« 職場の机上整理 | トップページ | 飲み過ぎ一週間 »

2009.03.15

「あの日とこの日・・」写真展

3月15日(日曜日) 
 またまた、息子のヤツが2日連続で学校への送りをまだ布団の中に居る私に所望しやがる。
 せっかく朝RUNを考えてたのに・・・ぶつぶつ言いながら車で国道228号を北ガス方面へ。そこで息子にメールが入ったらしい。
 「え~、『今日、雪降ったから部活休みにした』だって~」って。お前、「卓球」は室内競技だろうが!何で雪が関係あんの? そもそも、今日の送りは部活のためだったのかよ・・。
 で、GEOのあたりで急遽Uターン。

 新聞読んだあと、10時発で21キロRUN。
 強風が吹いているわけではないのに心臓がいつになく苦しい。体力の消耗も。高地トレーニングってこんな感じ?
 やはりこれは・・と、そうです、悪いのは「献血」。ということで自分の中で結論づけます。
 いや、実際、本当にそうなのじゃないかな。

20090315_1117runphoto_3    スノーターサーで出走した割には歩道の雪はほとんどなく、それなのに、ただただ疲労困憊の21キロでした。
 途中、休憩がてら携帯で撮った大野平野から駒ヶ岳方面望む写真です軍手で隠れている部分ありますが; → 

P3155010  午後は娘と母親(娘のおばあちゃん)を連れて函館駅構内2階イカすホールで開催中の写真展「あの日とこの日・同じ街」へ。

 函館駅前付近、「棒二」や「和光」や「さいか」あたりの風景、連絡船桟橋、元町十字街近辺、函館山からの景色、
P3155009 昭和初期~中期の懐かしいモノクロ写真。哀愁が漂い、かつ、賑わいの中に秘めたエネルギーが感じられ、とてもいい写真ばかり。函館港が、埋め立てない分、今より広いはずなのに行き交う船また船で非常に狭く感じ。これも活気溢れるいい写真でした。

 昭和初期とはいえ、我々の子供の頃にまだあった市内の風景も多く、母と共にノスタルジーに浸ることができました。娘は相当退屈そうでしたが;;

P31550061 ←さいかデパートのアップ写真、ほかのさらに古い写真のさいかには無くてあれっと思ったのですが、昭和中期以降の写真に、ありました!
 屋上の円形回転レストランです。
 これ、意外と知らなかったり覚えている人がいないことを最近も認識した機会があって、もどかしかったのですが、今日の写真で妙な充実感を得られて(^^)
 和光デパートの写真では、屋上の「東芝」の巨大な文字も遠い記憶のものと一致し、これも懐かしくて良かったです。

          * * *

 夕方から、Gyaoで映画「戦場のピアニスト」を観ました。ユダヤ人弾圧のころのポーランドが舞台。戦争ものでもこの手の不当な人種差別を扱った作品はやるせない切なさがありますね。「ビューティフル・ライフ」もしかり。
 先週末にやはりGyao観た「失楽園」でのやるせなさとはまた全然別の類のものです。

          * * *

去年の3月15日 SALSA THE PARTY!! 

|

« 職場の机上整理 | トップページ | 飲み過ぎ一週間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「あの日とこの日・・」写真展:

« 職場の机上整理 | トップページ | 飲み過ぎ一週間 »