« ホレた看護師さんが言うには・・ | トップページ | 「2018洞爺湖」リタイヤの記録 »

2018.05.13

赤井川村の温泉へ

5月13日(日曜日)
 気分転換に、温泉に行ってみることにした。朝からしとしと雨が続く後志地方。
 その前に、こないだ函館蔦屋で振られた「自衛隊と憲法(著:木村草太)」を探しに午前中、イオン(ウイングベイ)の「喜久屋書店」へ。
 実は昨日も小樽駅前紀伊国屋書店で探して見つからなかった。いくらなんでも喜久屋書店にはあるだろうと行ったのだがそこにもない。何故??? 発売直後の本が何でこういう名だたる書店に置いていないんだ??
 まあ、最後はAmazonでポチるから焦ることもないんだが。今日は代わりに恩田陸の文庫本「木漏れ日に泳ぐ魚」を何となく購入。

 雨の中余市経由、40分ほどの運転でたどり着いた「赤井川カルデラ温泉・保養センター」
 結構広い駐車場はほぼ満車に近くネットの噂どおり人気の高さがうかがわれた。
 建物に入ると、野菜や特産品の物販コーナー、軽食を提供しているような食堂、畳の休憩部屋などがある。
 脱衣場、室内浴場、露天風呂どれをとってもややこじんまり感はあるが、それは実に「丁度いい」規模感を伴う。
 男湯は駐車場の感じほど混んではいなく、洗い場で待つこともなかった。泉質自体は、いかにもな温泉感には少々欠ける。ぬるぬるツルツルや硫黄臭のようなものはあまり感じられずどちらかといえば沸かし湯に近いドライな感じ。しかし、それも含めての「丁度良い感」だ。

 帰り際、露天で男性が転んで流血!とかで救急車が来てバタバタしている中、ジャガイモとアスパラを〆て330円で購入し、夜はその材料でできるレシピ2種ほどkurasiruで探してチャチャっと調理。

 そういえば、「いろはす」のストロベリー味「あまおう」ってのが温泉の自販機にあって思わず購入。今まで自分の中で1位だったいろはす「桃」が陥落しその座を明け渡した瞬間だった。これは相当美味しい! 早く下界の自販機に降りてこないだろうか。

Img_6497

|

« ホレた看護師さんが言うには・・ | トップページ | 「2018洞爺湖」リタイヤの記録 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤井川村の温泉へ:

« ホレた看護師さんが言うには・・ | トップページ | 「2018洞爺湖」リタイヤの記録 »