« ボランティア仲間 | トップページ | 家電 »

2017.03.17

くそったれマスゴミ

3月17日(金曜日)
 「共謀罪」あらため「テロ等準備罪」を組織犯罪処罰法に新設する改正案を、ついに公明党が了承してしまった。
 最後の砦と思っていたのに。
 政府は21日にも改正案を閣議決定し今国会に提出の方針だという。

 くそったれマスゴミ、お前ら、いったい何やってんだ!
 くだらんニュースばかりか、素人レベルの内容しかないバラエティ番組ばっかり垂れ流してる暇あるのか?

 あの、「治安維持法」が今また、まさに復活しようとしているのに。
 復活させようとする連中の術中にはまっているというより、何でそんなに興味なさそうなスタンスでいられるの? 何でそんなに他人事なの?

 国民の内面、思想信条に罰則が科されるんだ。恐怖で、恐怖で、恐怖で仕方ないはずなのに。 

 現行法で十分対応可能な取り締まりに加えて新設が必要な理由、全く必要十分な説明されてないだろ。東京オリンピック開催できないから?あほじゃね?

 187の国と地域が締結している「国際組織犯罪防止条約」(※国連加盟国で未締結国は11か国、G7で締結していないのは日本だけ)の仲間入りしたいから?日本の現行法上の罰則でも対応できるって胸張ればいいじゃない。そもそも、何故その条約に入りたいのかの合理的な説明がない。

 あらためて。
 マスゴミは「テロ等準備罪」が必要な理由に関して、政府の国民への説明が全然不足しているってことに、何故突っ込みを入れないんだ。
 「等」の部分(227件)の中に、テロ準備にどう繋がるかわからない“犯罪”がいくつもある。
 政府は一個一個について、合理的な説明をしていない。

 「国際組織犯罪防止条約」では「4年以上の懲役・禁錮を定めている罪」を犯罪とするよう要請していて、当初、対象犯罪は676で作り上げたのを、政府は公明党の意向も踏まえて、「直接テロの手段になり得るもの」に絞るとして227に削減した。このことに簡単に入れられる突っ込み例だけでも、
 アホPoint1⇒人から何か言われて一気に半分以下に減らせる程度のものでしかないことを露呈。
 アホPoint2⇒政府が2005年に閣議決定した「犯罪の内容に応じて選別することは条約上できない」という答弁書との整合が取れていない。

 情報の無い素人でも、こんな突っ込み入れられるのに。 
 
 何故こんな子供だましにもならないくだらない戯言に、日本のアホマスゴミは突っ込みを入れないんだ?世論を喚起しないんだ?

 2015年9月12日に集団的自衛権の行使を容認する法律を強行採決したあの日と同じ悲壮感を、また味わわねばならないのか。
 国民の希望を玉砕する同じ手法の繰り返しで絶望という感覚を麻痺させるのが目的なのか。

 ああ、ああ・・・。

|

« ボランティア仲間 | トップページ | 家電 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: くそったれマスゴミ:

« ボランティア仲間 | トップページ | 家電 »