« 実力?or強運? | トップページ | フォークギター初心者教室初回 »

2011.01.08

キャンドル製作第一回目

1月8日(土曜日)
Dscf08161 午前中は恒例ワックスキャンドル作りの今季第1回目へ参加。
 今年は同じ時期・地域でのキャンドルイベントということで「はこだて光の小径」と「シーニック・de・ナイト」がやっと共催という形を取るようになってくれました。(前者は函館市、後者はシーニックバイウェイ函館・大沼・噴火湾ルート運営代表者会議が運営主体)

 10時から五稜郭タワーアトリウムでの開催。今年は初めから比較的多くのお客さんが参加されているように見受けられました。相変わらず海外、特にアジア系の観光客も大勢。
Dscf08181 マスコミの取材も何件か入っていたようです。一番大規模だったのはNHKのカメラクルー御一行様でした。レポーターがNHK函館放送局の男性アナとタレントの山田まりあさんのコンビで、主催主体であるNPO法人スプリングボードユニティ21代表の折谷久美子さんにイベントの活動経緯、キャンドルの作り方、今後の予定などを対話形式で詳Dscf08191細に取材していました。
(↑写真は芸能人特例で特別の処理をしています

 実際にレポーターのお二人が一連のキャンドル製作過程 を体験する中で、本日参加の一般の方々にも色々と話しかけて感想などを聞くこともあり、そのなかで
Dscf08201  「おとうさん、だいぶ慣れてますね!」
 と まりあ氏に話しかけられた場面などもあり。私は君のお父さんではない・・なんて野暮なことは言わず、愛想良く応えさせていただきました
 
 Dscf08241午後は函館女性センターでの初心者フォークギター教室が待っているため、後ろ髪ひかれる思いでまだ頑張っている皆さんにご挨拶し、会場をあとにしました。

 一度家に戻り、準備万端整えてすぐに函館女性センターへ向かいます。その車中、ラジオからFMいるか号の中継で折谷久美子さんと丸山アナの声が聞こえてきていました。マスコミ露出がどんどん増えてきDscf08271てこの活動もだんだんと認知度が上がってくるのはとても喜ばしいこと。
 共催形式を取ったことで「光の小径」と「シーニック」の両方が一度にPRできるようになりました。より多くの市民や観光客へPRされ、一人でも多くの方々が一緒に参加する側に回ってくれれば、こんなに良いことはありません。

Dscf08251 今日、1月15日(土)、29日(土)の3回でキャンドルイベントに使う「器」を製作、実際に各地で点灯されるのは2月1日(火)~13日(日)の期間。詳細は各HPをごらんください。

 12月14日の記事でも紹介していますが、昨シーズン、自分が参加したキャンドル点灯イベントの記事・写真などは以下にリンクします。↓

Dscf08262

 2010年1月31日 シーニック de ナイト 2010 
 2010年2月 5日 『光の小径』in五稜郭公園
 2010年2月 7日 『光の小径』in函館山
 2010年2月13日 今季最後キャンドルボラ

 長くなってきましたので、午後からの函館女性センターでの「初心者フォークギター教室」記事は別立てでご紹介します。

 全く本筋とは無関係ですが、今日、ずっと五稜郭タワーアトリウムのBGMとして流れていたのはビートルズでした。数曲を繰り返しで流していたようですが、センスいいぞ!もっとたくさんの曲をUSENのようにランダムで流せばもっと良かったのに・・・。

          * * *

去年の1月8日 猿でも解る相対性理論
去年の1月7日 カーナビ とDr.アインシュタイン

|

« 実力?or強運? | トップページ | フォークギター初心者教室初回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キャンドル製作第一回目:

« 実力?or強運? | トップページ | フォークギター初心者教室初回 »