« 尺八とフォークギター | トップページ | 「ロ」が出た!! »

2010.02.07

『光の小径』in函館山

2月7日(日曜日)

2010020708390000

 2月に入って連続6日間最低気温零下10℃を記録!という長い氷の世界・シバレの中に居続けた道南地方におよそ一週間ぶりでやっと暖気が訪れました。屋根に積もっていた雪が大きな地鳴りと共に昼頃までには大体落ちきってしまい。
 8時過ぎから1時間半ばかりのRUNでも風はあるものの空気の暖かさに一段と発汗が進み、ペットボトルで水分補給はしても体内の水分減少により一気に体重も落ちました。

2010020709300000

2010020709290000

 車道の雪はべちゃべちゃに溶け舗装面が顔を出していますが、歩道はまだ圧雪が厚く残り、中途半端な柔らかさに走るのが難儀することもしばしば。右上の写真は国道227(大野新道)、左の写真は国道5号交差点(北ガス前)。

          ***

P2075498

 今日は函館山ロープウェイ山麓駅に15時集合。
 スタッフミーティング後、我らC班は函館コンベンション協会の車に乗せて頂き、中腹6合目ほどに降ろしてもらいました。

P2075502

 予想していたより風もなく、比較的温かい中での作業スタートです。そこから4合目付近まで5mおきにキャンドルを並べてゆくのです。必ず道路の谷側、雪の山に足で踏みあとを付け、風よけのフードのようにしつらえてそこへセットします。 

P2075505

P2075506

 4合目付近に辿りつくと大体16時。まだまだ明るいながらも夕暮れが迫る気配。ここからゴール地点までは、我らの前の班が同様にセットして行ったキャンドルに着火装置(俗に言う“チャッカマン”)でひP2075511たすら点火していきます。
 およそ16時半にはこの作業も完了し、協賛しているコカコーラ提供の温かい飲み物を頂いて今日のボランティアは終了です。

P2075516_2

 手伝いスタッフには、スタッフ証を提示すればロープウェイに乗れるという特典もあるため、せっかくなのでこの後また山麓駅に戻り、ロープウェイにて山頂まで登りました。山頂へは17時頃到着、屋外の展望台に立つと強風と標高300m超の低気温に重装備ながらも震えが出てきます。

P2075520 夕闇がほんのりと迫る中、まずは滑り止めの縄を靴に巻きつけ、17時15分、今度は歩いて下山開始です。
 「光の小径」への一般参加者はただただ楽しみながら下りればいいのですが、我々は一応スタッフということで“チャッカマン”を携帯し、消えたキャンドルに灯をともしながら下山することとしました。

P2075522

P2075523

 この後、つるべ落としにあたりは闇に包まれていき、夜景も一段とその美しさを際立たせ、キャンドルの温かな灯も目立ちはじめてきました。
 写真で撮ろうとするとまだ薄明かりの頃はP2075524良かったのですが、暗くなったとたん、雪景色や道路標識の反射板ばかりが目立ちキャンドルが判らなくなります。フラッシュを付けなければ温かな写真が撮れるのですが、三脚を持参していないため、手ブレで大変。やはり夜の綺麗なキャンドル写真は素人が気軽に撮れるものではありません。

P2075531_2

 歩くこと約1時間と少し。下山開始後すぐに寒さで着火器具が不調で使い物にならなくなってしまいました。それほど山頂付近では寒かったものの、途中から風もなくなり、ほんのりと汗も滲むほどになった頃ゴール。18時20分過ぎでした。

P2075535

 コカコーラ提供の温かい飲み物をまたもや頂き、今日の重労働を讃え合いながら山麓駅で解散いたしました。

P2075540

 5日金曜日の五稜郭からキャンドル漬けの週末でしたが、地域のために少しでも役立っているかな、と思えることが活動の原動力となっている気がします。キャンドルを見て体験して喜ぶ観光客の皆さんや地元の親子連れの嬉しそうな顔、顔、顔。「ごくろうさま~」と我らを労ってくださる声。何よりの精力剤です。
 
 このあと来週の土曜日は函館新道石川町スーパーデポ前でのキャンドル設置作業があり、それで自分の今季キャンドル系ボランティアは最後となる予定です。

 今日の函館山登山ウォークについては「ハコダテ150+」のスタッフブログにも紹介記事が載っています。
 →http://www.hakodate150plus.com/staff/2010/02/kisso.html
 →http://www.hakodate150plus.com/staff/2010/02/post-27.html

          * * *

 去年の2月7日 五稜郭公園冬フェス

|

« 尺八とフォークギター | トップページ | 「ロ」が出た!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『光の小径』in函館山:

« 尺八とフォークギター | トップページ | 「ロ」が出た!! »