« アド・ナイン! | トップページ | 気になる交差点内行動 »

2010.04.16

どうなん・追分シーニックin福島

4月16日(金曜日)
 「どうなん・追分シーニックバイウェイルート」のルート運営代表者会議総会が福島町で行われました。
 皆さんにはしばらくお会いしていなかったため(一部江差方面の方々には去年のラブフルート演奏会以来でした)どうしても参加したく、午後から休暇をもらってマイカー自操運転で行ってまいりました。

P4165668_2

P4165670_2

 今日はここ数日の雪混じり荒天とはうって変わり、青空に太陽。いいドライブ日和となりました。途中、木古内町は咸臨丸のサラキ岬で5分の仮眠休憩などしながらのんびりと。

P4165669

それでも福島町までは1時間40分ほどで着いてしまい、少し時間があったため福島大神宮の境内へ上がり高台から津軽海峡の壮大で素敵な景色をゆったりと眺めつつ、このシーニックを優しく力強く引っ張ってくださっていた宮司の故常磐井さんに思いを馳せて一人胸一杯になっていました・・・。

 町民センターでは懐かしいいつもの面々にご挨拶し、15時からの勉強会、総会はつつがなく終了。

Soukai01

 今日は夜の部もセットされていたため、それを楽しみに来たようなものです。車なのでアルコールは×ですが、それでも昼の部以上に大いに盛り上がり、充実した会合となりました。
 特に江差歴まち商店街会長室谷さんや学びサポート佐藤さんとは道南を活性化するためのアイデア、しかけ、連携ネタ等々の話題で宴会料理もそこそこに話しこんでしまいました。
P4165674

 ・・・というよりは、次々と泉のように湧き出るアイデアや最近実践されている精力的な活動の話を一方的に聴いていたというほうが正解か。こちらからは特段のネタ提供もなく、ちょっと申し訳ない思いをしながら聴かせていただいていたという状態でした。

 最近の活動の充実ぶりをお聞きしていると、このシーニックの生みの親の一人とも言える故奥平先生が師匠であり、今、自分を後押ししてくれている というその言葉はとても説得力があります。
 活力に溢れ、活き活き、溌剌とした話を聴いているだけでこちらもエネルギーが満ち満ちてくる、久々にこんな感覚に出会うことができ、とても幸せな時間となりました。

 これから予定している企画の紹介もあり、夏には学びサポートの「奥尻ツアー」、7月9~10日には江差「山子サミットin檜山」等々。どれもとても期待ができる魅力的な企画のようです。
 根っから檜山人の自分にとっては、どっちも行きたい!時間があれば本気で是非参加を検討したいと思いました。
 萌えた福島の夜でした。

          * * *

去年の4月15日 親の気持ちに近いかな 

|

« アド・ナイン! | トップページ | 気になる交差点内行動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どうなん・追分シーニックin福島:

« アド・ナイン! | トップページ | 気になる交差点内行動 »