« 新生Frun | トップページ | シュールな自己嫌悪 »

2007.04.14

大人の・・・!

4月14日(土曜日) 
  ここへ来て雨の週末。昨晩は、取引会社と合同でプロジェクト一区切り記念親睦会があり、1時過ぎまで飲んで騒いで大変有意義な時間を過ごさせて頂いた。久々にひどく酔っぱらい、久々に「あずさ2号」を気持ちよく お兄ちゃん役で歌った。

 今朝は遅く起き、具合のすぐれない状態で昼近くに職場へ。淡々と仕事を進め、19時に帰宅。昨日から降っていた雨は一昼夜過ぎた今なお続いている。峠部では日中から雪に変わっていて、静狩峠もしかり(こちらのライブカメラから確認できます)。今後さらに降り積もるような予報になっている。
 
 ということで、明日の「春一番伊達ハーフマラソン」は エントリーむなしく、欠場やむなし。
・夏タイヤでの静狩峠越えは危険。
・寒いレースに無理して出て、健康を損ねるわけにはいかない。
・仕事が山ほど残っている。
以上の理由で。

 今週、自治体周りで長万部町に出向いたとき、「毛ガニロードレース」の申込書をもらってきた。教育委員会の窓口のお兄さんに、「今年で終わると聞いてとても残念、やはり財政厳しいということ?」と聞いてみたら曖昧に、まあそうです、とか何とか答えてくれた。ああ、ラッキーマンと逢えるのも今年が最後と思うと、いとかなし。
 ともあれ、明日出場できない分は、長万部毛ガニハーフで挽回。その前には洞爺湖のフルマラソンも控えてはいるが。

         * * *

 先の日曜日は知事と道議の投票日だったのだが、例によって函館市と渡島地区は全道でも最も投票率の悪い方からナンバー3以内に入っていたようだ。
 この地方の意識レベルの低さには、毎度ながらげんなりしてしまう。投票率が発表になるたびに。
 この地方の社会的な諸悪だったり、自分がこの地方に対して不満に思うことの全てが、ここに起因するように考えられてならない。
 「おもてなしの心」や「思いやりの心」の対極にあるもの。有権者のうちの半分ほどが「自分だけよければいい」、「誰かがやってくれる」という、社会人として破綻した、無関心・無責任の塊のような連中なのだ、というように考えざるを得ない。嘆かわしいことこの上ない。
 観光立国を目指す地域の住民意識とか何とかいう遙か以前のレベルからスタートしなくてはならないのか。

 あることを進めるときに「2:6:2」の割合で、「反対:どちらでもない:賛成」という構図ができることはよく言われる。だから真ん中の”6”にターゲットを絞って、説得にあたるというマネジメント手法が効率的なのだという。最初の”2”は始めから諦めて相手にしないほうが早い、ということだ。
 このことから、有権者の2割が行かないのは諦めよう。問題は真ん中の”6”の連中。何とかならんべか。

 TVの街頭インタビューなどで、「何故投票に行かないか」の問いによく聞く回答、
「自分一人くらい行ったって何も変わらないじゃないか」。
 お前バカか。といつもTVに向かって叫んでしまう。
 仮に有権者の全員がそういうスタンスを取ったらお前は何とするのか。この国は動きを止めてしまうのだ。社会が麻痺するのだ。お前はそんなちゃらちゃらした毎日を過ごすことさえ出来なくなるのだ。

 お前は、「真面目に投票に行ってくれている他の誰か」に依存しきった人生を送っている、ということに気づいているのか。自分の進むべき道を『他人のオールに任せている』。そんなヤツに、社会の中で発言する権利などない。

 投票行動をする、ということは当然、候補者がどんな意見を述べ、どんな公約を掲げているかをきちんと踏まえる必要がある。自分の思いを実現してくれる、一番近いところにいる候補者は誰なのか。
 そのためには、また、当然自分の意見を持っていなくてはならぬ。常日頃から社会のしくみやその裏にあるものに関心を持ち、歴史を知り、アンテナを高く張って最新情報を持とうという姿勢が必要になる。
 逆に言えば、投票に行かないということは、そういう日常のスタンスを心がけなくてもいい、という世界で暮らしていることになる。

 自分で自分の『オール』をしっかりと握り、漕ぐことをしないで、自分の人生を生きていると言えるのか。『オール』を持つ権利を、せっかく与えられているのだ。それをみすみす手放すことほど、愚かしいことはない。
 たとえ白票を投じる結果となっても、それは立派に自分の『オール』で漕いでいることになるのだ。

 ”6”の中にいる「大人のみんな」が、早くそのことに気づいて欲しいと、切に思うのである。 
 
          * * *

 RUN仲間のNAOJIさんのブログで先週紹介されていた「大人のロック!」という雑誌。日曜日、近所のダイエー・ハイパーマートの書店に行っても、昭和タウンプラザに開店したばかりの大型書店で探しても置いていなかった。欲しい気持ちは抑えきれない。
070413otonanorock  ということで、結局、バックナンバー含め、ネットで買ってしまいました(^^;; 平日は全く時間がなかったので、今日これからやっとページを開くことができそう。ワクワクドキドキ、非常に楽しみなんであります・・・・(^^)。 

|

« 新生Frun | トップページ | シュールな自己嫌悪 »

コメント

私が子供の頃、両親は投票に行っていなかったんですよね~。何で行かないのと聞くと、この記事と同じような言葉が返って来たような記憶です。

ところが私が大人になってから、いつの間にか考えが変わったようで今はちゃんと投票に行っているようです。どこで変わったんだろうね...ところが私の妹は投票には多分一度も行ったことがありません。行け行かないで喧嘩になったこともありました。夫婦してそうなんですよ、ウチは子供がいないから自分達さえ良ければいいかもしれないけど3人の子供の親なのに、価値観の違いなのか、ああ嘆かわしい。

ところで大人のロック、私は昨日紀伊国屋で買いました。函館の方は置いている書店があまり無いんですね。まだサラっとしか見ていないけど貴重な写真が多くて、それだけでも面白いです。私もバックナンバー注文しちゃいました♪

投稿: NAOJI | 2007.04.15 10:02

NAOJIさん、うわ 喧嘩まで!妹さん夫婦は始めの2割のところに居るひとたちなのかも知れませんね。

大人のロック!、いいですねぇ~。最高。懐かしい写真に遠き日々を重ねて悦に入ってます。
広告にあったローランドのドラムセットに心を動かされたりも・・・。

投稿: NAOMI | 2007.04.15 23:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大人の・・・!:

« 新生Frun | トップページ | シュールな自己嫌悪 »