« 尺八演奏会@芸術ホール | トップページ | 明日は啓蟄 膨らむ蕾 »

2012.03.03

run&ギターな週末

3月5日(土曜日)
120226__001 住宅地では大雪の爪痕が生々しく残るものの、幹線道路は完全に路面が顔を出し日中暖かい日射しが注がれた道南。路地の轍、強烈な氷がいびつに凸凹として頑張り、車の運転は相当難儀な状態になっている。
 自宅近くの小路には市の排雪作業がやっと入ったらしく、高く垂直に切り立った雪が塀のように家々を囲む。

120226__002 昨日土曜の朝は8時半に晴れた空の下に飛び出した。気温は低く吐く息は白く。
 先週末にも増して乱れた状態の歩道を滑って転ばないことだけを心がけ、五稜郭公園へ。
 お堀の周り遊歩道の雪は先週とほぼ変わらず圧雪状態で、日陰は氷に近いツルツル路面で極端に走りづらく、日向では表面がほんの少しサクサクで走りやすい。家から4キロ、お堀周りを7周。今回もハーフの距離でゆっくりペースの練習。

  120226__003先週からほとんどひかないふくらはぎ下部の筋肉痛が、途中でさらに酷くなり、痛さの余り1周1.8キロを11分台がやっとという状況。
 家までの帰りの4キロは、激痛に耐えつつ、騙しだましやっと前へ進むという情けなさ。変にかばうこともあり、終盤はモモの筋肉が攣りそうになる。

 シャワー後、ファイターズの札幌ドームオープン戦(VSヤクルト 先発斉藤)見ながら 相当念入りに筋肉マッサージして湿布を貼るとウソのように痛みが改善された。先週もマッサージしておくべきだったのだ。

 途中で思うところあり、昭和タウンプラザの書店へ。書店はいい。散歩コースに最適だと思う。

 夕食後の19時45分、冷えた薄闇に飛び出すと、歩いて本町へ向かった。全然普通に歩けることの喜ばしいことよ。昼間走った歩道とほぼ同じコースを歩く。夜道でも要注意箇所判り安定。

 体は汗ばむが、暑くて帽子をとって歩くと耳先が冷たく凍る。亀しょうへ到着したのは丁度1時間後。
 
 今宵は、昨晩の企画モノイベントの翌日だったため、最悪は店が開いていない可能性も想定し、その場合は往復2時間のウォーキング筋トレの位置づけにする覚悟はあったが、有り難いことに開いていた。

 ゆっくり、たくさん、マスターとママさんと途中アンティコマスターとお話させていただきながら、いつもはやらない珍しいところから「マキシーの手紙」とか、「イムジン川」とか、味のある、メロディーがきれいな曲をマスターと演奏させていただく。
 ママの「海を見ていた午後」も凄く良かった。
 
 中でも今日の収穫の一つは 南こうせつ の歌のすてきさにあらためて出逢えたこと。

 『海と君と愛の唄』は特に爽やかできれいな曲。
 カポなしkeyCで声域もギリギリ合っている。これは何度も何度もギブソンの惚れ惚れするような素敵な音を借りつつ、マスターにハモっていただきつつ練習させていただき、最後はコード譜歌詞カードまで頂いてしまった。次回まで、きちんとできるように練習する所存。

          * * *

去年の3月2日 JAL JAL
去年の3月1日 東京スカイツリー、世界一に
去年の2月28日 素数が好き(*^-^*)
去年の2月27日 これが感動の走りだ!

|

« 尺八演奏会@芸術ホール | トップページ | 明日は啓蟄 膨らむ蕾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: run&ギターな週末:

« 尺八演奏会@芸術ホール | トップページ | 明日は啓蟄 膨らむ蕾 »