« ボランティア回避からのGサークル&「誕生会」 | トップページ | 誕生日。 »

2016.10.30

道の玄関 花撤去~夕焼け音楽会

10月30日(日曜日)
 函館市石川町の国道5号沿い、6月の花苗植え以来道行く人の目を楽しませてきた花々の撤去の日が今年もやってきました。

Img_4520_6
 冷たい雨が降ることの多い例年の撤去日ですが、今年は朝方の雨も止み、ちょうど作業時に埃を立てない打ち水程度となり好条件。雨上がり、朝の冷たい空気の中、気持ちよく作業にとりかかれました。

Img_4523
 小学生の頃からボランティアに携わっていた地域の子供さん達がもはや高校生になって、それでもまだ来てくれる。あの頃と同じ作業をお兄ちゃんお姉ちゃんになってもやってくれている。これは本当に喜ばしいことです。

Img_4527

Img_4524
 今回も700人を超える地域の皆さんが集まり、作業開始30分もすると600mの区間のマルチシート、シート止めピン、そして役割を終えた花々が一気にきれいに撤去されました。

Img_4528

Img_4530_2
 作業後はお待ちかね、これも地域の母さん達が仕込んでおいてくださった温かい豚汁をみんなでいただきます。

Img_4531

Img_4532

Img_4534

Img_4535
 こうして夏場のボラは終わりを告げ、もう少ししたら今度は冬場のワックスキャンドルづくりがまた始まるのです。

 ===
 帰宅後、熱いシャワーを浴びたら、夕べ録画しておいた日本シリーズ最終戦を6回くらいからジックリと観て、夕べ観れていなかった胴上げやらインタビューやらの試合後の風景なども堪能しつつあらためて感動に浸り。

 15時を回った頃、七飯町仁山に向けて16:00 Openのイベント「森のカフェで 夕焼けの音楽会」へ。

Img_4538
 会場は「森の丘のcafe 青い空」。ご存じ?my&JennieのJennieさんの家です。今回はアコースティックなライブということで、出演が3グループ。
 
 トップバッター「カワベシンゴ」氏は地元のフォークシンガー。地元色満載の歌詞をド・フォークに乗せ力強く歌い上げる。長渕が桜島を歌うように。彼の小さなお嬢ちゃんが途中ハーモニカを入れてくれたときには、思わず聴衆は皆笑顔に。

Img_4541
 2番バッターは「やまなおと」。亀しょう仲間のひとりであるやまちゃんと、ベースのなおと氏の演奏は渋いブルース。ディランの曲、かまやつの「ゴロワーズ」、オリジナル他数曲。

Img_4543

003
 やまちゃんボーカルもギターもいつもながら安定していて魅力的でよかったけど、なおと氏のリード曲でお客さんも参加させ、ピアノの黒鍵盤だけでアドリブを入れてもらうという参加型コーナーはまたとてもよかったなぁ。ペンタトニックスの不思議を初めて目の当たりで体験。Jennieさんのカホン参加でまた演奏にグッと深みが出て。

004
001

006
 そして取りはTheシンガー迫水秀樹。その声の高音としなやかさと透明感と微妙なな揺らぎに何とも言えない不思議な世界を体験。これはプロです。世界57だか68だかヵ国を投げ銭ライブで周ってきたというその凄まじい経験が歌ににじみ出てる。これもJennieさんのカホンが入り、どんどんと引き込まれました。
Img_4537

Img_4546
 Youtubeにかっこいい動画がありました。↓

 

 夕暮れから漆黒の闇に包まれていく大自然の中のログハウスで、至極の時はゆっくりと流れていきました。
  帰り際には、my&JennieのCDにサインを書いていただき!

Myjennie
 たっぷりと心の栄養を補給できた週末に感謝。 

|

« ボランティア回避からのGサークル&「誕生会」 | トップページ | 誕生日。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 道の玄関 花撤去~夕焼け音楽会:

« ボランティア回避からのGサークル&「誕生会」 | トップページ | 誕生日。 »