« 第14回バル街 参加物語 | トップページ | 移転3周年記念 »

2010.09.18

収穫&演奏会総練習

9月18日(土曜日)
 9月20日敬老の日、旭ヶ岡の家 在宅ケアセンター「ベレル」にて演奏会があります。聴く方ではなく演奏する側で参加です。毎週通う「尺八愛好会」としての参加ですが、自分はまだしゃれの世界以外では人前で尺八を演奏できるレベルではなく、尺八や民謡の先生達の演奏・唄をギターでサポートする役です。
 出演者は今回は延べ尺八3名、ギター2名、民謡唄3名、フォーク唄1名。

 民謡とギターのコラボは練習当初は相当違和感もありましたが、高度なところを狙わずまあ、こんなものかと肩の力を抜いて演るうちに個人的にはだんだん慣れてきて、今ではそこそこ楽しい音楽になっているのではないかと思われ。

 今日は総練習ということで、主に各曲の出だしの合わせ方、キーの確認やイメージのすりあわせに重点を置き、一通り演奏を繰り返し、本番での大体の目処がついた感じです。
 曲の演奏順、各曲の紹介役も決めました。

 1.民謡メドレー(ふるさと、赤とんぼ、ゆりかごの唄)
 2.こきりこ節
 3.おこさ節
 4.ソーラン節
 5.リンゴ追分~江差追分 
 6.江差馬子唄
 7.真室川音頭
 8.秋桜
 9.宮城長持唄
 (アンコール用 津軽甚句)

1.が唯一のインスト曲で尺八とギター、8が唄とギターの弾き語り。その他は全て民謡の先生が唄でそれに尺八&ギターの演奏をつける形となります。1,2,8は先日の富岡会館での敬老祝賀会で披露した3曲と同じです。
 今回もまた私の弾き語りが入る形となりました。また頑張って観客の涙腺を緩めたいと意気込んでいるところです

          * * *

Dscf03371

Dscf03961

 午前中は、我が家の菜園の芋掘りを決行しました。余りにも暑い夏で、道内農家の栽培するジャガイモは内部の生長がついていけず中に空洞が出来る現象が発生、出荷に影響が出ているという報道がありましたが、うちのは空洞があっても関係なし。むしろ空洞できるくらいデカく大きくなってくれていればいい、くらいに思ってました。(写真は左収穫前、右収穫後の畑)

Dscf03901

Dscf03981

 さて、ワクワクしつつ娘と2人で土おこし、芋を掘り出していきます。一畝ずつ「キタアカリ」「アンデス赤」「インカのめざめ」「ノーザンルビー」。



Dscf03991

 「キタアカリ」は粒が大きく、浅いところで大きく実ってました。一畝の収穫量は冷夏だった去年とあまり変わらないかも知れません。




Dscf03941

Dscf04001

 「アンデス赤」も全体的には小振りかも知れませんがこれほど大粒になるのかと思うほどデカいのもありました。深いところで実がなっています。



Dscf03951

Dscf04011

 「インカのめざめ」はやはりもともと小振りの芋という性質があり、粒は小さめですが、収穫量は去年を上回ったような気がします。



Dscf04021

 「ノーザンルビー」は実が赤いじゃが芋。今年初めて作付けしたものですが、予想以上の出来に大満足。(左写真はインカも混ざっているノーザン)



 今年は去年に引き続き、畑が疲弊してきている様子が伺えたため、あまり野菜の種類を広げず、トマト苗以外はじゃが芋ばかりを4種類植えたのですが、じゃが芋全体の収穫量は暑かったぶんだけ去年よりは上がったようで、芋作戦は成功だったようです。明日以降、色々な料理で味わいを堪能するのが楽しみ~(^^)v

          * * *

去年の9月17日 新型インフル忍び寄る
去年の9月15日 『さまよう刀』

|

« 第14回バル街 参加物語 | トップページ | 移転3周年記念 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 収穫&演奏会総練習:

« 第14回バル街 参加物語 | トップページ | 移転3周年記念 »