« 太陽にほえろ! | トップページ | 丸亀→亀しょうコース »

2009.05.28

毛虫撲滅作戦

5月28日(木曜日)
 一昨年の秋、毛虫大発生事件があった我が家の「Rioの木」。バラ科サクラ属のスモモ(プラム)の木です。
 去年は何事も無かったのですが、今回、またおぞましいほどの毛虫が大発生。しかしまだ本格的大爆発直前の状態で、あと2~3日も経てば若い芽や葉が全て食い尽くされるのでは、のレベルでした。

 昨日の朝RUN後の巡回で発見。幹が何か動いていると思って目を凝らすと幹に敷き詰められた毛虫のむしろ状態。
 よく観察すると枝、葉の至るところにうごめく姿が。すぐに木酢液+食酢+焼酎混合希釈液をふりかけて緊急的に対応。
 
P5285159P5285162   今日、勤務時間が終わってすぐに薬液散布用の噴霧器と毛虫退治用「オルトラン」という農薬をホームセンターで購入。
 木を見ると木酢液効果は若干はあったものの、まだウヨウヨとヤツらがたかっています。すぐに原液を500倍に希釈し、約30分かけて4リットルほど噴霧しました。

P5285167P5285165_3  のたうち回り、ボトボトと木から落ちるヤツら。
 勝利の瞬間とはいえ、全く気分のいいものではありませんでした。

 彼ら自身に悪意はないにしても、生命の継承という大自然の摂理が、彼らをより成長に適した環境下ではびこらせてしまうのですね。ある意味、インフルエンザと同じようなものかも。
 勝手に繁殖の舞台にさせられているこちらは大迷惑。他人に迷惑をかけてまで自分の種を保存しようという身勝手なルール。なぜもっと謙虚になれないのか。謙虚な姿勢では大自然の中で弱い種は途絶えてしまうからなのでしょうか。

 しかし、そんな身勝手な理不尽には屈するわけにはいきません。徹底的に、勝手な生命の繁殖を叩きつぶさなければなりません。

          * * *

 翻って、我ら人間はどうなんでしょう。
 この地球や宇宙に対して、毛虫やインフルエンザと同じようなスタンスを取っていないでしょうか。
 人間には他の生命にはない知力があります。知力=「謙虚に繁殖する」能力。これを持ち合わせています。その能力をきちんと使えているでしょうか。
 「徹底的に叩きつぶされる」前に、自分達のあり方をもっと考えなくてはならないかも。そんなことを連想してしまいました。

          * * *
 
P5285176  陽が落ちかけた畑、5月の記録的暖かさでだいぶ伸びてきたイモ達の芽・葉を撮影し、作業を終えました。

          * * *

 去年の5月28日 嬉しいような寂しいような 
 去年の5月28日 Chanson & jazzに酔いしれませんか!?

|

« 太陽にほえろ! | トップページ | 丸亀→亀しょうコース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 毛虫撲滅作戦:

« 太陽にほえろ! | トップページ | 丸亀→亀しょうコース »