« 芋掘りと20キロ走 | トップページ | 台風は傘屋の陰謀 »

2011.09.13

はしご酒大会@岩内町

9月13日(火曜日)
Iwanaihashigozake 待ちに待った岩内町のはしご酒!
 当日券3千5百円(前売り3千円)で5回の権利があるのは元祖函館バル街とほぼ同じ(5百円安価)ですが、中身が結構違っていてこれはこれで面白いイベントに仕上がっています。
 1年に1回の開催で今回が8回目ということ。年2回開催の函館バル街がこの秋ので16回目ですから、ほぼ同じ時期から始まっているようです。

 岩内はしご酒大会のルールは。
Dscf1489まず岩内地方文化センター前広場にある会場に集まり、18時~19時の間にA4判のチラシ(チケット)を購入します。
 チラシには加盟店40軒のうち、5軒が指定されています。

 また、参加賞引換券が印刷されていて、最後にA~Fくらい?何しろ全員プレゼント的に豪華景品がお持ち帰りできるようになっています。ゴール後に引き替えします。
Dscf1490
 会場ではスタート前の振舞酒も無料で配布され、自分は缶チューハイの新製品?ジンジャーチューハイをおいしくいだだき、スタート後もこの缶を手に良い気分に盛りあがりながら1軒目へ向かいました。

 さて、19時に花火の合図で会場に集まった3千人の観衆が一斉にスタート。指定された5軒を20時半までの1時間半で周りきり、Dscf1494各店でチラシに来店証明スタンプを押してもらってこの会場へ戻らなければなりません。バルというよりオリエンテーリングやスタンプラリーに近い感じもします。

 最後は20時半からこの会場で大抽選会が始まります。スタンプで権利が発生したチラシにあらかじめ印刷された番号がありそれが抽選で読み上げられると5千円10本、1万円6本、3万円3本、5万円1本の豪華現金が当たるという趣向。
Dscf1492参加店のボトルキープ権も相当数当たるようでした。会場にいないと当たりが流れるため、皆真面目に会場へ戻ってきます。
 これが函館バルとの最大の違い。この規模の町だからできる面白ルールなのかも知れません。

 指定された5軒は幾つかの予め設定されたコース毎に違っていて、周り順は自由ですが34軒を均等にバラして回れるように考えられています。
Dscf1495
 うちの職場からは3人と4人で3つチームを作り各チームで違うコースを回ることとしました。
 コースの指定はできませんが、3種類のコースで3枚ずつ欲しいというリクエストには応えてもらえるのです。

 お店に入るとドリンクとピンチョスにあたる料理一品。ドリンクは何と無制限なのですが、何せ広域に歩いて回る必要があり時間がない。また店はもの凄く混んでいるため早く切り上げないと20時半に間に合いません。
 ということで、結局は1店15分ほどが限界で待ち時間も考えれば残念ながら実質1杯しか飲めないというしくみになっているのです。

 お店は大体のコースで1軒が居酒屋、残り4軒がスナックという構成。ピンチョスは今回自分が最初に入ったスナックのように普通のつまみが出て、お土産を持たせるというところから、ボリューム満点の丼など出てくるところまで様々。
 お土産に豪華食材を持たせるところもあったようで、そのへんの楽しみも岩内はしご酒の醍醐味の一つのようです。

          * * *

Dscf1498Dscf1499T所長、S係長、Yさんと自分の4人で回った我がチームは花火20分程前に会場をあとにし、一番遠くのスナックエリアの No.2「SNACKかでる」に若干フライング(18:50)で入店。しかし既に店内は大勢の参加者で溢れてDscf1500いました。ここに居る方々が我々と同じ『コース6』を回る客なのであります。

 まずはビールで乾杯。ピンチョスは普通のスナック系おつまみ。軽い感じなんだな~と思いましたがこれが落とし穴。お土産に特製石鹸をいただき、次へ向かいます。

 2店目はこのご近所にある No.10「BarMetro」(19:00)
Dscf1504「翔」が混んで入れなかったため急遽変更です。

Dscf1507

 ここは最近出来た店のようで、岩内にいる先輩格の諸氏も初めての入店だそう。広い店内にダーツやたくさんのTVモニターなどモダンな雰囲気は最近のスポーツバー的。もう少しデカイモニターがあってみんなでサッカー観戦などできればそれはもう最高な場所になりそうです。
 ここでのピンチョスが何とパック入りのスパゲティナポリタンとザンギ!!これは食べ応えがあります。ビールで流し込み、気持ちよく満腹な酔っ払いが出来上がってきました。

 Dscf15023店目はやはりこのエリアにある No.9「すなっく翔」(19:20)
今度は何とか入れました。

 ここでのピンチョス、何と何とまさかの2店連続パック入りスパゲティナポリタン!ボリューム満点で味もいいですが、同じコースに設定されたなら、ちょっと調整して違うメニューを考Dscf1509えた方がいいかも。せめて同じスパならボンゴレやミートソーDscf1508スにするとか。
 ここからは焼酎水割りに変えましたが、相当酔いも回ってきました。




4店目は No.32「スナック朋」(19:45)

Dscf1511

Dscf1516 エリアが1キロばかり離れたところにあり、ぼちぼち酔いを醒ましながら歩いて移動です。
 途中、5軒目に行く予定の「ソウル」前を通りましたが、広い店内が人で溢れている模様。
 まずは「朋」を見つけ、入店。奥に小上がりがあり4人でそこに落ち着くことができました。
Dscf1512Dscf1514 ここで出てきたピンチョスにまた仰天。まさかまさかのおにぎり2ヶ。この炭水化物攻撃は何ということでしょう。満腹のおなかに詰め込むように、でも何故かおいしく、焼酎水割りと一緒に食すことができました。

 最後の5店目です。No.23「韓国料理ソウル」(20:03)

Dscf1517

Dscf1521

 明るく広い店内。ここも最近できた新しい店。メニューを見ると550円のランチなどもあり、今度みんなで来ようということになりました。
 ピンチョスは韓国のり巻き二つとチジミ、それと甘辛味付けの円筒形のお餅(トックイ?)のパック。これまたボリュームあり味もおいしく、最後まで強引に食べてしまいました。Dscf1522

 ここを最後にして少しゆっくり落ち着こうという作戦でしたが、結局は抽選会場まで歩く時間を考えたらここも早々に出なくてはならず。大体全てのお店を同じくらいの時間配分で回ったような感じになりました。

 さて、会場へ戻ると集合時間約10分前(20:22)。既に大勢の参加者が戻って大いに賑わっています。 チラシに刷られている「F賞」の景品は前の人がテDscf1523ィッシュBox5ヶセットだったんでラッキーと思ったら自分はバスタオルを手渡されがっかり。バスタオルは間に合ってるのになぁ。 ウエストバッグに入ってしまい荷物にならなかったからまあいいですが。
 他にはたまご10ヶの2パック貰ったひと、ソーメンセット貰ったひと、色々です。

 間もなく職場の仲間も合流し、それぞれのコースの報告をし合っています。ワインのボトルや牛丼を持ち帰りの土産に貰ったというコースもありバリエーションの多さに驚き。石鹸よりそっちがよかったなぁ。 

Dscf1525 さて、大抽選会はあっという間に始まり、あっという間に終わりました。最後の5万円、演出なのかどうか知りませんが当選番号発表後に観衆がゾロゾロと帰宅の途についた途端、「皆さん!まだ帰らないで!!」とステージからかけ声が。

 当たった人が辞退したから最抽選するというのです。
 2度目に当たったひとには会場から「じったっいっ!じったっいっ!」の大コール;;
Dscf1526 我々は全員それも全くのハズレですぐ帰ることとなり5分も引き留められていなかったから演出にしてもたいした効果はなく・・・。
 初めの人が何故辞退したのか、謎です。

 スタートのときは少しぱらついていた雨もすぐ上がり、暑くもなく寒くもなく、いいコンディションで岩内はしご酒大会実に楽しく終えることができました。
 このあと、参加の職場仲間全員で焼き肉屋に入りましたがDscf1528、自分は入って席に座ってすぐにぐーぐー寝てしまいました。昨日も飲み会があり、今日は日中、茂津多方面へのパトロールで長時間神経と体力を使い、疲れていたのかも・・。
 気がついたら会計。睡眠場所代3千円お支払いして寮まで歩いて帰りました;;
 
 それにつけても 岩内バルはしご酒。また楽しいイベントを体験できました。しかし・・8日の函館バル街からほとんど毎晩飲みっぱなしのような日々。少々疲れてきたかな・・・;;

          * * *

去年の9月13日 第14回バル街 参加物語
去年の9月12日 プレ・バル街 敬老祝賀会

|

« 芋掘りと20キロ走 | トップページ | 台風は傘屋の陰謀 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はしご酒大会@岩内町:

« 芋掘りと20キロ走 | トップページ | 台風は傘屋の陰謀 »