« 観楓会で大満足 | トップページ | 開港150周年記念フォーラム »

2008.10.25

城岱・大沼紅葉ツアー

10月25日(土曜日)
 あまりにも天気が良いので、娘を連れて紅葉ドライブに。
Pa254666Pa254667   函館新道を七飯本町ICで降り、城岱牧場経由で大沼へ。相変わらず城岱あたりはそれはそれは景色はいいですが、すでに多くの葉が落ちていて紅葉はピークを越えている模様。

Pa254668_2Pa254670    大沼では、だんごを買ってから車で一周。先週のグレートRUNのときよりは紅色が多くなっているようですが、同時にやはり葉が落ちていることもあって、ピークは微妙に過ぎている感じもあります。
 それでも美しい紅葉の杜に二人で大喜びしつつだんごをいただきつつ、秋の湖畔を楽しんで帰ってきました。

          * * *

 松田聖子の初期のアルバムを聴きたい想いが募るけれど、レンタルCD屋では全然置いていない話を10月5日の記事で書きました。
 最近、ヤフオクなどではどのくらいで取引されているのか調べてみたところ、大体安くても1枚千円程度はするようです。
Pb240140  となると、音楽配信サイトからダウンロードしても1,050円ですから、いっそのこと、それが手っ取り早いと思い、ためしに「mora」から1stアルバム「SQUALL」をダウンロードしてみました。

 OK!最高です。すぐにCDに落として大沼ドライブのお供として活躍してもらいました。
 秋晴れのキャンパスに描かれた紅や黄色、そして息を呑むグラデーション。BGMには「裸足の季節」や「青い珊瑚礁」。もう何も言うことありません。

 まあ、そういったシチュエーションはともかく、1stアルバムの聖子ちゃんはとにかく跳ねています。これでもかというくらい、音が伸び、それでも力を持て余して爆発しているイメージ。以後の大活躍を暗示するような秘めたる力量がビシバシ伝わって来ます。
 上記大ヒット曲ではあらためて歌の迫力や瑞々しさトータルバランスの凄さをまざまざと見せつけられました。
 そしてこの2曲はもちろんですが、全ての収録曲においてそんなきらめきテイストが感じられる。
 1stアルバム「SQUALL」。あらためて素晴らしいアルバムということを実感しました。

 ちなみに、今回ダウンロードしなかった2ndアルバム「North Wind」ですがカセットテープで車内へ持ち込みこれも久々に聞いてみました。もちろん、優れていることには変わりはないです。しかし、変声期の予兆がわずかに現れ始めているのか、はたまた冬アルバムなのであえてそうしているのか、パンチ力は1stアルバムより抑えられているような感じがしました。
 まあ、この中の代表的ヒット曲自体が「白いパラソル」、「Eighteen」というスロー目な曲だからなのかも知れません。

 次回は自分の中では最高傑作と位置づけている「ユートピア」をダウンロードして、また感想などを綴ってみたいと思います。  

          * * *

去年の10月25日 青函2日目

|

« 観楓会で大満足 | トップページ | 開港150周年記念フォーラム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 城岱・大沼紅葉ツアー:

« 観楓会で大満足 | トップページ | 開港150周年記念フォーラム »