« 環境考古学と縄文文明 | トップページ | 夏の海 »

2008.09.14

亀田八幡さんのお祭り

9月14日(日)
P9144513  今年も下の娘を連れて行ってきました。圧倒的な出店とイベント小屋などの華やかさはいかにも古いお祭りという雰囲気を醸し出し、自分の懐古主義的感性にピタリとはまります。本当は夜の方がもっと雰囲気が出て好きなのですが。

P9144511  今回はクレープ、揚げ芋、お好み焼きなどを買い食いしつつ、娘のたっての希望で『お化け屋敷』に入ってみました。
 大人6百円、子供4百円。 自分はこういうのはあまり好きではないのですが、娘はどんどん先に進みます。当然、中は真っ暗・・・。
 あとは語るもおぞましい・・思い出すだけでもゾッとします。ギャー~ッと いう阿鼻叫喚と共に、何回チビリそうになったことか(いや、チビッたことか・・・)。父は涙と鼻水で顔面ぐしゃぐしゃになりながら、這々の体(ほうほうのてい)で出口にたどり着いたのでありました。

P9144510 腰が抜けそうになりながら、時計を見ると10分も経っていません。2時間は中にいたようなそんな気がしていたのです。
 亀田八幡さんのお化け屋敷、凄いです。(関連記事

          * * *

 そして今日は14日は 中秋の名月。まだ夏の名残がある空気。こういう状態での十五夜というのはあまり記憶にないような気がします。
 暑い秋の夜長に、今回は「パラレルワールド・ラブストーリー」(東野圭吾)を一気に読んでしまいました。これもまた絶品。いつものように、必ず登場する絶世の美女。自分の頭の中では、完全に自分好みの素敵な女性に仕立て上げてしまいますが、今回もそんな彼女、津野麻由子が大きなキーウーマンになりつつ、物語は常に劇的に展開します。う~ん、お化け屋敷と同じくらい凄いです。この小説。

          * * *

去年の9月14日 バイオ遺灰 

|

« 環境考古学と縄文文明 | トップページ | 夏の海 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 亀田八幡さんのお祭り:

« 環境考古学と縄文文明 | トップページ | 夏の海 »