« Gibson J-160E デビュー | トップページ | ロンドンでの柔道 »

2012.07.29

「あい」での演奏会

7月29日(日曜日)
 今朝も早朝から猛暑; 6時半にrunに出たものの、11時過ぎには美原へ向けて出発しなければならないことを考えると30キロ超え走は早々に断念。
 新幹線軌道建設現場まで行って折り返す15キロのrunにとどめたが、汗が爆発的に流れ落ち疲労は激しい。体重もここ数年での最低値を記録。

          * * *

020美原の老人ホーム「あい」は道路を挟んで渡島振興局の向かいにあるスーパーの裏手にあった。ホームのお祭りとのことで、手作りの屋台や老婆yosakoiソーランの踊り披露など暑い中、正面駐車場ではすこぶる賑やかだ。
 我々尺八愛好会の演奏は、施設の中にある食堂兼広間で行われる。
  
 到着するとすでに師匠の面々は器材セットも終えていて自分の楽器の音合わせをすればほぼ完了の状態となっており・・025
 迷い道の時間がなければ・・と下調べの不調を反省。

 13時過ぎにまた今日も民謡や尺八の演奏、尺八とGuiterのコラボ、単独弾き語り等が始まった。

 今日は 歌と尺八による「こきりこ節」、「四季の歌」のバック、単独弾き語りは「涙そうそう」、最後にアンコールで「ソーラン節」のバックという出番だった。

027練習時間の割にはまあまあ出来たが、まだまだまだまだ。精進精進である。

           * * *

 終了後に連れていって頂いた北美原のジャズ喫茶「リヨン」。初めてだったが、店内の雰囲気が素晴らしくよかった。
 和風の欄間。ウッドベース、ドラムセット、トランペットなどのジャズ器材。和洋折衷の舞台にコーヒーの香り。必ずまた来たいと思える空気感。

          * * *

029 その後、虫の衝突痕とドロで汚れたMyCarを洗車場で洗い、その勢いで伸び放題になっていた畑の雑草とり。終わると18時近い。汗だくになりながら家に入りシャワーを浴びるとくたくたである。
 疲れすぎ。夜になってもなかなか いつものような眠気が襲ってこない。明日は早朝に岩内へ戻らねばならないというのに眠れない。

 夜になっても家の中は暑く、一番広いベランダの窓を全開にして網戸の風を入れる。外気は少し涼しさが戻っている。
034

0391

041

|

« Gibson J-160E デビュー | トップページ | ロンドンでの柔道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「あい」での演奏会:

« Gibson J-160E デビュー | トップページ | ロンドンでの柔道 »