« 今日のお昼は・・・ | トップページ | クールファイブ »

2007.08.30

五稜郭藤棚論争

8月30日(木曜日) 
 五稜郭公園に現存し、市民や観光客に親しまれている藤棚。
 同箇所に復元が予定されている「箱館奉行所」の外構の一部がこの藤棚にかかるため、函館市では藤棚の移設を含め現位置からの撤去を計画している。

 このことで市民や支援グループと函館市の間で熱い論戦が繰り広げられているらしい。
 藤棚存続派は署名を集め、市議会議長に陳情書を提出するなどこの議論を市議会の土俵にも載せていく戦略。

 「史跡」としての五稜郭公園にハコモノを建造することは希であり、文化庁ではそれを許可するために市に対してかなり厳しい条件を付しているという。

 藤棚存続派は「これだけ国民に馴染み親しまれている藤棚を、奉行所復元を理由に他所へ移すことは論外。我々は市民の総意を代弁している」のスタンス。

 一方、市では文化庁の条件を切り札として、反対派への論陣をはっている。
 史跡の改変により、その価値をおとしめないためには、復元は建築当時と寸分違わないものでなければならない。とされているもの。調査によれば藤棚の位置に奉行所の門があった可能性が高く、もしそうであれば門復元のためには藤棚の移設が必須。という構図。調査は継続され、今後精度が上がっていくらしい。

良く勉強されていて関連資料へのリンクも豊富なBlog

 
 ここからは自分の意見を。
 ・箱館奉行所の建設が既に始まっている以上、「そもそも論」は時既に遅し。「巨費をかけるゆとり  があるか」云々の議論は論点をぼかすだけ。
 ・「文化庁の条件」は絶対満たされなければならないとすれば、これも結論は今後の調査結果に委ね  られるだけ。藤棚の位置に門があったか、なかったか。なかったならセーフ。あったらアウト。
 ・藤棚移設後の姿を市はどう描いているか、の議論がどこかでされてるのかな。移設してから、100年後復元された箱館奉行所とのマッチングなどで今より数段風情が醸し出されるということはないのか。
 ・とはいいながら、そもそも五稜郭公園という史跡に、新規にハコモノを建設するなど論外。いくら完璧に復元したとして、それはやはり史跡の破壊。復元したいなら全然別の場所に作れよ!
  というのが自分の思い。
 ・藤棚は今より良い状態になることを見通しての移設であれば、OK。その見通しが出来ないならば市は文化庁と条件闘争をしてでも現位置存続を守り通すべき。文化庁条件に法的な根拠は無いという前提ですが。その意気込みがないのなら市は門が別の位置にあった、という落としどころを強引に導き出す覚悟を(とは言い過ぎですかね・・・^^;;)

 論争の一部始終を勉強したわけではないので的を射ていないこともあるかも知れない(そこはご容赦)が、聞きかじりの中で客観的に眺めていると、どうも両者、感情的になりすぎているような気が。特に藤棚存続派。
 公的機関への市民意見にありがちなのだ(と個人的に巨大な偏見を持っている)が、陳情内容が妙に情緒的であり、かつ、論点が定まらない。今回の陳情書内容もしかりである。Blogに書き込んでいるのと訳が違うんだから、ねぇ。
 「自分たちが市民の総意を代表している」的思い上がり(失礼!)も共通項だ。

具体に指摘してみよう。
(1)公的文書に「別れましょう」や、「だれもが驚き」や、「どちらが人の心を和ませるでしょうか」といった表現。気持ちは良くわかるが、その辺は行政も人の子、個人的には重々理解しているはず。
「立場」として受け取る文書としては、「情に流されてる」「ヒステリック」と見られるよりも、
むしろ理詰めで淡々と、が効果的ではないかと思うのだが・・・あくまで個人的に、ですよ。

(2)「藤棚の存続を求める」のなら、何故、「移設しての存続」が何が何でも駄目なのか。今の場所が長年親しまれている、では論拠が乏しすぎ。移設して100年後、もっと優れた風情が出ていればOKなのでは?その論点での掘り下げが無い。市側もおかしい。何故その方向性で議論をしないのか。
例えば、学術的に「移設」では藤棚が枯れてしまうのは明らか、とかそっちの議論はもうされてるのかな?
 

(3)「市民も・・・を望んでいます」。この表現はやはり避けるべき。市民意見は空間軸、時間軸を通して常に多種多様。10年後の市民意見に責任を持てるの?主語は「私たち○○の会は・・」でしょう。

(4)藤棚の場所をどうするか、の議論に「そもそも奉行所復元に巨費を投じるのは・・・」を持ち込むのは逆効果。論点が分裂し、あえて負け試合の土俵に勝負の一部を持ち込んでいる分、不利になることに気付くべき。

 確かに価値観の問題だが、白か黒、ではなくて折衷案を探ることができるのもニッポン文化のいいところと思え・・・ 良い落としどころが見つかるといいですね。(^^)

          * * *

去年の8月30日 筋肉痛回復

|

« 今日のお昼は・・・ | トップページ | クールファイブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五稜郭藤棚論争:

« 今日のお昼は・・・ | トップページ | クールファイブ »