« 函館マラソン2016(前編) | トップページ | MRI検査 »

2016.06.26

函館マラソン2016(後編)

6月26日(日曜日)
 空港から志海苔台望洋団地折り返し。この辺から強風に雨がパラパラと混じり徐々に強度を増してくる。ついに来たか。
 根崎への坂を下る前、沿道からfrun札幌・NAOJIさんのエールをいただく。立ってるだけだとさぞかし寒いだろうに。。ありがたい。

 そして湯の川温泉街。地域活動仲間の地元Sさんからお声がけいただき元気をもらう。啄木公園で約21キロを超えた。風雨はますます強いが寒い感じではないのが助かる。前を行く同じようなペースの方を次々に風よけにしながら進む。漁火通り、左やや前方からの風は強く、応援の皆さんの懸命さに敬服。ここでポーチに入れていた唯一のカーボショッツを補給。2016hakodate001_3
 左足裏の痛みがだいぶじくじくしてきたがレースを止めてしまう英断をここで行使するまででもないと判断。

  大森稲荷神社から右折し歩道橋をくぐり松風電停のところを左折、旧東雲線を進み宝来町電停を左折してアップダウンで谷地頭電停の急坂へ。長年ハーフマラソンの序盤で突入し「辛い」というイメージが染みついている難所をこれほど楽に走れている喜び。もちろん、ペースが全然違うこともあるが気が付けば今日はフル25キロ地点を超えている。
 距離をあまり辛く感じていないことも嬉しい誤算。この辺になると左足裏の痛みが半ば麻痺してきているのか、気にならなくなってきた。ポーチの「梅干塩まぶしラップ巻き」を口に入れしょっぺー梅でカリウム補給。手持ちのアクエリアスで流し込む。

 再び来た道を戻る。旧東雲線、エイドのバナナとトマトが嬉しい。大森稲荷を左折して漁火通りへ。28.5キロ過ぎ亀田川沿いへ左折。ハーフのときの最終盤となるラインだ。 ちょっとガス欠気味。緑の島までまだやや距離がある。と、しおれかかりそうな気持に大活を入れてくれパア~っと世の中が明るくなる事件が!そう、29キロ手前、函館マラソン仕様「スペシャル五勝手屋羊羹」エイドの登場だった。

Img_3747
  道南人なら誰でも知っている、あの、尻から押し出すスティック式の!超うめー、幼い頃からの大好き羊羹!上品に糸を使って切ったりしている場合ではない。もう頭からむしゃむしゃとかぶりつく。うめーっ!!!今日のこのタイミングで食うこの羊羹はまた格別に美味い。いいタイミングで出してくれる。泣けるぜ、事務局!&五勝手屋羊羹本舗!!もちろん、パワー再燃。これで緑の島まで行けるぞ!!(食後のパッケージはランパンのポケットに。上の写真がその雄姿!)

2016hakodate002

 そのパワーをもらった勢いで、(実はけっこうヘタレてペースも落ち気味になってはいたが)国道5号・JRをまたぐ跨線橋の急坂を一歩一歩確実に進むことができた。31キロ、巴大橋に入る。向かい風、超強風に雨もついてちょっとした嵐状態だ。しかしそれも冷たくは感じない。むしろややぬるく、気持ちいい。一歩一歩。この先にステキなエイドがある、そう思えば辛くもない。折り返してくるランナーはもう美味しい思いしてきたのかな~ みんなそんな顔もしていないけど。などと考えつつ。

2016hakodate003
  34.9キロ、コース最西端の旧布目前を折り返す。先般の洞爺のように勘違いレースでは「あと7キロ、ここからスパートだ!」とか考えていて、現実には嘔吐感で足が止まる定番の距離。
 風雨が多少穏やかになった印象。結構おなかはすいてきていたが、イーブンを守る意識だけは絶対に切らさないで来た。嘔吐感はない。これだけ濡れているのに得意のモモ痙攣もない。足裏筋痛ももはや麻痺継続。あとが怖そうだ・・・。

 そして36キロ、待ちに待った緑の島!ここのエイドは凄いっ!夕張メロン!漁火がごめ海鮮丼!特製冷やし塩ジュレラーメン!スナッフルズチーズオムレット!函館千秋庵総本家カステラ饅頭!
 函館ならではのスペシャルメニュー勢ぞろいだ。このためにここまで頑張ってきたといっていい。

Img_3732
 とにかく、それぞれ美味しいエイドをむさぼるようにほおばり食べる。足を止めて、味わう。写真撮影する。すっかり落ち着いて5分くらい居たような気がする。大満足だ。そして泣けてきた。
 35キロ地点でエイドを口にできるレースはあまりない。必ず胃をやられ、吐き気がやってきている距離なのだ。レース前はここで食べれるかどうか不安があったが、今日はイーブン意識を絶対的に守ってきた甲斐があった。美味しくいただけた。

Img_3734
 そして、もちろんそのおいしさは最後の7キロを走り切るエネルギーに変わって行った。ここでたくさん食べれたってことは、最後まで吐き気が来ない。ということはバカな気を起こさずイーブンでゆっくり行けば必ずゴールできる。確信した。

Img_3735
 折り返し、BAYエリア金森倉庫群へ向かう。途中frunこうめさんと3度目のすれ違いエールを交わす。こうめさん、相当調子良さそう。淡々と走ってる。勇気と刺激をもらう。
 巴大橋は追い風で楽ちん。ここでfrun札幌YANCOさんとすれ違い、お互いエールを交わす。もう少しで美味しいエイドが待ってるよ!と心で叫ぶ。

 巴大橋を終え、ターンして跨道橋に入るところで40キロ関門。えっ?もう40キロなんだ。
冷静に考えたら、かつての北海道マラソン完走確約距離じゃん。あとはビクトリーロード、すすき野を通り中島公園へゴールするだけ! の地点じゃん。勝った。しかも体調は全然いい。

 高砂通りへ左折。沿道の応援が益々大きい。みんな大好き!!函館最高!!!足取りも軽く、明らかにラップも上がってくる。いつものゴール前食いしばるような悲壮感は皆無!最高の気分でスタジアムのゲートをくぐると鮮やかなトラック上、ゴールは目の前だ。 
 一昨年まではあとトラック一周があれほど恨めしかったのに、今日はむしろゆっくりあと一周味わいたかったくらい。いや、一周あったら泣いていたかもしれないから、これでいいか。

Img_3737_2

Img_3738
  ゴール。 公式タイム3時間52分21秒(ネット3時間50分24秒)。

 これだけ楽に、楽しく走って、地獄の終盤だった今年の洞爺より5分も速い。レースはこうじゃなきゃ、って去年も言ってたはずなのに。つい色気を出してバカな展開に走ってしまう。何年レースを走ってもだ。とりあえず、吐き気も決定的な痙攣や痛みも出なかった身体に感謝。

Img_3739

Photo
 そして函館、グッジョブ!!
 大会関係者、事務局・警備・ボランティアそして応援の皆さん。寒い中、本当にありがとうございました。感謝・感激です。初のフルマラソン大会をここまで充実させ、成功に導いた努力はいかばかりだったことか。皆様に最大級の敬意を表します。

 道南人として、函館マラソンの成功を誇りに思います。ありがとうございました。

Splits001_2

Splits002_2

Splits003_2

↓後日の北海道新聞道南版夕刊 別冊「みなみ風」から

Img_3742
 ハーフの方々も陸上競技場でこんなに夕張メロンたべれたんだ!の図など。これはこれでうらやましい・・・。

 

 

|

« 函館マラソン2016(前編) | トップページ | MRI検査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 函館マラソン2016(後編):

« 函館マラソン2016(前編) | トップページ | MRI検査 »