« 久々のロング走 | トップページ | 5連勝で折り返し! »

2009.07.21

漫画を小難しく論じる

7月21日(火曜日)
  職場の若手から借りていた「ONE PIECE」。当面52巻を消化完了。
以前も書きましたが、「アラバスタ」での別れは涙無くしては語れないし、その後も「ゴーイング・メリー号」との別れのシーンも号泣ものでした。愛すべき個性的なキャラクター達も楽しく、カッコ良く、難敵のバリエーションも多彩。
 痛快冒険活劇のなかにある、人と人との繋がり。散りばめられた思いやり、心の通じ合いにはらりとさせられ明日への希望が心の栄養となり、活力が満たされてゆきます。この漫画、大好きになりました。

 スリルとサスペンス、練られたシナリオ、そして散りばめられたお色気。
 「心の正義」は幾多の困難にぶつかろうとも最後は必ず「悪」や「建前だけの正義」に勝利します。
 希望に満ち溢れ、常に前向きで、陽気な物語。
 悪いと思えば即「ごめんなさい!」と声に出して謝り、嬉しいときは「○○できて嬉しいぞ!」。悲しいときは心の底から号泣し、感心したなら「あいついいやつだな、おれ、好きだぞ!」と素直に評価します。

 日本人に根ざした「心意気」。そこへ真っ直ぐに語りかける「義理人情」。この冒険大活劇漫画が日本はもちろん世界各国で絶大なる支持を得ていることに、大いに納得しました。

 「ネガティブ・ホロー」(ここまでで一番楽しく腹を抱えて笑えた敵方の技)の攻撃にあった訳ではありませんが、良かった楽しかったの評価だけだとつまらないため、物語を体験しながら薄々感じていた心配ネタをあえて引き合いに出して論じてみることにしましょう。

 特に若い(幼い)世代に勘違いしてほしくないことを。(短絡的で一面的な物言いは好きじゃないのですがあえて。)

・一歩間違うと「前向きでありさえすれば、何となく全てが解決する」かのような構図に潜むもの
・表面上は「結果的に暴力が全てを解決する」かのような構図に潜むもの

 物語は作者によって『悪と正義の立場のレトリック』が巧妙に仕掛けられています。子供達が感覚的にそれを捉えていればいいのですが。

<正義とは、悪とは?>
 世界政府軍は自らを「正義」とし、公的には「悪」である海賊へ多額の懸賞金を付けて手配書を発し、取り締まろうとします。
 一方、海賊には自分の欲望・利益のため民間人への無差別略奪・殺戮をものともしない明らかな「悪」役も存在します。ややこしいことには「王下七武海」という世界政府公認の強大な「悪」海賊の頭領なんていうのも存在します。

ところが。

 この物語の主人公グループ、海賊「麦わらの一味」は、頭領ルフィが純粋に「海賊王になる」ことを最終目的としている中で、海賊なのに圧倒的な「正義」ベクトルによる行動を一貫しています。

<解決策は武力?>
 厄介なのは主人公一味は敵方(政府軍、他の「悪」海賊)の強大な技(暴力・武力)に対応するため、それを上回る技(暴力・武力)をもって相手を倒し制圧することにより前進すること。
 もっとも、そこが痛快活劇の真骨頂であり、この物語の醍醐味の一つなのですが。

<懸賞金は何を暗示?>
 海賊の凶悪度を端的に示す数字であるはずの懸賞金。それを「強さ」のバロメーターに置き換えて解釈し、ルフィーの一味も含め、海賊達は自らの手配書の懸賞金額が上げられていくことに誇りを覚えます。
 実際は「麦わらの一味」にとって、乗り越える困難は「真の正義」全うのための試練だから金額は「善行」のバロメーターなのですが、大多数の「その他海賊一味」にとってはやはり「凶悪度数」であることに変わりはないのです。

 世の少年少女達は、この微妙な設定や空気を、肌感覚で理解していると信じたい。
 必ずしも  暴力=正義  自分の信仰=世の善  強大な力=解決策 ではないことを理解していると。
 世の中には様々な種類のひとがいますから。

 圧倒的な努力、計画性、愛情、義理・人情、もっと言えば仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌。
 「ONE PIECE」愛読者の誰もが物語の中にそれらの大切さを感じ取り、学び、忘れないでほしいですね。
 学ぶべきは義理と人情そして愛情。これを欠いては例え強大な武力をもってしても、勝利はないし、支持は得られない。
 そして、物語の全てが成り立たないということを汲み取り、忘れてはならないと思います。

 また、「圧倒的な力や優しさ」は何もないところから生まれはしない。「悪魔の実」なんて実際には存在しない。物語の表には出てはいませんが強さの陰には実戦を遥かに凌ぐ鍛錬が日常にあるんだということ(ゾロの生き様に少し現れてましたか)。
 たゆまぬ努力無しで望む結果は得られることはないということ。

 希望を持ち、常に前向きであることは 有意義な人生をおくる上で必要不可欠であることに間違いはないのですから!

ふう。やっぱり疲れますね。こんな風に分析調に話を進めるのは(^^;; 

最後に、漫画本の読者投稿から テキスト文字での主役級キャラをご紹介

ルフィ (・□´・キ)=≡⊃))
ゾロ  Zzz(-_-)_メメメ
サンジ (・ε((( )y-゜゜°
ナミ  βヾ(〟・▽・〟川
ウソップ  °⌒Y(・⊂」・§
フランキー  Ξ<▼∧」▼>
チョッパー ψ(・ω´・〟ψ
ロビン .。.:*・°χ(μ_μ*)
ブルック  §●皿●§~♪ 

          * * *

 朝は小雨。日中一度晴れて安心していたら、20時過ぎ、駐車場へ向かうときになって雨が降り注いでいることを知りました。乾きの世界へはなかなか入らせてもらえません。この夏はずっとこんな傾向なのでしょうか・・・。

          * * *

去年の7月20日 追悼かがり火コンサート

|

« 久々のロング走 | トップページ | 5連勝で折り返し! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 漫画を小難しく論じる:

« 久々のロング走 | トップページ | 5連勝で折り返し! »