« 猿でも解る相対性理論 | トップページ | 私の今年が始まった »

2010.01.09

第2回キャンドルづくり

1月9日(土曜日)
P1095409  年末12月13日に引き続き、本日、同じ五稜郭タワーアトリウムで今季第2回のワックスキャンドル製作体験会が開催されました。
 今回は、去年も一緒に参加した下の娘も連れて行き、ボランティアっちゅうもんをあらためて体験してもらうことに。
 
P1095411  今日は職場の仲間も数人きており、観光客の参加も結構あり、盛況。年末と違っていたのは屋外に積雪があり、冷却作業の効率が相当上がっていたことです。屋外作業に備え、がっちりまかなっていったため、沢山作ることができました。全体では午前中のうちに約200個ちょっとできていました。

P1095413  用事があって今回は13時で失礼したのですが、体験会、予定通り16時まで開催されていたとすれば本日目標の500個は余裕で超えたのではないかと思われます。

 キャンドル製作。この後はまた来週の土曜日16日、その翌土曜日23日の2回ありますので、どちらも参加予定。
 来週は午後から尺八初練習が入っているため、やはり13時頃までとなりますが・・。 

          * * *

夕方、TSUTAYAにてDVDレンタル。最近読んで感銘を受けた小説が原作となっているシリーズとして、藤沢周平の『蝉しぐれ』、川上健一の『雨鱒の川』、宮部みゆきの『理由』、宮部作品でだいぶ前に読んだものですが『クロスファイア』、この4本。

 まずは『雨鱒の川』(小説感想文は2009.5.23に掲載)を観ましたが、やはり原作が鮮烈過ぎただけに、イメージとの乖離は否めなかったものの、自然描写やCGによる雨鱒との会話シーンなどはなかなか良くできているという印象を持ちました。★★★★ですね。
 
 つい最近読んで感動した『蝉しぐれ』(小説感想文は2010.1.3に掲載)も楽しみです。
 実は最近『理由』を読み返し先週中頃までに読了していて、「どうやってあの複雑な内容を映画にするんだ?」という興味から宮部みゆきも借りてきた次第です。

 東野圭吾の『白夜行』(小説感想文は2008.6.3に掲載)も借りたかったんですが全6巻が全てまとめてレンタル済みだったなぁ。
 今度は是非狙いたいと思います。

|

« 猿でも解る相対性理論 | トップページ | 私の今年が始まった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第2回キャンドルづくり:

« 猿でも解る相対性理論 | トップページ | 私の今年が始まった »