« 春bar-gai その1 | トップページ | 春一番伊達ハーフマラソン »

2008.04.19

春bar-gai その2

4月19日(土曜日)
 10時に起きて昼頃までボ~っとして(その理由は下記にて明らかに!!)、午後、やっと車を会社にとりにいきがてら、五稜郭公園一周RUNして桜の具合を確認してきました。
 暑いくらいの日で、結局、今日したそのほかのことといえば明日の伊達の準備とオーシャンスタジアムのファイターズ戦のチケットを買ってきたことぐらいとなってしまいました・・。

          * * *

 さて、前回からの続きです。バル4軒目からのご紹介。

<4.20番 スプラウト>
 同じ通りを五島軒のほうへ来た道戻る形で少し歩きます。先発隊が入って「カレーがとても美味しかった」ということだったので、ここに入ることにしました。ビールが似合うはずなのに残念ながらビールは無く、カレーに付くドリンクはカシス何とかやジントニックなどの3つほどのカクテル。

 去年の秋にオープンして今回バル初参加というこの店の雰囲気は、やはり木のイメージを基調としたアメリカンスタイル。カウンターで注文して、「相席でもいいですか」と店員さんに問われ、「むしろ望むところ」と思い、はい、と即答しました。

 広いテーブルに案内されると一組のカップルが居て、あ、こりゃ期待はずれ・・・と思っていたら、女性のほうから「あれ~っ」とアクション。なんだ?と思って良く観察する間もなく、職場でいつもお世話になっている別の課の女性社員であることが判明。彼女が旦那さんと来ていたのでした。
P4183983  そこで自分は彼女のエピソードを、彼女からは我が課のエピソード等をこちらの連れに紹介するコーナーになってしまい相当長い時間盛り上がってました。

 カレーは ごはんに混ざった形のリゾットみたいなので、とても深い味わいが美味しかった。ドリンクの味は既に記憶がありません・・・。(写真、ピンぼけで残念)

 ここで、ビートルズ・ファイターズ仲間から電話連絡が入り、彼女らもバルで回っているとのこと。5月10日11日の千代台オーシャンスタジアムでのファイターズ戦を是非観戦しようという話で盛りあがりました。
そしてバルとしては最後の1軒へ。

<5.58番 花かるた>
 このお店は外せません。転勤者である連れにも是非紹介したいという思いもあり、少し遠いながらも向かいました。
 店外にもテーブルがセットされ、客が溢れています。やっぱりいつも混んでる人気の店です。
 店に入るとすぐ目の前のカウンター席に上司が座っていて、まずはビックリ。
 ママがすぐ気づいてくれて、混んでいるにも関わらず、カウンターの奥の方へ案内していただきました。こういうときは身内(?)はお得です。
 賄いのほうから家を手伝っている、花かるたアンリミテッドのえりちゃんが顔をみせてくれご挨拶。そして何と、同じアンリミテッドの爽やかでカッコイイフルートプレイヤーまきんこさんも一緒にお手伝いしていらして。
 ママも「NAOMI君、まきんこちゃんの大ファンなんだってよ」と本人の前で焚きつけるものだから、こっちも「はい、大大ファンですよ~(^^)」と。知り合いでもなく、向こうにとっては初対面なのに、酔った勢いとは怖いものです。

 実際、彼女のフルートは以前もここここでご紹介したように、素晴らしく心に響き、音色・息づかいで陶酔させてくれる最高のテイストなのです。

P4183984  おでん、そうめん、おつけものといういつものボリューム感たっぷりメニューに、コーヒー焼酎で、ここでもまたたっぷりの時間を費やしてしまいました。

 仲間は31番 ザ・ベリー・ベリー・ビーストという店の1階にある「蔵や」という店にいるというので、ここでママにお別れをし、フラフラの足取りでえらく迷って遠回りしながらやっと合流しました。

 もうこの段階になるとほとんど何をしゃべったかも覚えてませんが、職場の色々をネタにして盛りあがっていたような気はしています。
 23時までという店に、24時まで騒いでいたようで、大変申し訳ないことをしました。

 そこを出ると最後の仕上げはやはり「ホワイトビートルズ」。いつもはは一人で行くところなのですが、今回はこんなに遅い時間なのにみんなも一緒にいく!と言ってくれて札幌などに帰った2名を除く5名で行きました。

 店に入るといつものS藤さん、Y本さん、この店で知り合った市内の女性など馴染みの顔がやはり居て、落ち着く感じがします。ああ、自分の居場所はここだなぁ と。

 あとはもう、何をどう話したものやら、マスターのご厚意でこんな酔っ払いでもBASSを弾かせていただき、全然間違えながら、3曲ばかり。伝説の「4’」ボーカルRikiが久々にマイクをとり、美声をシャウトに乗せてくれたのですが、BASSめちゃくちゃで、マスターはじめ皆さんに対し誠に申し訳ない気持ちで一杯でした。ほんっとにゴメンナサイ!

 ここに来るといつも反省。酔っ払いながらでもちゃんと弾けるようにならねば本物ではないなぁ。まだまだ修行が足りないなぁと。
 結局、3時過ぎまでいて、帰宅したのは3時半になりました・・・。

 いずれにせよ、スタートではつまずいたものの、結果的には話題盛りだくさんでとても楽しい、スペシャルな夜になったのでトータルでは大満足ではありました。

 明後日のハーフマラソン、大丈夫か?!

|

« 春bar-gai その1 | トップページ | 春一番伊達ハーフマラソン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春bar-gai その2:

« 春bar-gai その1 | トップページ | 春一番伊達ハーフマラソン »