« 『地球さいごの日』 | トップページ | run&G.サークル »

2015.05.03

マッキー より Lanai

5月3日(日曜日)
午前中のうち函館山への往復LSD

Img_2201

Img_2202

 今日のトピックはなんと言っても「マッキー」
 ヒョンなことから、特別ファンでもないマッキーのコンサートにいくこととなった。
 25周年記念ツアーで函館市民会館は12年ぶりとのこと。

 確かに、学生時代の終わり頃から社会人、そして所帯持になるくらいまではどんな場所でもメディアでもよく耳にしたものだ。特にスキー場ゲレンデでのBGMは広瀬香美かユーミンかマッキーかという時代が長く続いた。

 そんなこともあり、曲を録音したカセットテープも、もちろんCDも1枚も持っていなくても、レンタルしたことさえなくても、ヒット曲や、「世界に一つだけの花」を始めとする他のアーティストに提供して大ヒットした楽曲などは馴染みがあるつもり。

Img_2204

Img_2205
 
 今日のコンサートはいきなり冒頭、幕が上がったとたんに会場総立ち。
 いやいや、こっちはそんなテンションで来てないから…とも言ってられない。
 なんせ「の」列、座っていては前が見えないからお付き合いするしかない。

 曲はノリノリ。
 槇原敬之の曲は、どれをとってもキャッチーで馴染み易く不快感がない。素晴らしい才能だ。さすが。45歳を過ぎても相変わらず伸びのある声、うまい。
 MCも地元関西系のノリで、ラッピ、ハセスト、スタバ、イカール星人…函館地元ネタ中心に客と対話しながら観衆を退屈させない進行。

 期待していなかった分、いい意味で裏切られた。

 途中、ノリノリ系からバラード系に移行しても立って聴いている連中には付き合っっていられず、勝手に座っって音だけ聴いていた。
 達郎みたいに、まあどうぞお座りください…と素直に言ってくれれば勘違い連中も気づきやすいと思うのだが、そこの配慮はたったの一度しかなかった。もうこっちはその時は座っていたわけだが。

 困ったのは、手で、腕全体で表現する曲特有のアクションや独特の手拍子を会場全体がやりはじめたとき。ま、そんなのに同調する自分は到底許せないため、ほうっておいたのはいうまでもないが。
 ファン倶楽部か?最前列のアクション全開の娘さん達は、まあ、良くマスターしていて会場全体を引っ張る引っ張る。

 席がステージ向かってほぼ左端だったこともあるからか、曲によっては、というよりほぼ大体の曲で演奏の音が大きいバランスのPAであり、歌詞がよく聴きとれなかったのは少し残念。

 そんなこんなはありながら、知っている曲が、アンコールの一番最後の曲たった一曲「どんなときも」だけだったとしても、総じてまあ良いライヴだった。

生はいいよね!

===============

 生といえば、そのあと食事を兼ねてお邪魔した「Lanai亀しょう」。
 マスターがコツコツと改造したスタジオ的なスペースが今日できたばかりということで最高の音質、癒しの空間で2時前まで、心の芯まで癒される素敵な演奏の数々と、個人的な反復練習時間(ご迷惑おかけし、すみませんでした!)も含めマッタリと過ごさせていただいた。

 もちろん、腹ぺこにズシンとくるボリュームのハワイアンロコパスタは抜群の美味。今度は大評判のパンケーキもいただかないとなあ。

Img_2206_2

 まあ、マッキーというよりは自分的には完全にLANAI記念日となりました(^-^)

|

« 『地球さいごの日』 | トップページ | run&G.サークル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マッキー より Lanai:

« 『地球さいごの日』 | トップページ | run&G.サークル »