« 奥州街道からお客様 | トップページ | 高野寺納骨堂でお骨納め »

2009.03.07

どうなん追分シーニック会議

3月7日(土曜日) 
 午前中、約10キロのRUN。路面はドライ。昼前までは風は冷たくてもそれほど強くはありませんでしたが、昼過ぎくらいからやにわに雲行きが怪しくなってきました。大型の低気圧が北海道を横切るとかで、暴風雪警報が檜山の一部などに出ているとのこと。

 そんな中、シーニックバイウェイの候補ルートである「どうなん・追分シーニックバイウェイルート」のルート運営代表者会議が久ぶりに知内町商工会で15時から開催され、行って来ました。行きはまだ雪もなく国道228号の路面も乾いて走り易い。

 ちなみに今回の立場は「南檜山・西渡島の新たなネットワークを支援する会」の代表代理として参加でした。
 去年の3月8日もこの代表者会議やってたんだっけ。懐かしいな。もう1年経ったんですね~。
 
P3075000  勉強会として組合長の室谷さんから江差町歴町商店街(いにしえ街道)の取り組み発表、そして殿様ウォークなどを企画実践し福島町の活性化に熱心に取り組んでいらっしゃる中塚さんから吊り橋による活性化構想の報告が行われました。

P3074998  その後、北海道観光振興機構(旧北海道観光連盟)の藤沢さんから平成21年度に企画されている「道南集中キャンペーン」のご案内がありました。北海道の観光の元締め団体が、この道南をとても力強く特出しして応援してくれるという美味しい話であり、非常に興味深く聞かせていただきました。
 藤沢さんはもとJALにお勤めだったそうで、そこからの出向(?)で観光振興機構のプロモーショングループマネージャーの立場で今回、道南担当として訪れていただいたものです。藤沢さん自身福島町のご出身で、かなり個人的にも力が入っていらっしゃるとのこと。頼もしい味方が現れてくれました。
P3074999  あとはこの道南がその熱い思いにどう応えるかが重要。これは嬉しい、であとは何もしないでは、まったくこのチャンスも空振りに終わる可能性大です。自分達で主体的に動かなければ何も生まれず、相変わらずの何もない道南が続いていくことになりかねません。絶対に ものにしなければならないと思います。

 代表者会議では、これまでの経過、平成21年度総会の開催計画が事務局から報告あったあと、今後の活動計画として「歴史・文化」「景観・環境」「食・観光」「人材・情報」の各部会から提案報告などがあり、閉会が予定の17時半を過ぎるくらい熱心な議論が行われていました。自分は今日はエコツアーやっては?との発言に関連して「カーボンオフセットツアー」のシステムのご紹介など。それと、藤沢さんの企画、うまく活かしていきたいですね、を最後に。

 途中、窓の外が猛吹雪。あまりの強風に会場が地震のように揺れる場面もあり、一瞬、竜巻かっ!とビビリましたが、事なきを得て。  
 
 実は、会議終了後に懇親会もセットされてはいましたが、例の「Fab仲間パーティ」企画参加のため、涙をのんで辞退でした・・。皆さん、ごめんなさい、次回はきっと参加しますので・・。

          * * *

 で、お誘いを頂いていた「FAB仲間でパーティ」。こちらは19時半からです。
 誕生会も兼ねて、ということだったので、誰のかと思って行ってみれば、ほかの2月生まれの方のに加え、自分の分(2月9日)も入っていたとのことで、、、ありがたいことです。

 全6人で自分以外は、それはそれは素敵な女性ばかり・・・。2007年12月15日の記事で書いたハーレム的BEATLESパーティの再来です;;
 皆さんそれぞれ「お祝いネタ」をお持ちで、結局、全部合わせて「よかったねパーティ」になりました。
 
 本町の「じゅ亭む」というお店が一次会で、そこは何処かと思えば、何と何と、我らが「亀しょう」と同じビルの2階にあったわけで。濃~い芋焼酎を飲んで気持ちよ~くなりながら二次会へ移動しても、階段さえ気をつければ全然OK。
 BEATLES仲間に60~70年代フォークの独特なマニアック世界はどうかと思い、事前にみなさんに確認しておいたのですが、大丈夫との同意を得ていました。

 自分は昭和フォークからカーペンターズほか洋楽ポップス、そしてビートルズ、ハードロック、ヘビメタと進み、フュージョン、クラシック、JAZZと変遷、というより守備範囲を拡大してきていることから大概何でも来い。
 だから、めちゃマニアックなフォーク世界にも耐えられる、というより、どっぷりはまり込んで悦に入るほうですが、この世界が皆さんに通じるなんて非常識は、全く持ってません。

 「亀しょう」では前の時間帯にブルーグラスバンドのライブがあったということで、その流れでまだ余韻に浸っているたくさんの方が残っていて、混み混み。
 そのメンバーの方々の生ギターがまたやたらと巧い。こりゃ、このあとステージになんて上がれないと思っていたのもつかの間。マスターにせかされてギター片手にやり出すともうそこから止まらない(笑;;)

 課題曲「秋桜」で始まり、一緒の女性陣からリクエストは入るし、例えば「シルエット・ロマンス」好きだから歌うので弾いて、と言われても難しいコード沢山で弾けないよ~となるとマスターが演奏してくれるわ、今回持っていた中島みゆきの楽譜から、とても上手いお客さんが懐かしい曲を演奏してくれるわ、ブルーグラスライブが再燃するわ・・等々で最高潮に盛りあがってしまいました。
 
 最後は「Com.MIT」メンバーの一人が駆けつけてくれ、早速独演、そして私との共演。。
 大満足の夜は更けてゆき、この夜も帰宅は2時を回ってしまいました・・・。 

          * * *

去年の3月7日 宴会のブルース 
去年の3月6日 嬉しかったこと 
去年の3月5日 公立高校入試 親から子へ 

|

« 奥州街道からお客様 | トップページ | 高野寺納骨堂でお骨納め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どうなん追分シーニック会議:

« 奥州街道からお客様 | トップページ | 高野寺納骨堂でお骨納め »