« 冬フェスキャンドル作り | トップページ | ワックスキャンドルⅢ »

2012.01.21

五稜郭キャンドルづくりⅡ

Dscf17631月21日(土曜日)
 シーズン2回目の参加となった今回は「牛乳パック密封隊」に入隊しました。

Pack

 「入れ入れ隊」が上開いた牛乳パックにドロドロに溶けたワックスをしゃもじで入れます。その口をガムテープで厳重に密封する。
 ひたすら密封する。次から次へとやってくるパックを流れ作業で密封し、列んで待っているお客様にお渡しする。時間勝負でもあります。

Dscf1765 【右写真はワックス注入ガイドラインを一本一本マジックで「書き込み隊」の作業状況】
 
 参加していただくご来場の皆さんは、このあとワックスを均等な厚さに仕上げるべく、コロコログルグルパックを回しながら冷却する作業を行います。室内で20分ほど。しばれた屋外なら10分もかかりません。しかし、グルグルさせたときに牛乳パックの口からワックスが漏れ出ようものなら、大変なことになります。衣服に付いたワックスはほとんどキレイには取れないのです。

Dscf1768 賠償責任事件に発展させないためにも、実はこの「密封隊」の作業は非常に神経を使うのです。素早く、正確に、が求められるスキルです。

 そして、カウンターに立つ形となっているため、「初めてなんですが・・」といらっしゃるビギナーのお客様には簡潔明瞭に作業の手Dscf1769順をご説明したり、「このくらいでいいですか?」とパック内ワックスの固まり状況判断を仰ぐ方には適切な感覚を伝授したりと、コミュニケーション能力も大切になってきます。

Dscf1770 説明に慣れてきた頃、「こんな調子で英語の説明ができたらカッコイイっすよね~来年は英語でやってみようかな」なんて冗談言ってたら“同僚”のおばちゃんから「えっ、来年?何で今年じゃないのかい」と突っ込みが入り。確かになぁ。去年も、一昨年も、この時期になると国際語を喋られない自分を呪い、来年こそは!って誓ってるような気がする・・・(汗)

Dscf1771

 ところで、ワックスが密封された牛乳パックを回しながら、「これは持ち帰りできないのですか?」「家でも作りたいのですが、どうやれば?」、「ワックスの材料は譲ってもらえないの?」 こうした積極的な嬉しいご質問を何件か今日は頂きました。
 ワックスまみれになってもいい道具調達の大変さをお伝えしますが、一番の問題はワックス材料でしょうか。

Dscf1772

 単に市販のロウソクを溶かせばいいというものではありません。
 ロウソクを溶かして固めるだけだと、ワックスのフレームの中にロウソクを立て、火を灯した途端に、フレーム自体も熱で溶けてしまいます。
Dscf1773 ここで使っている材料は、ワックスは環境に優しい性質のもの。それにパラフィンという材料を適量ブレンドさせ、簡単には熱で溶けないワックスフレームとしているのがミソなのであります。
 市販されていないこともないでしょう。しかし、なかなか個人ではコストパフォーマンス的に辛いかも知れない、というのが本音です。 【写真右上は、「密封隊」の段取り作業『ガムテープの作り置き』】

Dscf1775Dscf1776 ただ、自分でもやってみたい、というセリフは去年まではあまり聞いた記憶が無く、嬉しい方向に進んでいるのを感じ、この活動に関わってきて良かったとあらためて感じたことでありました。

 お昼はまたもや活動団体代表である折谷さんの手作り料理に舌鼓をうちました。温かくて美味しい~。アトリウム舞台裏の2階賄いルームは極楽でありました。

Dscf1777

Dscf1778

Dscf1780






          * * *

 さて、先週は2千個までいかなかったらしく、今日は午後もずっといて完成品の数稼ぎにご協力したい思いもありましたが、今日も午後は尺八稽古。芸術ホールでの発表会に向けて、自分は「上を向いて歩こう」の特訓の時間になります。

Dscf1782 今日はあの、函館を代表するJazzBigBand 「Vest」 の鍵盤奏者「KOERI」氏も参加し、キーボードにて伴奏を入れてくれました。
 「上を向いて歩こう」のほか、師匠達とのコラボによる「ロミオとジュリエット」やソロでの「Fly Me To The Moon」など、Jazz色たっぷりにPlayし、そのあまりのかっこよさにモチベーションが格段にアップしたところです。
 ソロは、なんだか、ホテルのラウンジで静かに流れるピアノ生演奏みたい。そりゃ~すばらしいです。先週の民謡も凄いが今日のピアノももったいないぐらい凄い。「KOERI」氏も2月の本番でご一緒することになっています。

Dscf1783

 今週、長引く風邪に危機感を覚え、岩内協会病院で受診し薬を4種類いただいてきました。予想どおり、風邪こじれて「気管支炎」になっている模様。
 目下の懸案は長引く体調不良ですが、改善さえすれば 全てが相当いい感じ と思えるほど精神状態も改善されてきました。

          * * *

去年の1月20日 大寒に車、埋まる
去年の1月18日 重宝なオート・モーフィング機能
去年の1月17日 mixiでのコミュ立ち上げ
去年の1月15日 センター試験日

|

« 冬フェスキャンドル作り | トップページ | ワックスキャンドルⅢ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五稜郭キャンドルづくりⅡ:

« 冬フェスキャンドル作り | トップページ | ワックスキャンドルⅢ »