« 函館野外劇のダークサイド | トップページ | 同級生と亀しょうで(^^) »

2010.08.01

焦っても無駄なんだけど・・

8月1日(日曜日) 
  雨が降る予報だった。空は何故か必死に踏ん張り、夕方まで持ちこたえた。
 風も少しあり、昨日までよりは若干涼感のある一日ではあったが、何だかんだで夕方まで家に引きこもり。
 ファイターズ帯広シリーズのTV中継が終わった夕刻、すぐにRUNに出た。

 走り始めるとやはり暑い。汗がドバドバと全身から溢れ出てくる。疲労感も大。9.5キロの終わり頃、ポツ・ポツと降り始め、シャワー浴びる間にザーザーと降ってきた。
 夜に予定されている函館祭り、道新協賛花火大会はどうなるかと多くのファンが心配した頃だが、結局、開催時刻には雨も上がり、遠くでドン、ド・ドンと重低音炸裂していた。


 今年の夏は、連日暑い日が続き、大気が基本的に暑くなっている。一日や二日の降雨や風などでは気温が下がり切らず次の好天ですぐにまた暑い空気が復活してしまう。 

 そんな中、北海道マラソンまでひと月を切り、緊張感ばかりが増幅中。
 去年は気温が上がらない特殊な日にあたってはくれたが、あれはあくまでラッキー。
 今年もまた、暑いレースは避けられないだろう。こんな暑さに弱い体質(?)できちんと走れるだろうか。

 北海道マラソンはいつしか自分の中で完全に一年通してのスペシャルメインイベントになっていて。何とか完走できれば御の字という程度の心構えから、近頃では、去年の自分に勝ちたい・・という欲張りな意識が芽生えてしまった。
 その反動が、非常に厳しいプレッシャーとなって、気持ちにのしかかってくる。
 気楽に走ればいい、お祭りだもの。と、割り切れればどんなにかいいだろう。でももう、その世界には戻れない気がしている。戻るときは、北海道マラソン出場をやめるときだろうか。

 日常のRUN生活が全て、北海道マラソンで満足できる走りをすることに繋がる、そのモチベーションで成立してしまっている。
 北海道マラソンをやめたら、自分のRUN生活はどんな風になってしまうのか・・。あまり考えたくない。

 しかしいずれにしても、レース当日、悔いの残らないよう、長い距離の練習だけは歯を食いしばってでもこなしておかなくてはならないことだけは、はっきりしている。

          * * *

 写真は、昨日畑から収穫した初物のトマト。美味しく実ってくれた。感謝。

Dscf02231

          * * *

去年の8月1日 非礼なJog Note
去年の7月30日 ボンタンアメ
去年の7月26日 災害現場復旧支援

|

« 函館野外劇のダークサイド | トップページ | 同級生と亀しょうで(^^) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 焦っても無駄なんだけど・・:

« 函館野外劇のダークサイド | トップページ | 同級生と亀しょうで(^^) »