« バル街Ⅶへ(その1) | トップページ | 3連続 »

2007.04.25

バル街Ⅶへ(その2)

4月24日(火曜日)その2
 さて、昨日の「バル街Ⅶへ(その1)」の続きです。
 (25日は朝から札幌出張のため、本当は後日、遡って書いてます)

④八幡坂・基坂コース13 「カリフォルニア・ベイビー」
P4242445P4242448   ラ・コンチャは前回とても良かったので今回も行きたい連中が多かったのだが、いつも混んでいて長蛇の列で並んでいる始末。カリベビの前も 前回良かった(バイトのお姉さんが)「南部坂」に狙いを定めて行ったのだが、ここも混み混みで×だった。
 そこで前々回、前回と連続して踏破してきている「カリベビ」に。少しだけ待ったが中央の大テーブルが空き、全員が落ち着いた。ボリュームあるピンチョー、巨大なスペアリブ?が絶品。みんな大満足。飲み物はここでもジンのロック。もう、いい加減にいつもの自分P42424461P42424511 のペースに戻せばいいものを、何を血迷っていたのか・・・。
 と思えば、この4月に配属され、すぐ東京の研修に出て今日戻ってきたばかりの新人君が眠り出す。疲れが出たのだろう。肉を食べたかったろうに、他の仲間の口に収まってしまったようだ。可哀想に・・・。
 通りでは、大道芸人(?)がパフォーマンスで観衆の笑いを誘う。我等の仲間も飛び入りで自転車に乗るも、酔いすぎで運転はできず(笑)。

⑤銀座通り・十字街コース37 「Bar Time」
P4242459P4242455   仕事でよくお世話になる函館のコミュニティFM「FMいるか」。ここの看板娘達?が今宵、バルへ繰り出しているという情報をキャッチ。というか、直接本人に電話していたのかな。カリベビのあたりから しきりと接触を試み、五島軒の下あたりで合流に成功。あずささん、かおりん、まるじゅんさんというビッグな「いるか三人娘」。
P42424541  こちらは1名退散して8名。プラス3名で全11名。とりあえずみんなで入れそうな「五島軒」になだれ込むが、しばらく待つも、「ピンチョーがなくなってしまいました」の案内に落胆し、店を出る。4月1日から稼働始め、今回のバルから案内所となっている「地域交流街づくりセンター」に一度立ち寄り、親分のチケット補給とみんなはトイレタイム。自分はこんな日でも忙しくカウンターで案内役として働いていらっしゃる、センター長の丸藤さんへご挨拶。
 そして、「Bar Time」へ。出遅れ組を除き、この時点で6軒目に突入。
 親分が補充したチケットの威力がここから発揮される。

 ここでも店の前で待ち行列が少し。だいぶ待ちそうか、他に大勢で入れる良い店はないかなど、並んでいるお姉さんたちに聞いたり、店内の様子を見たりしているうちに混んでいる店内も何とか少しずつ入れる雰囲気に。
 芋焼酎ロックと、ピンチョーは「揚げライスボール」。いるか3人娘と楽しく歓談。なかなかお店の感じは良かったような。酔っ払いすぎてあまり記憶が定かでなくなってきていることだけは確か。

⑥ベイエリアコース4 「和風レストラン古稀庵」
P4242457  泥酔に近く、店の外観写真撮るのまで忘れる始末で、店名すら曖昧だが、確かこのお店だったかと(^^;;
 我々出遅れ組はここで第6軒目。ほかのみんなは7軒目。飲み物も写真を見ると焼酎水割りっぽいが、記憶なし。
 いるか三人娘と同じテーブルで何やら歓談したはず・・とはいえ、これも記憶が曖昧。重要な仕事上の約束など していなければいいのだが・・・。
 店内は和風で落ち着ける雰囲気だったことはかすかに覚えている。

 今回はここでタイムオーバー。それでも、ちゃんと「バル街お帰りバス」を利用し、本町までワンコイン(100円)で移動。その後、タクシーで帰宅しました。
 明日は朝から札幌出張というのに・・・自分としては相当飲み過ぎている状態。今回はこの点、反省。多少遅れを取ろうが、じっくりとマイペースで行くべきでした。

          * * *

 4月25日は会議で札幌出張、実はこの日も全道の支社の仲間が集まって懇親会という名の飲み会。昨晩の無謀な飲み方がたたり、朝から胃に刺すような痛みが。もうへろへろで、全然飲む気も起こらず、皆さんには悪いとは思いながらも早々にホテルへ戻ったことでありました。

          * * *

去年の4月25日 夜のドライブ

|

« バル街Ⅶへ(その1) | トップページ | 3連続 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バル街Ⅶへ(その2):

« バル街Ⅶへ(その1) | トップページ | 3連続 »