« 『海猫(下)』完読 | トップページ | 2007函館ハーフマラソン大会! »

2007.09.29

ファイターズおめでとう!

9月29日(土曜日)

 北海道日本ハムファイターズ。V2、おめでとう!嬉しい~。
 小笠原の離脱で戦力ダウンが懸念され、新庄の引退でチームの雰囲気が維持できるか心配だったシーズンイン。確かに長打力は低下したかも知れないが、単打の積み重ねに足を絡め、堅い守備と上手く繋がった投手陣。全てのマッチングが良い方に流れ、ついにリーグ優勝を達成。
 駒大苫小牧が負けた夏の甲子園あたりでは、意気消沈しかけた空気を、本当によく盛り上げてくれたファイターズの選手の皆さんに御礼を言いたい。本当にありがとう!

 クライマックスシリーズはお祭りなので、マイペースで持ち味を出してそこそこやってくれればいい。
 それより、来シーズン。今度はヒルマン監督がいない中での戦いが待っている。チームの雰囲気が何処まで保てるか。次期監督に託された期待はとても大きい。

 それにしても、北海道のテレビ局。緊張感の無さにがっかり。北海道民が(といっては言い過ぎ?)今一番見たい番組をあえて全局、足並みをそろえて見せてくれない。ましてやうちはBS見れないんだから。

 ここ1週間ほどはありとあらゆる試合展開を想定し、いつ優勝が決まる試合となっても、きっちりとリアルタイムで道民に届けるよう臨機応変に対応する。それが北海道のテレビ局の使命ではないのか。 
 大きなお世話とは思うが、視聴率にぴりぴりしている世界なんじゃなかったのか。
 まるでがっかりである。もちろん、ラジオでずっと聴いていたよ。今回は。

          * * *

 「半島浪漫」
 明日に備え、午前中のうちに8キロほどのRUN。
 午後からは「大沼国際セミナーハウス」で市民まちづくり大学講座に参加。
 市長・町長はじめ、観光協会のお偉いさん、まちづくりに造詣のある方々が一同に会し、道南のこれからについて熱く語った。

 客席からの意見参加も比較的多く、皆さんの熱心さが伝わってきた。

 ただ、皆さん、「本物の食材」「本物の文化」というふうに、昔からある玉をとにかく磨いて
自慢できるふるさとをPRし、売り込むという基本理念にかけては大変な熱の入りかたであるのに対し、コーディネーターが
 「そういっただんごの理論も確かにその通りだが、これからはそのだんごを貫き通す串のようなものが重要。つまりは広域的連携戦略や情報戦略による道内外へのPRなどが極めて大切になってくる。そういった面ではどんなことが考えられるか」
 と振っても、みなさんは
「いや、まずは地域のだんごをしっかりと・・・」と、とてつもなく頑固に、だんご重視の姿勢を貫いており、ちぐはぐなトークセッションになっていたのが残念。

 道南気質として、連携という分野は不得意というか体質に合っていないのは、檜山育ちの自分にとってよく理解できる。だからこそ、まずはだんご。おらが町を磨くことにとことんこだわるのだ。
 しかし、その姿勢を貫き通すだけでは今までと何ら変わることはできないことに、早く気づくべきだ。

 セッション後の懇親会パーティでは地元の食材をふんだんに使った豪華料理で立食。バックではJAZZの生演奏。
 そして、普段はお近づきになれないような道南の大物達に混ざり、じわじわと名刺交換など。
 素晴らしい人材はたくさんいる。だからこそ、うまく繋がってほしいと切に願うのである。

           * * *

去年の9月29日 駅伝打ち上げ!

|

« 『海猫(下)』完読 | トップページ | 2007函館ハーフマラソン大会! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ファイターズおめでとう!:

« 『海猫(下)』完読 | トップページ | 2007函館ハーフマラソン大会! »