« 平和主義と立憲主義の崩壊? | トップページ | 空も飛べるはず »

2014.05.25

第2回五稜郭バル

5月25日(日曜日)
 五稜郭のバルは第2回目にして初参戦。
 今回はいつもの飲み仲間3名+Newメンバー(仲間の友人)と自分の計5名で。
 前売りチケット3,500円(5枚綴り)を事前に用意していてくれた仲間に感謝である。

 集合場所ホテルテトラへの道すがら、亀しょう前でLive準備中のマスターが中からでてきてくれおしゃべりしていると、シーニック折谷さんが現れ亀しょう常連とマスターの3人で談笑。
 

 テトラには仲間中で一番に到着したが、勝手がわからず入り口でひたすら皆の到着を待つ。
 やがて集まった仲間とホールに入り、手首に巻く色テープをもらい、100円で振る舞い酒をいただく。
002_bandmap_5
 色テープ。5色の中から参加者が自由に選べる。複数も可。自分のスタンスをPRするためのツール。
黄:町並みを楽しみながら散策したい
青:新しいお店を新発見したい
緑:美味しい食べ物を味わいたい
白:お酒を楽しみたい
赤:ワイワイ気軽に友達を増やしたい

 自分は黄色を選択。

 ホールのざわついた若々しい雰囲気、祭りの始まり感。ワクワクが増幅。。しかし、体調は今一。。。001_tetra_2
 午前から昼過ぎにかけ35キロ走をしてまもなく出てきたため、正直疲労困憊していて、情けないが振る舞い酒はとりあえずウーロン茶にしておく。先が思いやられる。

 16:30頃ホテルを出発。まだ日は高く初夏の日差し、ビールが恋しい気候といえる。

 まずは近場でコストパフォーマンスのよさそうなすし店を狙った。

1軒目「鮨和処 つかさ」003_tsukasa_3
 時間が早いからか、まだ店内はすいていて座敷のテーブルにつき、少しゆっくりできそうな気配。004_tsukasa
 やがて見事な寿司が並ぶ。見た目の姿も美しいが、超うまい。回らない寿司は記憶にないほど久々だがこれほど旨い寿司は食べたことがないほど旨い。もちろん、ビールも旨い。上々の出だしだ。005_tsukasa
2軒目「鉄板居酒屋 きりんじ」(玉光堂裏手)

006_kirinji_3007_kirinji まず、店の雰囲気が素敵。隠れ家的つくり。メニューもなかなかいい。この店は少人数飲み会で有効に使えそう!
 今日の料理も上々。フローズンビールがまたすばらしい。いい飲み屋を見つけてしまった。
 五稜郭バル、いいじゃない!! すでにかなり酔いがまわってきている。

008_kirinji

009_kirinji
010_kirinji_2
3軒目「和食居酒屋 醍醐」(法華クラブ2本裏手)
011_daigo
 何となく和食で攻める昼バル。ここでもビールをいただく。
 ピンチョス(料理)の記憶がだんだんなくなってくる。写真をみて思い出す。ああ、美味しかった、ここも。012_daigo
013_daigo
 4軒目は「寿々半」の牛肉ステーキを目指すという段取りだった。ミスド側から北洋銀行側へ交差点を渡る。ベルクラあたりから中へ入るのかなと思い前へ行く女性陣についていくと、あれあれ?高砂通り交点まで行くぞ??あれ??右折した?ぜんぜん違う方向だ。
 ・・・と思ったらテトラでもう一冊チケットを買うのだそうな。。。あたしゃ5軒で帰るよ、今日は。。
 で、大移動で南エリアへ行動範囲を伸ばす。
 「寿々半」は劇込み長蛇の列。ここは後回しにしてと。

4軒目「活魚料理 いか清」(中央病院電停前)016_ikasei
 南エリア、まずはここ。言わずと知れた函館を代表する活魚料理店の一つ。ここの料理がまた最高に美味しかった。

017_ikasei_2
 チーズと寿司。おしゃれで見た目もかっこいい。酔いもぐるぐる。ちょっとだけ長居しながら料理を楽しむ。
 なんだか今のところ、全体的に西部地区バルより料理がいいぞ。五稜郭バル。


 
5軒目「そば居酒屋 ふでむら」(スターパレスビル近く)
 さあ、ついに最後だ。酔いも回り、ちょうど限界がきている。個人的に「寿々半」は今回あきらめる。018_fudemura
 そば系2品と肉系1品の計3品。わさびをたっぷり入れていただく。飲み物は芋焼酎。
 極上の味わいだ。そば屋のそばだもの、旨いわ。ぐらぐら酔いながら、五稜郭バルに参戦できた喜びがどんどん増幅し至福の心地よさでバルを終えられる。

・・・と思ったのに・・・
NASAに連行される宇宙人のように、半拉致状態で・・・

6軒目「寿々半(すずはん)」020_suzuhan
 不本意ながら、付いてきてしまった。。
 5軒目までの和食しばりはここでおしまい。とばりが落ちはじめ、店前の行列、知らない客同士の会話も陽気にはずむ。
 並びながら仲間が持ってきた缶チューハイをもらい、よせばいいのにググっと空ける。
 もう、理性が飛んでいる。
 やっと入れた店内。席のレイアウトは正直覚えていないが、食べやすく切ってあるステーキの柔らかさ、ジューシーさははっきりと残っている。極上の牛肉。写真を見るとワインを飲んでるんだな。しょーもなし。
021_suzuhan

7軒目「アジアンダイニング チェーズ」(いか清並び数件南側)
 完全に記憶が途切れ途切れ。両脇を抱えられながら、引きずられるように入った店。
 料理にボリュームがあったことは覚えているが、味は残念ながら記憶なし。
022_cheez

 最後はタクシーに押し込められ、昏睡。気づくと家のすぐ近くまできていた。危ない危ない。

 
 でも。よかった。
 最高のバルだった。

          * * *

去年の5月25日 休日当番で岩内滞在
去年の5月19日 2013洞爺湖マラソン

|

« 平和主義と立憲主義の崩壊? | トップページ | 空も飛べるはず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第2回五稜郭バル:

« 平和主義と立憲主義の崩壊? | トップページ | 空も飛べるはず »