« 札幌研修 修了 | トップページ | 今週の五稜郭run »

2011.01.29

キャンドル、ギター教室の最終日

1月29日(土曜日)
Dscf08451とても気温の下がった寒い土曜日。いずれも1月に始まり土曜日に実施してきた「ワックスキャンドル製作体験会」と「フォークギター入門教室」の両方のボランティアの最終日でした。
  
 午前中は五稜郭タワーアトリウムにて、ひたすらキャンドル作り。とはいっても、今日は今季で一番作り手のDscf08461人数が多く、人手が足りていたため、いつもは一回で一気に20個ほど作るところ4~5個毎のペースで十分でした。
 ボランティアチーム、観光客(海外からのお客様含め)など多くの作り手で賑わい、2月1日からの点灯本番に向け、何となく盛りあがって来たぞ感がひしと感じられました。

Dscf08471 最後はトータルで目標だった5千個ほどはできたのでしょうか。

 大勢の作り手の存在に安心もして、毎度主催者側で用意してくださっている美味しいお昼ごはんを早めに有り難く頂き、会場を去って函館市女性センターに向かいました。

          * * *

 ギター教室もついに最終日。4回目にして初めて余裕を持って会場へ到着し、準備万端済ませ、チューニングと軽く自主練習数曲やる時間まで取ることができました。最初からちゃんとこのペースでやれよ>自分・・・。

 最終日は体調不良などで3名が欠席し、7名の参加でした。
 最初に、新たに本日配布した「パワーコード表」と「押さえ方表」の説明。

Dscf08481

 そして先週までの復習です。
 コードCを押さえてのストローク2→4→8ビートへ。今日は全員一緒ばかりではなく、一人一人に順番にやってもらうことをあえてさせて頂きました。
 皆さん、練習できていないと言いながらもそれなりに出来ている。実に嬉しいものです。

 その後、「さらば青春」の4つのコードG、Em、Am、D7をゆっくりしたコードチェンジに当てはめつつ、何とか「曲」というものを奏でる感触を得るべく、数回の練習。

 そして、今日新たに提供した「Happy Birthday To You」を題材に3/4拍子ストローク&G→D→C3つのコードチェンジの練習。
 自分がまず、「初見でやればこんだけ間違える」ってところを見せながら、「でも何回かトライアルするうちに、こうやってできるようになります。みんな、そうなんですよ。雰囲気やノリで、自分なりにこなせればいいのです。」という実践的な演奏マスター術の披露によるアドバイス。
 引き続き全体練習のあと一人一人順番に演奏してもらいました。比較的忙しいコードチェンジですが、これまでの練習が奏功し、皆さんなんとかOKレベルで頑張っています。各人の演奏後、自然発生的に拍手がわき起こります。

Dscf08491

 アルペジオの復習では、先週の「北の国から」以外にもこんなのあります、と「大きな古時計」での事例研究。
 つま弾く弦の順番「Base→3→2→3→1→3→2→3」に加え、「B→3→2→3」を2拍のコードチェンジ毎に繰り返すパターンがあることを知って頂きました。
 或いは、類似ケースで「トイレの神様」のように「B→3→2・1」と2弦1弦を同時に弾く形へ変形させてもOKです、ということを気付いて頂きました。

 ここからは全く新しいことの練習です。
 時間も押してきていて、ほとんどこちらからの一方的な伝達にしかならなかったのが大変悔やまれるところですが、
 左手系で「三連アルペジオ」(タカタ・タカタ繰り返し)を「時代」(中島みゆき)を事例として。
 また、「スリー・フィンガー」(タン・タカタカタカ)を「案山子」(さだまさし)を題材として。その中で 右手の指で弦を強く押さえたり引っかけたりして音を鳴らす「ハンマリング・オン」、「プリング・オフ」の技術を知っていただき。
 さらには「ミュート、カッティング」を「雪が降る日に」(かぐや姫)のさわりを事例として聴いてもらいました。
 また、「2拍子系」(造語)として「順子」(長渕剛)の実演、「ボサノバ調」として「あの日に帰りたい」(荒井由美)の実演にて こういう演奏方法もあるという説明と雰囲気だけ体験していただきました。

 最後に、自分のこれまでの練習成果を披露したいという方は?と駄目もとで募ってみたところ、Yさんがアルペジオで「秋桜」を! ワンコーラス、唄なしでしたが ゆっくりと辿々しいながらも、きちんとフォークスピリットはしっかり伝わってきたし、演奏になっている!!もう、大感動もので、一同大拍手です
 
 あとはもういないか と思えば、Nさんが挙手。「さらば青春」を演奏してくれると言うのです!
 辿々しいのは当たり前ですが、唄も入れてくれ、きちんと演奏し切りました!!この曲は自分がギターを始めて最初の練習曲で 思い入れもあるので、もう、内心、感極まって泣きそうでした
 全くギターを触ったことがなかったのに、この4回シリーズで得たものをこうして形にできたことで、ご本人も嬉しそうでしたが、それを自発的にこの場で最後に披露してくださった彼女の勇気と優しさに心打たれ、誰よりも、このわたくしが一番感激し、嬉しかったのではないかと思います。 

 まがりなりにも、このギター素人オヤジが 超初心者の皆さんへ教えてはいましたが、逆に教えられたり啓発させられたりしたことの方が多かったこのシリーズ。
 参加された皆さんはもちろんのこと、こんな素晴らしい場を与えてくださった尺八の森岡先生、そしてBigBand「Vest」の原田さんも含め人の繋がりという尊いものに、あらためて感謝です。

 最後の最後に、すべての皆さんに感謝の気持ちを込め、いきものがかりの『ありがとう』をフルコーラスで演奏させていただき、初心者ギター教室@函館女性センターの幕を降ろしました。

 終了後、大変ありがたいことに、参加の皆さんの一部でこの素敵な繋がりを持続させようという動きがちらほらあり、今後の展開が楽しみです。

          * * *

去年の1月29日 親愛なる者へ

|

« 札幌研修 修了 | トップページ | 今週の五稜郭run »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キャンドル、ギター教室の最終日:

« 札幌研修 修了 | トップページ | 今週の五稜郭run »