、小樽病院からこの医院に変えてから、耳の不具合は劇的に改善した。
 まず詰まった感じはすぐになくなり、聴力が戻った。耳鳴りだけは残っていたが、一週間前くらい、気づいたら耳鳴りがなくなっていた。耳鳴りはその後も出たり引っ込んだりしているが、概ね改善された状況となってきている。

 そして今回の診療で、左耳鼓膜のかさぶた状の血の塊も位置を変え、小さくなり、改善していることがわかった。
 最後の薬を処方してもらい、病院はこれでひとまず終わりということになった。
 セカンドオピニオンの勝利である。

 自分の身体を医療に預けるときの身の処し方、セルフコントロールの仕方、色々な意味で6月からこっち、大きな勉強をさせていただいた。それなりに医療費もかかったわけだが、得られたものは小さくいない。
 自分で主体的に切り開かなければ、何も改善しない、ということ。

|

« 今年も潮ねりこみ 小樽潮まつり | トップページ | 友の訃報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これで最後!・・・札幌の耳鼻科:

« 今年も潮ねりこみ 小樽潮まつり | トップページ | 友の訃報 »