« ふにゃふにゃ指先痛し | トップページ | お願いだから、意見を持って。 »

2013.05.06

18時過ぎ、やっと太陽が

5月6日(月曜日)振替休日
  朝から結構な勢いで雨。昼を過ぎる頃小降りとなりほぼ止んできた。
 午前は仕方ないので読みかけて止まっていた
「藤沢周平--負を生きる物語」(著:高橋敏夫/集英社新書)
を完読。
 お昼にはスパを茹で明太子のタレでまぶして食し、13時過ぎからrunに出る。

 今日のポイント練習は「指南書」のメニューから少し外れるが、ここでロングをある程度の強度で走って身体を慣らしておくことが必要と判断し、キロ5分ペースでの30キロ走にした。

 国道276号を共和町役場前経由で国富三叉路交差点。ここはきつい縦断勾配の連続で全体としても峠へ向かう登り基調。しかも比較的強い向かい風。
 ここでへこたれては後半戦のスピードダウンでキロ5分イーブン保てないと考え、4分40秒~50秒で走って貯金を作る。結構心臓ばくばくできつかった約11キロ区間。折り返して国道229号へ抜ける道道へ右折。ここは峠の下りから平坦で追い風気味のため同じくらいのスピードを保つ。
 国道229号へ出ると22キロ地点。ここからが結構足にきてるし体力も徐々に奪われているのを感じ出す。一生懸命進んでもキロ5分を切ることができない。5分20秒、27秒あたりも出始める。

 25キロ走に変更しようか、と弱気の虫も出始めたが、25キロ地点で昨日走った区間に到達し「あと5キロか」と少し気力が復活。何とかなるかな・・・・と考え直した。
 何とか最後は道の駅くらいで30キロに到達すれば急な「ラッキー坂」を走らず終われるかなと、旧フェリー埠頭の広いところを利用して距離を調節したつもりが、若干の誤差が生じ、まさに最後の最後一番きついところで「ラッキー坂」を登る羽目に・・・。

 最後は5分42秒まで落ちて坂を登り切り、少し行って何とかRunkeeperが30キロのアナウンス。
 極楽のゴールだ。やはり追い風傾向だったのに20キロ以降の落ち込み。トータルできっちりキロ5分。前半若干ペース上げておいて正解だった。
 本来は30キロ通して全部キロ5分が望ましいが、風や坂があるとやはり計算が難しい。

130506_run

 ゆっくり風呂に浸かってマッサージしたが、あがってからが大変。
 シーズン始めのロングでいつも発生する低血糖でダウン。ヨーグルトに砂糖をまぶしてバナナと一緒に食し、2時間ほど横になり吐き気が去るのを待った。

 そのご、コンビニに甘いものの買い出しへ出かける18時過ぎ。お日様が久々に顔を出し、まだ夕暮れ前の西の空を明るくまぶしく照らす。春のそよ風。
 まさに極楽気分だ。夏の夕暮れ前の静かな雰囲気にも似て、大好きな地球のワンカット。

 今週は次のポイント練習まで60キロの「疲労抜きrun」となるが、一日10キロもキロ7分で走るのは厳しいことは明らか。まあ、目標値だし。ぼちぼち走りますか。。

          * * *

去年の5月6日 風薫る 原発最期の日 

|

« ふにゃふにゃ指先痛し | トップページ | お願いだから、意見を持って。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 18時過ぎ、やっと太陽が:

« ふにゃふにゃ指先痛し | トップページ | お願いだから、意見を持って。 »