« 五稜郭タワーでキャンドル作り | トップページ | Blog質向上戦略? »

2008.01.23

まちセンで情報分科会

1月23日(水曜日)
 シーニックバイウェイ「函館・大沼・噴火湾ルート」のルート運営代表者会議情報分科会が函館市地域交流まちづくりセンターで行われ、オブザーバー参加してきました。
 情報分科会では、これまで持っていなかったルートのホームページを計画中。今日は構想の大枠が示され、皆さん活発に意見交換をされていました。

 まずは、活動団体間の情報交換ツールを目的の主眼として開発し、追い追いは広く一般向けに観光等のPRもしていくというイメージ。
 仲間うちのネット上での情報交換を含め、如何に安価で使いやすい環境を構築するかということでの議論でしたが、グーグルの無料グループメーリングリストをHPとは独立して運用する、など斬新なアイデアが若者から出されたり、実のある会議でした。

         * * *

 先日、披露宴対応即席バンドの音合わせを3時間ほどやりました。

 そういえば、バンド名、まだ考えていませんでした。“名前”ってとても大事なもの。まさにエンデのネバー・エンディング・ストーリーのお話ではありませんが、名前を付けるということは、ある物事を始めるにあたっては非常に重大な意味を持つ仕事。これは本当にそう思います。言ってみれば、“そこ”に命を吹き込むイメージとでもいいましょうか。

 話を戻して。
 自分以外は皆さん今回初めて聴く曲というのに、完成度の高さに驚き。やっていくうちにどんどんと新しいコードの発明(?)や新たなアレンジのアイデアが盛り込まれ、観衆をグッと惹きつける曲調へと進化していきます。
 ただ、次々と新しいチャレンジ課題ができるものだから、当然のことながら技術が付いて行っていません。3人ともいいイメージは持てているので、あとは練習を重ねてきちんと決めるところさえ決めれば、最高のパフォーマンスをお聴かせできること、間違いないと思いますが。
 練習終わると疲労でぐったりでしたが、良い緊張感を持ってみんな頑張ってます。
 日常で、仕事以外にある目標に向けて緊張感を持って何かをやるっていうのは、とても新鮮だし大切なことだとあらためて実感してます。

 ただ、その意味では緊張感の原因となっているもう一つの要素「イカの勉強」。これはかなり停滞気味。
 家に帰ってテキスト広げても15分も経たないうちに眠くなり、全然わやですわ。結構本気でヤバイかも知れません。
 ホントはこんな文章書いている暇あれば勉強しなきゃなんないのにね・・・・(^-^;;;

          * * *

 今夜半から暴風雪になるという予報の道南地方。通勤もですが明日は未来大学への外勤も予定しているので、とても億劫です。

          * * *

去年の1月21日 函館学講座 受講

|

« 五稜郭タワーでキャンドル作り | トップページ | Blog質向上戦略? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まちセンで情報分科会:

« 五稜郭タワーでキャンドル作り | トップページ | Blog質向上戦略? »