« 108フレンドリーコンサート@函館芸術ホール | トップページ | 睡眠1時間で人間ドック; »

2012.07.07

岩内神社祭 餅つき・夜店

7月7日(土曜日) 
2012_019 今年はうまい具合に週末にあたってくれた。しかも丁度休日当番で岩内滞在の土日。
 ということで、境内での餅つきの始めから参加!

 お祭り初日、夜に入ると歴史と伝統を感じさせる荘厳な神楽、獅子舞などの演舞が神社の舞台で披露され、その後20時半頃からはその舞台からの餅撒きで最高の盛り上がりを見せる。(詳細は「しりべしiネット」の記事で!→岩内神社例大祭

 その餅を、13時半頃から古式ゆかしい方法、いわゆる臼と杵でひたすら製造していく。  伝統的に当事務所がそのお手伝いをすることになっているのである。去年は平日だったため一部の若者が午後休を取り協力、こちらが勤務後2012_005_2に合流する頃には餅つきはほぼ終わっていた。

 朝から晴天の本日、ジリジリと暑い日射しの中、境内の木陰で休んだり町内のおじさんたちとふれ合いながら、餅米が蒸し上がるたびに2つの臼で一気についていく。米がまとまって炊けるのが3回あり、17時過ぎまでの長丁場に1部、2部、3部と集中餅つきタイムがやってくる。
 初めの頃は若手に任せビール片手に冷やかし応援に徹していたが、そのうち若手もバテてくるとこちらも一肌脱がざるを得なくなる。後半戦は出ずっぱりで一人おきくらいに交代要員としてつかせてもらった。

 餅つきは、つくこと自体よりその前段の杵で蒸し上がった餅米をこねて潰す作業が一番こたえる。その作業でほぼ米粒が潰れ、餅に近い状態にするのだがこれで体力の8割方P7071023を使い果たす。特に紅い餅用のがなかなか粒が無くならず、大変。

 徐々に乳酸が蓄積し、汗が噴き出し、手のひらには豆の前兆でヒリヒリが強くなってゆき、体力が奪われ、回復も遅くなってくる。
 ローテーションの時間がどんどん短くなり、何度も自分の番が回ってくる。総力戦である。
 次の米が蒸し上がるまでの休憩時間、ビールをいただきながら地元のおじさん達とのおしゃべりタイムが極楽に感じる。

2012_013 若手の中には手のひらに大きな豆が実際に出来て潰れた者もいた。それでも悲壮な表情さえ浮かべず、淡々と餅をつく。
 ついに最後のひと臼がつき上がる頃には、いつの間にか境内には大勢の人が集まっていた。

  ささっと後片づけし、より多くの群衆を受け入れるスペースを作る。あとは演舞から始まる荘厳な時間を待つだけだ。
2012_015
 19時を過ぎてもなかなか始まる気配がないため、個人的に方針転換。去年見ることができなかった夜店群巡りをすることにした。
 (荘厳な神楽、獅子舞などの様子は去年のお祭りの記事で!→ 「2011年岩内神社お祭り記事」

  もの凄い数の夜店。函館の亀田八幡神社のお祭りも結構な店の数があるが、あれに匹敵するか、いやもっと多いかも知れないくらいの賑わい。歩く人々の数も、岩内にこんなに居たのかと思うほど。特に若い人達の意外な多さには驚く。
 定番のお面、綿飴、たこ焼き、おでん、お好み焼き、フランクフルト、おもちゃ、型抜き、金魚すくい、射的、ピンボール・・・。バイク小屋もある。
 雑踏のざわめき、人々の笑顔、香ばしい香り、平和な夏の夜。お祭りの醍醐味。
  
 餅撒きまでに境内に戻ろうかと思っていたが、疲れもあり、広島風お好み焼き500円を買って寮に戻った。

P7071086_4

P7071073_2 P7071024_2 P7071105 P7071123 P7071133 P7071151 P7081245 P7081268

2012_020

2012_021

2012_022

          * * *

 午前中に戻って。
 当番で岩内滞在の週末の朝。7時過ぎに出走し約32キロのLSD。既に直射日光が照りつける夏の空だったが、風が涼しげで暑い感じではない。
 しかし10キロほど走り山間部へ入ると徐々に風も少なくなり太陽も厳しさを増す。鳥の声だけが涼しさを醸し出す。
 R276とR5号が交わる国富三叉路交差点を折り返してR229号の海岸線へ向かう道道へ入るとまた少し風が感じられるようになった。

 道道へ入って間もなく、携帯に交通事故発生の連絡。幸い軽微な事故とのことで報告処理を指示しrun再開。これだから当番は携帯を離すことができない。
 そんなこんなでR229号にたどり着く頃はもうバテバテ。補給用ゼリー飲料も今日は非力に感じエネルギー切れ症状も出てきた。
あとは走ったり停まったり。旧フェリー埠頭のトイレで頭から水をかぶり、ペットボトルに水を補給。あとは最後のひと踏ん張りだ。
 漁港沿いに野束へ抜けまたR229号を横断し役場前・郵便局前を通過、坂の途中、神社の付近では既に夜店が建ち並び始め、浴衣姿の若い子達が賑やかに歩いている。
そう、今日は岩内神社のお祭りだ。
 サツドラ前、セイコーマート前通過、そしてゴール。やはり夏のロングは、厳しい。

 真夏ロング後の体調不良が発生。経験的に、吐き気の中、なんとか無理にでもご飯をお腹へ詰め込み、横になって回復を待った。
 神社へ向け出発する13時過ぎには何とかギリギリ回復。餅つきに間に合った。

          * * *

 餅つき中、スポーツドリンク1本、缶ビール4本飲んでもトイレに行きたいとも思わなかった。出た水分がきっちりと全部身体に補充されたようだ・・・。

          * * *

去年の7月7日 岩内神社例大祭
去年の7月4日 大量の決裁文書と未読メール
去年の7月3日 東京あれこれ
去年の7月2日 暑い東京での1週間

|

« 108フレンドリーコンサート@函館芸術ホール | トップページ | 睡眠1時間で人間ドック; »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岩内神社祭 餅つき・夜店:

« 108フレンドリーコンサート@函館芸術ホール | トップページ | 睡眠1時間で人間ドック; »