« 第16回バル街@函館【前編】 | トップページ | 如月ギターサークル、亀しょう »

2011.09.10

第16回バル街@函館【後編】

9月9日(金曜日)  それでは、後編をどうぞ。

4軒目【No.37 アメリカンスピリッツMKY】21:00
Img_6050_2 さて、雨は降り続きます。T課長奥様の情報から、次は美味しいクラムチャウダーを提供するという「アメリカンスピリッツ」を狙います。

 西波止場から函館山へ向かい雨の中坂Img_6055を登り。お隣の家庭料理「わの」さん前には結構な行列ができていてちょっと気になりましたが、そこは浮気はせず当初予定通りに。
 カウンター席に三人で列び、ワインとビールで乾杯!立って食べ飲みするのもまたバルならではです。

Dscf1460 そして これはまた、美味。クラムチャウダーでこんなにおいしかったっけ。赤ワインをいただきながらすでに相当酔っ払った頭でもそれははっきりと感じました。
 何回か前のバルでも来たような気がしたけど、Img_6059店内は若々しくお洒落でカッコイイ。普段一人ではまず入ることはないだろうな。 
 そんな意味でもイベントとしての「バル街」に感謝。新規開拓が気軽にできる。これもバル街のいいところだと思います。

カウンターで立食しつつ、次の作戦を練りました。Img_6075練った割には内容を既にあまり覚えていない。酔いが回ってます。







5軒目【No.50 杉の子】21:30
 
Dscf1463 「杉の子」は「いろは」さんに出店しています。
 「和雑貨」というパンフの宣伝と、毎回必ずやっている屋外演奏を聴きたいという思いもあり、赤レンガ倉庫の裏手にあるこの店に行くことにしました。

 坂道を上がったり下がったり、雨の中も無関係に、多くの見ず知らずのお客さんと語らい、楽しみながら普段なら行けないようなお店も気軽にたくさん歩き回れる。そんなイベントがバル街です。
 そう言えばいつもは必ず知人とどこかで会うのですが、今回のバルではあまり知人とは出会わなかったなぁ。相当出て歩いているはずなんですが。傘でお互い顔が隠れるということもあったのかな。

Dscf1469 杉の子では、いつもの屋外セッション、今日は雨のためテントの下でやってました。
 ピクルス味のようなおいしく新鮮な野菜のピンチョスを白ワインでいただきつつ、楽器をしまいにかかっていたコントラバスのおじさんに話しかけてみました。
 函館市内で普段はバラバラに活動しているメンバーで、バル街のときには決まってこうしてここに集まっているのだそうです。
 オリジナルもあり、既成の曲もあり。既成曲はメロディを基本に据えても その場の演奏で毎回アレンジが変わり違った曲になってる・・そんな演奏をいつもしているとのこと。おじさまの実に生き生きとした目と声が彼の充実した人生を感じさせました。

6軒目【No.56 イタリアンゴーゴー】21:50
Dscf1478 もうここまで来ると、何故この店を選んだのかさえ記憶にありません。杉の子に近いから??22時以降も遅くまでやってるからだったかも知れません。

Img_6065

 混み混みの店内でも3人でテーブルに座ることができ、ここでもワインをいただきつつ、なんだか写真のような鶏?肉の凄くおいしいピンチョスを赤ワインと一緒に食したのは記憶にあります;;

Dscf1477 あとで写真の撮影時間を見るとこの店に1時間も居たことになってる・・。全然そんな感じはしていなかったのですが。
 テーブルで落ち着いて、T課長夫妻の海外旅行のお話を写真を見せていただきながら聞いていたのは覚えてますがそんな長く居たとは。すでに時間感覚も無くしていたのでありました。

Img_6082

 店を出るとまだまだ入り口前に長蛇の列。今年は22時以降も営業している店がたくさん登録していて、この店のように24時までというところも多くなり、だいぶ気が楽になったのは確かです。
 いつもは店仕舞い時間を気にしながら、時計をみて回ってましたImg_6088から。

【解散・・】22:50
 T課長夫妻とはここでお別れ。タクシーに乗っていただいたあと、今日のチケット手配ですっかりお世話になった「花かるた」へご挨拶に向かいました。

 すると、ERIちゃんは帰ってきてるし、上司であるK次長はカウンターで飲んでるし。K次長facebookでバル発信してたので何処かにいるかなとは思ってましたが、ここで出逢えました。
 ここでまたカウンターに座り込んでしまい、バルとしての店の営業は終わっていたので新たな客は来ない中、またしばらく話しに花が咲きました。
 K次長が店を出られたあとも、ERIちゃんのバンド「花かるたアンリミテッド」メンバーで先頃結婚式を挙げたばかりという「一戸まきんこ夫妻」が訪れ、ERIちゃんが撮影したという結婚式二次会の映像を彼女のipadでしばらく見ながら感動の時間を共有させていただきました。
 まきんこさんの透き通り染み渡るフルートの音はやっぱり素晴らしかった・・・。

Dscf1481

 結局、帰宅の途についたのは1時半。すっかり静かになった夜の十字街界隈。電車通りを少し歩き、金色のモーモータクシーを社屋の前で捕まえ、強引に幸運を引き寄せつつ小降りになった雨の中、北斗市の自宅へ向かったのでありました。

 今回は3名というコンパクトな人数で回りましたが、やはり自由度が高くこれはこれで楽しいバル街を堪能することができました。このイベントはもう外せませんね~。最高です。

 9月13日開催の「いわないはしご酒」にも期待したいと思います。

          * * *

【episode-1】Pre Bar 街
 久々に涼しい道南の朝。北海道マラソン以来、道南での初run練習となりました。
 いつものMyコース9.5キロを走っていると途中から雨がポツポツ。それもまた気持ちよし。身体も予想に反して軽く函館ハーフに向けた強めのペースでも調子よく走れましたが、午後からのバル街が雨の中かと少々ブルーに。

 10時には五稜郭病院へ。
 精密検査は、胸部X線撮影、CT撮影、医師の診断。予想外にトントンと進み当初12時から外来で医師の診断とされていた予定が11時頃には終わり午前中には家に戻れていました。
  診断結果は「問題なし」。
 人間ドックでは、疑わしきを幅広にすくうスタンスなのでしょう。検査主体としてはそれが最も安全なはずですから、検査される側としてもこれはやむなしと考えておかなければならないのでしょうが、せめて高額な再検料金を半額にするなど思いやりが欲しいのが本音。「安心料」として納得するしかないのが悔しいですね。

 バル街「花かるた」でママから祝い酒をいただけたから、今回はよしとしないとな~(^^)v

          * * *

去年の9月9日 昨夜は久々の亀しょう
去年の9月8日 α波一杯のJog。

|

« 第16回バル街@函館【前編】 | トップページ | 如月ギターサークル、亀しょう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第16回バル街@函館【後編】:

« 第16回バル街@函館【前編】 | トップページ | 如月ギターサークル、亀しょう »