« 2020年東京五輪 | トップページ | 亀しょうで打ち合わせ »

2013.09.10

岩内はしご酒2013

9月10日(火曜日)
 今年も来ました、はしご酒。まさか、3回も参加出来るなんて去年の今頃は思ってもみなかった。
 女性3名の班に入って参加した昨年から打って変わって、今回は若手♂陣の班に混じった形。 それはそれで気楽でいい。天候も寒くも暑くもなく丁度良い。
 岩内はしご酒は、前売り3千円のチケットで5件の登録店を回ることができる。料理1品とドリンク1杯はバル街など各地の同様なイベントと同じ。
 会場ではスタートまでに振る舞い酒(缶ビール、チューハイなど)が無料で配布され雰囲気を盛り上げる。
 受付でチケットと交換するのはA~Eのコース(いずれか)と店のはんこを押す欄が入ったMAPだ。それぞれのコース図には既に回れる店が決まっていて、それでもう回る店が決まってしまう。店が偏らないための配慮なのだろう。
 グループの場合、例えば我が職場では人数が多いて3班に分けて回るのだが受付で3種類のコースで欲しいとお願いするとAコース3枚、B3枚、C4枚と班員数毎に3つのコースを提供してくれる。
 特徴的なのは時間が7~9時と決められ、9時には集合場所へ参加者が戻り抽選会が始まる。商品は何と現金!
 始めに貰ったMAPにナンバリングがしてあり、ステージでは数字が読み上げられる。
 例年は1等5万円1本から3万円3本、1万円6本、5千円10本。加えて今回は第10回記念ということで10万円1本が追加された。結構羽振りがいい。
 当然ながら、今年も当たらなかった(涙)。ちなみに今年の参加者は4千人オーバーだったそう。
 岩内にこれほどの若者が居るのか。お祭り以来の実感だ。
 そして最後には、これもMAPに印刷がしてある「A賞」「B賞」・・・・によって全員参加賞品が貰えるという特典つき。今年はいわない名物のおやき「たら丸焼き」3つとの交換券 とほほ。
さて  
 今回、我が班は スナックX、あづま鮨、スナック銀の靴、赤ちょうちん、スナック仲の順で
順調に回れた。最後、「仲」では会場まで近いため時間調整の客がなかなか出てこず、残り3分ほどではんこだけもらって会場へ向かおうかと観念したが若干時間超過しながらも一瞬だけ入店し、しっかり飲み物とピンチョスをもらって出てこられた。
 振る舞い酒含めると6杯以上飲んでいることになり、最後はグルグル目が回り早々に帰寮。若者は当然のように、そのあと2次会、3次会と盛り上がったようだ。

         * * *
去年の9月9日 道ですれ違うひと。

|

« 2020年東京五輪 | トップページ | 亀しょうで打ち合わせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岩内はしご酒2013:

« 2020年東京五輪 | トップページ | 亀しょうで打ち合わせ »