« 新年あけましておめでとうございます | トップページ | 言霊の行方 »

2010.01.03

『蝉しぐれ』

1月3日(日曜日)  
P1035406  蝉しぐれ/藤沢周平(文春文庫) 本編456頁
 年末、何気なく手にとって買ってみた、この季節には全く似つかわしくないタイトルの文庫本を小樽に持って行き、暇に任せて読んでました。

 藤沢周平は初体験です。味のある時代小説であるとか、司馬遼太郎とはこう違うが・・とか 書評などは様々な折りに目に耳にしていました。司馬遼と並列で評されるとなると、それがどんな評価だったとしても気になります(事実どんな評価だったか既に記憶になく・・)。

 ある一人の藩士の幼少時期から青年期までの波瀾万丈な物語。一貫した親孝行気質、ほのかな初恋、親友たちとの堅い絆、凄艶な美しさを湛えた未亡人への想い・・・等々 現代の物語に仕立てても通じるような一男子の成長過程を軸に物語りは退屈する間もなく展開し、後半に入ると一気に引き込まれるネタが伏線としてしっかりと序盤から仕込まれているのであります。

 艦首波動砲発射口にドリルミサイルを打ち込まれた宇宙戦艦ヤマトが、危機一髪となった形勢を一気に逆転し敵将ドメル将軍を追いつめた、あの劇的な山場にも似たスリリングなグルーブ感、とでもいいましょうか。なかなかいい例えが見つかりませんが、まあ、そんな感じのめっちゃドキドキした展開がぼくらを物語の中へ一気にいざないます。

 なおかつ、全編に折り目正しい武士の精神は宿り、主人公である文四郎の剣士としての成長描写では常に青く光る刃の如き澄んだ空気が流れています。
 その潔く清らかな武士の精神性。また、シンプルでありながらキメの細かい写実的自然描写は、正月の冷たく静まり返った朝に実に良くマッチングしていて、心身が快く引き締まる思いを伴いながら一気に読み進んで行きました。

 そう、冬の夜の静寂、夏は蝉しぐれ。牧歌的というのとは少し違う、しかし確かな郷愁が漂う折々の見事な自然描写は文四郎からにじみ出る「せつない想い」と共に物語りを上手く引き立て、自分がその世界に入ってしまった如くの錯覚を呼び起こすのです。
 
 偶然とはいえ、いい作者といい物語に出会うことができ、幸せな年明けとなりました。
 次は、これも藤沢代表作の一つと言われる「海鳴り(上・下)」で行ってみようかな。

 「堅牢無比で一分の隙も見いだせない青眼の構え」

これ、今年の目標にします。(ずいぶんとアバウトな・・・;;)

|

« 新年あけましておめでとうございます | トップページ | 言霊の行方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『蝉しぐれ』:

« 新年あけましておめでとうございます | トップページ | 言霊の行方 »