« 事故を無くすために | トップページ | 大学入試制度改革 »

2014.01.16

アベノミクスに期待

1月16日(木)
 アベノミクス、大嫌い。生理的にキライ。嫌いなんだから仕方ない。

          * * *

 給料明細と共に源泉徴収書がついてきた日。
 一年前に貰って携帯していたものと比較すると約20万円下がっていた。

 仕事内容的には自己評価だが去年一年と比較して遜色あるものだったとは思えない。
 公務員は個人の売り上げ成績が具体的に出る職業ではないが、その代わりとなる人事評価(自分で決めた目標値への達成度や当該ポストとしての能力発揮状況の評価)結果も成績が落ちたわけではない。

 部下数を理不尽に減らされ、仕事のボリュームや難易度はむしろ増加している。
 それでいて、給料が下がる。
 詳しくは知らないし知りたくもないが、震災復興のために給料の10%が一律差し引かれているその影響か。(震災復興支援の体系自体は大いに賞賛したいが)
 一般職から管理職になったとき100万円下がったのに比較すればまだましだが、何だかんだ言って努力が報われない世界。

 それなら民間企業に就職したり、商売人になれば良かっただろうと言われると身も蓋も無い。そういう個人的なことを問題にしたいのではない。
  
 せめて努力や工夫が成果として現れた分だけ報酬として支払われるようなしくみになっていないと、個人単位の仕事のモチベーションが上がらず、結果的に企業としての進歩が望めないのではないか。
 会社としてそういうことでいいのだろうか、という単純な疑問。

 来年の源泉徴収はアベノミクス効果でどれだけUPしているだろうか。またはせめて現状維持か。

 大いに期待してみたい。

|

« 事故を無くすために | トップページ | 大学入試制度改革 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アベノミクスに期待:

« 事故を無くすために | トップページ | 大学入試制度改革 »