« フィンランドの教育改革 | トップページ | 『最終案内』 »

2017.03.03

国道交差点の構造変更に伴い右折方法が変わります

3月3日(金曜日)

 昨日、出張先の札幌からヒートテックをやめました。今日も暖かな春爛漫の一日でしたが、夕方からまた雪もチラつき気温が下がってきましたね。

 さて、右折方法かわりますので、函館近郊の方はご注意ください!

===
該当路線 :
一般国道228号(227号重複路線)

170310_3
該当箇所 :
函館駅前方面(ガス会社前)から上磯市内方面へ向かう(いわゆる上磯線)、 「石田文具」「すき家」のところの交差点を産業道路へ右折する車線 。

変更内容 :
現行は3車線のうち、一番海側の車線は上磯方面への直進、真ん中の車線は産業道路方面への右折または直進、山側の車線は右折専用になっています。

変更後は、直進2車線、右折1車線になります。 (平成29年3月25日から変更)

(例えば、函館駅前から新函館北斗駅に車で向かうとき。この交差点で右折し、道南いさりび鉄道の跨線橋を渡って大野新道へ左折すると思います。さいしょの右折時、いままでは2車線で右折できたのが、25日からは最もセンター寄りの1車線だけが右折車線になります。真ん中の車線は直進のみとなりますので、注意が必要です。)

変更理由 :
現在工事中の臨港線(巴大橋から続き上磯線に平行する一番海沿いの道路)が開通し、この交差点まで繋がります。交差点は今のT字型から十字型になり、交通の流れ方も変わります。 (今は上磯線から産業道路方面へ右折する車が多いため2車右折、今後は同じ交通が臨港線に多く転換し臨港線から直進して産業道路へ向かう車が増加すると予測されています。)

 ※フェリーターミナルから新函館北斗駅方面へ向かう場合などは、今までは最初に上磯線まで出ていたかと思いますが、今後は、臨港線に乗れば直進感覚で大野新道交差点までスムーズに進むことができます。

 

※ただし、工事の関係で経過措置として、3月5日には、その「真ん中車線」は一時的に右折専用車線となります。(結果と全く逆の運用です。ややこしくてすみません) 今は右折直進可能なのですが3月5日からは直進しようとして間違ってこの車線に入っると右折しかできない状態になりますので注意が必要です。

170310_2

170310_1

|

« フィンランドの教育改革 | トップページ | 『最終案内』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国道交差点の構造変更に伴い右折方法が変わります:

« フィンランドの教育改革 | トップページ | 『最終案内』 »