« 飲み過ぎ一週間 | トップページ | 桜開花予想 »

2009.03.20

古い写真にゃ味がある

3月20日(金曜日)春分の日 
 そんな経緯で、今日は10時頃までぐっすり。起きると外はピーカンの青空。春の風。
 もったいないな。普通なら長距離RUNに出てるところだったのに・・・やっぱり少し具合が良くない。

 午前中はNHK「おかあさんといっしょ」の歴代お兄さんお姉さんや「みんなのうた」の古い映像などを集めた番組に見入ってしまい、見ながら体力の回復を待ちます。

 午後、娘と母を連れて「高野寺」へお彼岸の墓参り。墓といってもその実体は「納骨堂」。
 生花を生けることもなく、ロウソクに火をつけることもなく、上から水をかけることもなく。  
 ただ、扉を開けると自動的に点灯する電気式のロウソクもどき、スイッチで先端が赤くなる線香もどき。それらの前にお供えをして、拝むだけです。
 もちろん、納骨堂はロウソクの香りも線香の香りもしません。なんだか味気ない。

 魂を入れた位牌は家にあるわけだし、もっとも、そんなところにじっとしている父ではないし。
 そうです。父は空を自由に動き回っているはず。
 こんなところに父はいないのにな、と思いながら手を合わせてもあまり気持ちが入りません。

         * * *

P3205015  せっかく西部地区まで来たということで、函館地域交流まちづくりセンターへ寄ることにしました。今やっている催しは2階フリースペースでの写真展。

P3205019 「モボ・モガを探せ!」
 大正~昭和初期の都会を撮った古いモノクロの写真。古いのに、おしゃれで活発な息づかいがそこにはあります。昭和9年の大火後の写真でも、復興を目指す人たちのエネルギーの強さが伝わってくるようです。

 この函館大火で暮らしや気持ちに大きな打撃を受けた市民を勇気づけようと「函館港まつり」の実施を提唱したのが谷徳太郎という方らしく。その三女、谷タネさんがモガの象徴として多くの写真になっています。

P3205016  彼女は現「まちセン」(旧丸井)のすぐ隣りにあった「田本写真館」に勤めていたことから、自身がモデルとなった写真が多く残されているとのことです。平成10年まで長生きされたらしいですが、生きている間に色々とお話を聞いてみたかったなぁ。

P3205018  土方歳三の代表的な写真を撮ったのが「田本研造」「木津幸吉」ら写真師といいますから、たぶんこの田本さんの写真館に彼女が勤務してたのかな、と勝手に想像しますが、もしかして谷タネさんは土方歳三に逢っていなかったのだろうか・・なんてどんどん空想が広がります。

 先日のイカすホールでの写真展といい、最近函館界隈の古い写真に惹かれますね~。

 なお、この「まちセン」での写真展開催は3月22(日曜日)まで、時間は10:00~19:00です。是非!

          * * *

P3205020  このあと棒二森屋デパート7階で開催中の「全国うまいもの味めぐり」に立ち寄ってみました。
  まさに日本各地から、地域を代表する名店が屋台のようにひしめいてP3205021 います。どれもこれも美味しそうです。
 しかし、人混みに加えフロアで揚げ物など料理しているP3205022 ため、暑さが尋常ではありません。すぐにのぼせてきて、急いで小樽「なると」の鶏と沖縄の球形のドーナッツを子供用に買い、会場をあとにしました。
 3月24日(火曜日)まで、時間はこれも10時~19時(最終日は16時終了)。 

          * * *

去年の3月20日 風邪にやられる

|

« 飲み過ぎ一週間 | トップページ | 桜開花予想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古い写真にゃ味がある:

« 飲み過ぎ一週間 | トップページ | 桜開花予想 »