« 我が家も光ケーブルに | トップページ | スペシャル猛暑! »

2007.08.11

江差姥神大神宮渡御祭

8月11日(土曜日) 
 生まれ故郷の江差町には、世界に誇れる歴史的なお祭りがある。江差姥神大神宮渡御祭。
 「江差の五月は江戸にもない」。栄華を誇った鰊漁の時代は過ぎ去り、今や人口1万に満たない小さな町。しかし、360年以上も昔から、脈々と受け継がれ、この時代になっても色褪せない、確かな文化がそこにある。

P8112772P8112779   久々にこれをじっくり堪能したくなり、車を走らせた。
 R227経由、お昼過ぎに鴎島入り口の岸壁の近くに車をとめる。するとジャストタイミング。目の前、海岸沿いの国道228号をゆっくりと山車(”やま”という)の列が津花町→海岸町→南が丘方面へ向けて進んでいる。 【巡行経路】【MAP】

P8112782  山車ごとに意匠が決まっている半纏(はんてん)姿がみんな”いなせ”でカッコイイ。幼い子供からご老体まで。どっぷりと祭りモード。これが江差の祭りだ。
P8112786  太鼓はまだゆっくりとしたリズムを刻む。笛もまだのどかな感じ。これが夜半の新地総結集に向かうに連れ、どんどんアップテンポに変わっていくのだ。

P8112804_2P8112806_2
    いにしえ街道を歩いて見学しつつ、姥神大神宮へお参り。お賽銭を投げ、おみくじを買う。娘は中吉、自分は大吉。

P8112811  高台にある親戚の家では、2階ベランダから、夕飯休憩直前の山車行列の眺めが実に良く見える。 風が少し気持ちよく流れ始めている。
 一度家に入り、高校野球、駒大苫小牧の広島広陵戦をじっくり見ながら(最後、負けて(T_T)・・・)、豪華なオードブルやお稲荷さんなどお祭り料理の数々を味わう。
 親戚の主はその昔、茂尻「誉山(ほまれやま)」の頭取(とうどり=総代表みたいなもの)の経験もある。祭りにかけては、それは詳しい。今回は、番外編として石黒賢が祭りのロケに入っていたエピソードを事細かく話してくれて、実に面白かった。
 
 せっかく来たのだから、最後の新地勢揃いの最大級に盛り上がるシーンを見て帰ろう、ということになり(って勝手に自分で決めたのだが)、20時半ごろまでゆっくり。そのあと、真っ暗になった外に出て、娘と新地へ向かう。夜店は今や人また人。お祭りはやっぱりこうじゃないとね~。

P8112833  人の波をかき分けるようにして新地のバス停付近まで歩く。しかし、この時間帯の人の波、昔はもっとずっと多かったような気がしたのは気のせいだったか。
 20時45分には山車勢揃いときいていたが、21時過ぎにやっと最初の山車が通り過ぎて行く。ロケが入ったためかどうか知らないがかなり遅れていて、この分だと結集は相当遅くなる。13台全てここを通り過ぎて円山で折り返してこなければ「勢揃い」を見ることはできない。この時点で、今日は無理と悟った。
 それでも最後の1台が通り過ぎるまで、食い入るように山車に見入る。

 姥神大神宮渡御祭の詳細、山車一台一台の説明から歴史、精神性に至るまで、実に細かな解説が祭典実行委員会のHPにあり、堪能できる。山車の紹介コーナーでは、音声で各山車特有の演奏を聞くことも可能。

P8112839  今回、夜のクライマックスを見学してみてあらてめて気づいたところ。
・「線とり」(電線が山車に引っ掛からないように、棒状の道具で持ち上げる役)の若者、出しゃばりすぎている山車が結構あった。多くの見物客は祭りの雰囲気を楽しみたいのはもちろんだが、各山車の人形をもっと良く観たいと思っている。中には人形の前に立つようにして大いに騒ぎ、人形が良く見えなくなっている山車もあった。
 神功山などは、さすが「北海道指定文化財」をわきまえているからか、「線とり」の存在に気がつかなかったほど、そのへんはきちんと考えられていた。

P8112842 ・山車を曳く者、太鼓を叩く者、線取りをする者。若者達の盛り上がり方に、品性に欠けるもの多々あり。このへんになると、ただ単に自分がおじさん化したために、そんなふうに感じてしまうようになっただけなのかも知れないが。

 しかし、そのおじさん化した頭で考えていたのは、伝統ある山車ばかりでなく北海道遺産に認定となっているこの祭りのあり方自体、歴史的・文化的価値の一要素である。観光客は単なる若者の酔っ払い的バカ騒ぎ的盛り上がりを観に来ているのではなく、山車の格調高さに見合った喧騒を堪能しに来ている面もあるのではないだろうか。
 例えば、京都の祇園祭りで、若者たちが同様な騒ぎ方をするだろうか、と考えるのだ。

P8112848  ともあれ、この祭りの盛り上がりは、そういった若者達の変なテンションのバカ騒ぎに依存して成立している側面も否めないのだろうから、新旧文化の融合ということで自分の中で消化しておかなければならないといえるのかも知れない。

 祭りも良かったが、帰路の車中、娘の満足そうな寝顔が、今日の一番の収穫かな。

          * * *

去年の8月11日 今日から夏休み

|

« 我が家も光ケーブルに | トップページ | スペシャル猛暑! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江差姥神大神宮渡御祭:

« 我が家も光ケーブルに | トップページ | スペシャル猛暑! »